Skip to main content

不登校対応の支援と相談

学校に行かない子供に、親は、どう対応すべきか?

不登校対応の支援と相談
元不登校児の事業家
不登校対応チェックリスト
不登校対応 1~6
不登校~期間別対処法~
木村優一関連サイト
サイト マップ
運営団体
お問い合わせ
個人情報保護方針
親御さんの喜びの声
親御さんの喜びの声 Ⅱ
親御さんの喜びの声 Ⅲ
親御さんの喜びの声 Ⅳ
ひふみ~よ (有料)
もあもあよくなる (有料)
バックナンバー (有料)
不登校対応レポート(有料)
不登校初期対応支援(有料)
オリジナルメルマガ(無料)
  
 
親御さんからいただいた喜びの声(一部)
 
 
 
※トップページで紹介している「親御さんからいただいた喜びの声」の数が多くなりすぎて
 トップページが長くなってしまいましたので、今後はこちらのページにも掲載させていただきます。
 
 
 
「次男が高校に入学してから、一ヶ月半が過ぎました。
 毎日休まずに登校しています。
 
 
 
 
「娘は、5月より2週間、休まずに学校に行っています。
 
 
 
 
「息子は現在は通信制の高校へ転入し、
 4月から週に5日、ほとんど休まずに登校しています。(一度休んだそうです)
 朝、息子を起こさないのですが、自分で起きて出掛けます。」
 
 
 
 
今日も朝から登校しました。
 おはよう、ありがとう、行ってきます、あっ、ごめんねー、など、
 挨拶もしてくれ、会話も続くようになってきました
 元の私に戻らないように、木村様や他の親御様の言葉を思い出し、
 一つ一つ、冷静に考えてから言動を起こしています^ ^
 自己中で、クレーマーで、被害者意識が強かった私が
 少しずついなくなってきています^ ^」
 
 
 
 
入学式より一日も休まず、通学しております。
 入学式で名前を呼ばれ、
 大きな声で「はい」と返事をした時には涙があふれました。
 次の日から朝起きてくるか心配でしたが、
 毎日目覚ましよりも早く起き元気に登校しています。
 約2年不登校だったのが嘘のようです。(中略)
「学校が楽しい」という我が子の言葉を聞いた時には、
 嬉しさのあまり涙腺が決壊しそうになりました。(中略)
 先日の実力テストの結果が目標を上回ったことで、
 益々勉強への意欲が高まり、順調すぎて怖いくらいです。
 お礼を伝えても伝えきれないほど感謝の気持ちでいっぱいです。
 木村先生から学ばせて頂いた事を今後も数々心がけて、
 バランスを考え過ごしてまいります。」
 
 
 
 
「本日、息子が15日ぶりに朝より登校しました。
 
 
 
 
「部活の来月の大イベントに出たいみたいで先週から部活登校?始めました。
 
 
 
 
「約5カ月引きこもり、不登校でしたが、3日前より朝から登校しています。
 
 
 
 
「ゴールデンウィーク明けから、保健室に登校するように、なりました。
 私が毎朝、送って行き、2時間位自習して、帰宅する事を続けています。(中略)
 今週の月曜日、社会の授業だけ、受けに行きました。すごい進歩です。(中略)
 本当に先生に出会えて、感謝しています。
 間違いなく、娘との関係は、良くなっています。」
 
 
 
 
息子は、夕方登校しました。
 修学旅行のお土産を頂いてきたことを早速報告してくれました。」
 
 
 
 
「私は多分昼から行くだろううなと思っていましたが、
 朝、主人と買い物に行ってる間に出かけて行ったみたいです。
 今日はえらく早い登校でした。
 
 
 
 
「朝の6時すぎ、息子の部屋のカーテンを開けに入ったら、
 息子が目を覚まして起きていました。「おはよう」と私。
 息子も『おはよう』と返してくれました。
「あれっ。眠れなかったの?」と私。
 そう思ったのは、連休中、睡眠リズムがずれていましたので…。
『眠れなくて4時に寝た。2時間寝たかな…。』と息子。
 6時から9時までの間、細かく目覚ましをセットしているとか。
 二度寝した時の予防のためだそうです。「えらいね!」とほめました。
 自分で起きようと努力している姿に嬉しく思いました。(^-^)
 自分で選んで買ったオレンジ色のリュックサックを背負い、
 バス停まで自転車で、そして、バスに乗り学校に行きます。
『今日と明日、二日行けばまた休みだ!』とニコニコして行きました。
 今日、私は仕事が休みだったので、  息子を『いってらっしゃい』と
 見送ることができ、幸せです。
 手を振って、元気に自転車をこいでいきました。
 不登校前より自然な笑顔のような気がする。子供の頃の懐かしい笑顔。
 この瞬間の幸せを大切に感じたいと思いました。」
 
 
 
 
 
「息子の入学式がありました。
 にこやかな息子、堂々と返事をする息子が頼もしかったです。
 その夜、『オレも高校生だ~!』とバンザイしていました。(中略)
 入学してから今日まで、遅れて行くこともありますが、休まず登校しています。
 
 
 
 
「娘は、新6年生の4月より登校しています。
 担任の先生ともうまく連携ができ、
 週に2日もしくは3日のペースで登校が続いています。
 登校してもしなくても一喜一憂しないという
 木村様のアドバイスに基づいて対応しています。
 娘も落ち着いて自分の体調などを考えながら登校しているようです。」
 
 
 
 
娘は昨日、いつものごとく”やばい”と思った様で学校に行きました(^^)
 担任からの電話で泣いていても、動く事はわかっていたので、
 そっと見守っていました。(中略)新しい音声配信届きました。
 有難うございます。いつもながらお母さん方の素晴らしい報告の数々に、
 勉強になる事ばかりです。」
 
 
 
 
頑張って登校していました。
 朝起きれず、バスに乗り遅れて遅刻したりしていますが、行き始めました。
 早く単位を取って、今年度で取り切れなかった単位は、
 来年度に高卒認定でさっさと拾って、現役合格を目指すと、言っています。」
 
 
 
 
「今日から新学期です。
 昨日、間違えて登校したのが予行演習(笑)になったのか、
 息子は私と一緒に朝から登校しました。
 
 
 
 
「長男、次男は今の学校の2年目を迎え、
 1年目よりは自信を持って、過ごせるといいな…と思います。
 私にはもあもあ…の教えがいっぱい!!
 読み返しながら、振り返りを大事にしながら過ごしていきます。
 長男も次男も、春の大会が近づき、気合いが入っています。
 (次男は今日、気合いを入れたのか、また坊主にしてきました) 
 気合いを入れられることがあるってすごいですよね。
 2人を応援しながら、私自信も楽しみをたくさん作って一年を
 終えられるように、明日スタートさせます。」
 
 
 
 
今日、娘が10ヶ月ぶりに登校しました。
 朝五時半に娘に起こされました。
 娘は、ここ数日の昼夜逆転を直すために、昨日はほとんど寝なかったのに、
 昨夜も、3時間くらいしか、眠れなかったとか。
 朝は興奮気味で、弁当を作る私の横で、インターネットで仕入れた、
 豆知識を次から次へと披露してくれます。
 インターネットで色々な人の知識や発想を知ることができたのだそうです。
 7時前には制服に着替え、(ちょっと制服が小さくなったみたいです(^^;;)
 朝食も少ししか食べず、7時半に来るという友人を待っていました。
 7時半。「本当にくるかなぁ」「今日の自己紹介やだなぁ」
 「行きたくないなぁ」。。。ネガティブ発言が出てきました。7時40分。
 ピンポーン。「あ!」娘の顔がパッと明るくなりました。
 いつか夢でみた光景です。
 「いってきま~す」「いってらっしゃ~い」私はいつもどおり、送り出しました。」
 
 
 
 
「今週は次男の高校の入学式がありました。
 たくさんの人が支え見守ってくださって、
 高校生活のスタートをきることができました。来週からは部活に入ると言います。
 毎日運動できるのを楽しみにしている様子です。」
 
 
 
 
「息子ですが、春休み中に部活をしに学校へ行ったようです。
 先生から連絡をもらって初めて知りました。
 部活にひととおり参加して、担任の先生とも話してきたようです。」
 
 
 
 
昨日から予備校の授業を再開しました。
 「めんどくさいけど、現役合格したいから、始めるんだ。」と言っていました。」
 
 
 
 
お陰様で、息子は、離任式だけ行きました。
 担任の先生には、「二年生からは遅れても学校に行くようにします。」
 と言って来たそうです。」
 
 
 
「娘は自分で行く日、時間を決めて学校に行ってます。まぁぼちぼちです(^^)」
 
 
 
「新学期、信頼している先生が継続して担任をして下さることになり、
 小5の娘もほっとしていました。
 高学年になり、委員会やクラス代表にも立候補し、
 朝から行きにくかったのに当番の日はがんばって活動しています。
 出られる授業も増え、みんなと一緒に下校するのも普通になってきました。
 
 
 
 
私が帰宅すると、娘は、「学校に行きたい」と言いました。
 「いつから行こうか?」「でも、部活は行きたくない。それはありなの?」
 「体育は無理」「学校行きたいけど、行きたくない」「誰かと一緒に行きたい」
 「勉強しなきゃ」「皆、私のこと、もう、どうでもよく思ってるかも」
 「明日、KちゃんとRちゃん、うちに寄って行ってくれないかな?」
 私は、先生に連絡をとり、娘が不安に思う点を確認し、
 友人のお母さんにもメールしました。そして、娘が先生と話したいと言うので、
 明日、新しい担任の先生と相談する段取りにしました。」
 
 
 
 
「今日から新学期です。娘は相変わらず朝が苦手で、
 目覚ましをかけていても、消してしまってます。
 私が出かける時にあわてて起きるしまつ(^^)学校には行ったようです。
 
 
 
 
 
「テスト一週間前、部活が休みに入った日から、
 塾の自習室に毎日通い、閉室時間まで勉強して帰ってきています。
 私も頑張って夜の弁当を塾に届けています。」
 
 
 
 
「次男はあれから なんだったの?とおもうような雰囲気で
 なんのことなく通学しています^ - ^
 あとは卒業式まで◯◯日といいながら。」
 
 
 
 
すごいー!木村さんのお話する順番で進めてきたら、
 勉強のことも自分で動き始めた…。少し前なら信じらない出来事です。
 勉強方法もその他のことも少しサポートしやすくなってきました(^ ^)」
 
 
 
 
秋から本格的に中学受験の勉強に力を入れ、
 塾の冬期講習も一日も休まず、志望校に無事合格することができました。
 
 
 
 
「次男が1月からちょっとずつ動き出し、その様子を見て動いたり
 (未熟な私は、振り回されてという言い方の方が正しいように思います^^;)
 悩んだりしていて…。あっという間の1ヶ月でした。
 学校には休みながらも通っています。(中略)
 1月の半ばに最終的な志望校を決めました。
 願書を出す前は「どうせ受からない!」などとネガティブな発言ばかり。
 でも、悩んだ末に受験する高校を決めました。
 それから、家庭教師の先生に勉強を教えてもらうことになりました。
 いろんなこと自分で決めてどうにかこなそうとしています。
 その後2月の始めに、私立高校の入試があり、
 昨日無事に合格通知をもらうことができました。
 しかし次男には不登校になる前から行きたいと思っていた本命の高校があり、
 さらにそちらを受験すると言います。かなり高めのハードルですが、
 本人の気持ちのままに受験させてみようと思っています。」
 
 
 
 
昨日休暇を取っていた主人が、笑顔で登校する娘を見てとても驚いていました。
 最近は10時位に笑顔で登校が毎日になりました。
 もちろんまだ波もあり、体力がついていかずもどかしいこともたくさんありますが、
 『行きたいけど体が動かないんだよ』と言いながら、
 自分ですることを考えて、保健室や出られる授業に行きます。
 行かないという選択肢はないようです。
 疲れ気味の私に『(保健室でなくても)車で休んでても大丈夫』とも言いました。
 少しずつ離れていけるように、本人なりに私を気遣い、自分もがんばろうとしている気がします。」
 
 
 
お陰様で、1月は無欠席で登校できました。
 先生のメールを読んで、対応に気をつけています。」
 
 
 
 
「普段は部活中心の生活ですが、テスト前で部活が休みになった日から、
 学校帰りに塾に寄り、閉室時間まで自習室で勉強しています。
 土日もしっかり塾へ行きました。家ではできないことがわかっているようです。
 でも、今日は家でも8時半から…と決めて、
 私が座っているソファーの後ろで、机に向かいました。あっぱれです!!
 受験に向かう時もそうでした。
 一つずつ乗り越えてきた息子は、自分で動き出せる力があります。頼もしいです。」
 
 
 
学校に行けば昼で帰ると言いながら、最後までいます。
 今日は昼に待ち合わせしていたのにドタキャンされました(^^)
 『お母さん学校に最後まで残る、終わるまで待ってて』
 とメールがきて2時間も待たされました。娘なりに頑張ってるんです。
 頑張る娘も頑張れない娘も大好きです。同じ娘ですもん。」
 
 
 
「中3の次男は、12月に入ったくらいから毎日放課後、
 学校にその日の連絡物を取りに行っています。(中略)
 昨日朝、5時半頃様子を見に行くと起きていて、突然言いました。
 『今日は行けそうだから、徹夜だけど学校行くわ』
 びっくりでした。朝食や用意も普通に済ませ、
 緊張する~!を繰り返して学校に行きました。
 帰りの車では、『学校嫌やったけど、楽しかった』と言っていました。
 久しぶりですごく疲れた様子。エネルギー使い果たしたようでした。
 行こうと思って行動できたことをたくさんほめました。」
 
 
 
「ありがとうございます。
 鬼の言葉をやめるだけで、10日間不登校の娘は今日登校に行きました。
 心はまた重いけど、大事の一歩をしました。嬉です。」
 
 
 
「不安に関してのもあもあを読んで泣けました。
 なるほど!!普通に学校に行っている子の未来なんて考えたこともなかったです。
 がんばっている娘の様子を見て嬉しいのですが、不安に日々押し潰され、
 正直素直に喜べないこともしばしばです。
 自分自身が体調を崩し、消えてしまいたいと思う原因は
 『不安が頭から離れないこと』です。
 今までのメールの内容が頭を飛び交いました。
 また読み返して、自分のマインドを振り返ります。毎日ありがとうございます。
 娘は今日楽しそうに図工に自分から『行ってくる~』と行きましたし、
 理科も理科室に入り、しばらく座っていました。日々の成長に感謝です。」
 
 
 
昨日三男が、登校しました。
 朝、『俺どうやって行くの?』と聞きましたので、
 バスはまだ乗りたくないのだと思い、『送って行くよ。』と言いました。
 車の中で、『送ってもらってすみません。』と、三男が言いました。
 ちゃんとわかってるんだと、思いました。」
 
 
 
今から息子を修学旅行の集合場所まで送って来ます。
 ひとりでちゃんと起きて支度をしています。すごい事です。
 彼がこの選択を出すまで待っている事が出来た自分にも成長を感じます。
 私も彼も進化しています。」
 
 
 
「息子は、夜中の1時過ぎに起きてきて、『腹へった』と言うので、
 夕食のおかずを温めて食べさせました。一緒に側にいて付き合いました。
 『この時間はもうテレビショッピングしかないよな』なんて
 乳酸菌ダイエットの宣伝を解説しながらテレビを見ている息子。
 私は、何気ない会話をしながらただ一緒に、寄り添う気持ちのまま側にいました。
 部屋に戻った息子は、朝まで起きていて、遅れず学校に行きました。
 日直の仕事もきちんとしたようでした。
 
 
 
娘は最後の補習の朝、自分で起きてきました。
 私はいつものように朝ご飯を出して、先に出勤しました。
 その時、行く様子は全くなかったのですが、遅刻せず学校に行きました。
 (中略)帰宅してしばらくしたら、
 『今日学校行ったよ。殆どレポート出してきた』と言ったので。
 『えっ?学校行ったの?』知っていましたがあえてそう言いました。
 『うん、頑張ったよ』娘は自分から褒めてと催促。
 『そっか。がんばったね。』と褒めました。」
 
 
 
「昨日。息子が
 『◯◯(先日のお友達)呼んでいい?今日、泊まってもらってもいい?』
 と、聞いてきました。(中略)
 息子が自分からお友達を呼ぼうとしたのは、不登校になってからは初めてです。
 
 
 
英会話教室に通い始めました。(中略)
 先月からは、以前通っていた塾へ復帰しました。
 今は週1回ですが、来月から2回に増やしたいそうです。」
 
 
 
 
「勇気を出して、登校し、帰りはスポーツジムへ行き、迎えを頼まれました。」
 
 
 
新学期は、休まず登校しています。単位取得試験対策の授業に出ないと、受験できないと言われた為もありますが、以前よりも学校が楽しくなったように見えます。」
 
 
 
 
「孫は無事通学出来るようになりました。
 
 
 
 
午前中の登校、今日で3日目です。テスト3教科受けました。よく、頑張っています。」
 
 
 
 
新学期から元気に登校し始めました。学校が楽しかったと、転校以来初めて聴いたように思います^ ^  少しずつ自信を取り戻しているように見えます^ ^」
 
 
 
 
「土曜日は、長女の高校最後の学園祭に行ってきました。ダンス部の発表で、最前列で笑顔いっぱいで踊る姿に半年前の引きこもりの姿が夢だったように思えました。5時頃帰宅した彼女は「疲れた~!シャワーしてすぐ寝る」と言って、そのまま爆睡、結局朝まで寝てました。翌朝は体育祭の準備があるからと、大雨のなか、登校しました。
 
 
 
 
通信制サポート校への再登校は、約束の日に、無事登校できました。
 
 
 
 
昨日、息子はスクーリングに行き、昨年取りこぼした単位と、前期の単位を取ることができました。(中略)センター試験の願書も期限の数日前に出すことができました!取り寄せたのも本人なので、期限とか手続きについては自分でわかっているはずと余計なことは一言も言わず見守っていたら、期限の数日前に慌てて記入を始めました。入金は銀行や郵便局の窓口でないといけないことがわかり、翌日の朝、自分で郵便局に行き、入金し、簡易書留の速達で送ることができました。」
 
 
 
 
「息子は積極的ではなかったのですが、サポート校の学校説明会に行きました。(夫も一緒でした。)説明会の当日にキャンセルするということを繰り返していたし、父親との関係もギクシャクしていた時なのに、よく決心したなぁと思っています。」
 
 
 
 
「昨日、長男は5時間目登校の予定でした。体育祭が近く、その日は生徒達があちこちで団練習をしているけど大丈夫かと先生に聞かれ 大丈夫です。 と、言っていました。でも、その日は私が仕事で休みが取れなくて、送迎を義母にお願いする予定でした。日中の登校を始めてから義母に頼むのが初めての日。しかも生徒達がたくさんいるところを通って校舎に入るのはハードルが高いな…。大丈夫だろうかと心配しながら仕事をしていました。手があくたびに義母にメール。駐車場にたくさん生徒達がいて、車で校舎の近くに行くのが大変だった様子。長男は ここで降りるから。 と、言って小走りで校舎の方へ行ったそうです。義母は 夜に登校してた時は車の中にいても、下校してる子とすれ違うたびに下を向いていたのに。ちゃんと顔をあげて行ったよ。がんばった! と、教えてくれました。担任の先生は駐車場で待っていてくれると言ってくださり。でもどうやら長男が早く着いてしまい、1人で校舎に入ったようです^ - ^」
 
 
 
 
私が仕事から帰ると2人とも中学校の運動着。なかなか無い光景でした(笑) 次男は学校へ行けた嬉しさなのか、とても楽しかったのか、とてもご機嫌。(中略)毎日一教科ずつテストを受けている長男。あと一教科、理科で終了です。」
 
 
 
 
主人が…学校に送っていくなんて。もうないと思ってた…。と、ポツリ。そうだね…。1年前の今頃1年後に学校へ行っているなんて想像もできなかったねと、話しました。」
 
 
 
 
夏休みに入ってから急に学校に行きたいと言って登校日と始業式に行きました。(中略)私自身が夫婦関係や同居する母との関係を見つめ直し、更に自身について考え直しました。すると、自ずと道が開けてきたように思います。先生の言われたように、答えは簡単なことなのかも。現在息子は1日の大半を笑顔で過ごせています。」
 
 
 
 
感情が不安定になった時、以前とは違い、回復が早いと感じました。ただ落ち込むだけの私ではなくなっているようです。木村先生のお陰ですね。いつも沢山のヒントをありがとうございます。(^-^)。」
 
 
 
 
「小5の娘は大きく成長できた夏休みでした。これからもがんばります。」
 
 
 
 
「高校二年生の息子は、夏休み中に転校をし、9月から気持ちを改めサポート校に通い始めました。本人が複数校回り、最も全日制に近い学校を選びました。高校は制服もあり、体験学習も沢山あり、大変希望に満ちていました。部活も始めました。
 
 
 
 
相談がある………この言葉1年前には息子の口から聴けるとは思っていませんでした。木村さんのおかげです!
 
 
 
 
「新学期が始まり、約2週間が経ちました。長男は初日三日と、あとは週に1日~2日ほど登校しました。(中略)9月の初めに、行きたい公立工業高校の一日体験授業があり、その日は朝早く起きて参加できました。とても楽しかった、おれはみんなが行くような普通高校から大学へ行くんじゃなくて、PCを高校で勉強してから映像関係の編集に関わる勉強をしに大学へ行きたい。とのこと。受験のための勉強でなく、将来やりたいことに向かっていきたいと言えるようになったこと、そのためにどうしたらいいかを自分なりに考えられるようになったこと、中学校で嫌いな体育や合唱練習に我慢して参加できるようになったこと、少しずつ前に進んでいけていると思います。」
 
 
 
 
カウンセラーの先生から次男に電話があり、登校したようです。
 
 
 
 
「じぶんの心がこれでいいのかなと、不安になったら、音声を聴いたり、レポート、もあもあよくなる を読むと、心が、落ち着いてきます ありがとうございます」
 
 
 
 
「少し前の話ですが、夏休み明けてすぐに学校のイベントがあり、宿題を提出に行きました。とても久し振りにあった生徒さん達に、手を振り、とても暖かく迎えてもらいました。専門教科の販売イベントで、お花を売っていた生徒さんに誘ってもらい「5分だけ」といいながら混ぜてもらい、初めはひきつり笑顔で、モジモジしながらでしたが、段々と声も出し笑顔が普通にみられるようになり、先生と一緒に楽しそうにお花を売っていました。」
 
 
 
 
「私は自分の理想を押しつける親ではなくて、理解ある親だと思っていました。息子からみたら、全く逆の親ですね~ とっても恥ずかしくなって来ました。木村様に出会えていなければ、気付きませんでした。ありがとうございます。今週のもあもあよくなるは、私の状況そのもので、とっても参考になりました。
 
 
 
 
今の我が家、去年よりもずっと平和なんです。家族全員が穏やかになってきているんです。(中略)去年、私たちの親子関係は崩れていました。娘はいつもイライラしていて、心を鎧で覆っていました。「死ね」「うざい」「消えろ」なんて言葉も、毎日のように言っていました。自分の希望通りにならないと物を投げてきて、私に喧嘩を吹っかけては、リビングで戦いになりました。娘は空手で攻撃してくるので、私は合気道で受けるみたいな感じで。(そんな母娘、ほかにはいないでしょうね^^;)娘は自分の処理しきれない気持ちを、ナイフのような言葉や態度で、私にぶつけてきましたが、大事な娘の本当の気持ちが表れるまで、向き合うことができました。だから、戦いの最後には、ある程度娘の心が…それができたのも木村さんの言葉があったからです。あきらめないこと、そして、親のマインドを調整して、心をニュートラルにすることで、子供の気持ちをすくいとることができたのだろうと思っています。暴れなくても本当の気持ちが伝わることを、言葉ではなく伝えることができたのだと思っています。今は、鎧を着ていない、無防備なむき出しな感じの娘です。波がありますから、ときどきは娘もイライラすることもあります。でも、ちょっと部屋に帰って、リビングに再び現れる頃には、自分で気持ちを整理できているんです。」
 
 
 
 
私はこれまで音声配信で紹介される親御さんからのメールにたくさん助けられてきましたので…。もあもあよくなる、ひふみ~よの親御さん、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。そして、このような場を作ってくださっている木村さん、ありがとうございます。」
 
 
 
 
「先日、長男の塾の面談に行ってきました。一年半前に行った時の様に、行く事を悩む様子もなく。本当に変わりました…。
 
 
 
 
毎日毎日、子供達の成長に驚いて、ご報告が追いつかない感じです。私が気付いていなかっただけで、以前からこのスピードで子供達は進んでいたのかもしれませんが、驚きと感動の連続です^ ^いつも本当にありがとうございます。」
 
 
 
 
今日、息子が登校しました(中略)自分で決めた時間に合わせて準備をしました。担任の先生が校門の車まで来て下さって、息子と話をして、ここまでよく来たねとほめてくれました。私も涙がでるくらい嬉しく、自宅に戻ってから息子を褒めました。」
 
 
 
 
「4人になると、いつ殴り合いが始まるかとビクビクしていたあの頃…
 離れて暮らす方がトラブルも少ないと考えての二重生活を思うと、
 4人揃った時の方が笑顔がいっぱいなんて、想像もつきませんでした。
 こんな幸せでいいのでしょうか!? 
 これが当たり前とおごることなく、幸せに感謝しながら、来年も過ごしていきたいです。
 そのためにも毎日のもあもあよくなるの送信が必要です。(中略)
 私を支えていただきありがとうございます。
 感謝の気持ちが伝わっていたら嬉しいです。」
 
 
 
「『もあもあよくなる』の『感情を抑圧しない方がいい』の内容に、
 とても納得しました。
 今までのモヤモヤしたものが、パアッと晴れたような感じがしました。(中略
 木村様に何度もご指導頂いていますのに、
 漠然としか捉える事が出来ていませんでした。
 すぐ実践できるかはわかりませんが、
 自分の中では、光が差したような気分です^ ^」
 
 
 
息子が主人のことを肯定的に見ていて、
 父さんはすごい、と思っていることが嬉しかったのです。
 以前は、主人を避けるようなところもありましたから…嬉しい成長です。
 本当に木村さんのいう通り、親の思考は子供に伝わるんだという、実感です。
 私の主人に対する想いが、以前とはだいぶ変わり、
 まさに息子が言う、すごいところ。いいところ。優しいところ。
 私をめちゃめちゃ愛してくれてるところ(笑)、感じています。
 ので。マインドの変化の重要性。こういうことなんですね…と、
 気づいた昨夜の出来事でした。」
 
 
 
「毎日のメルマガ、ありがとうございます。
 私達親は、毎日子供に向き合うことは、当然ですが、
 そんな私達に毎日向き合ってくださる木村さんに、本当に感謝でいっぱいです。
 毎日って、本当にすごいことですものね。」
 
 
 
「昨日夕食の用意をしていたら、次男が側で大きなため息をついて言いました。
 次男『あぁー入試や…俺の入試終わったわー』
 私『終わったって思ってるんや』
 次男『…………』
 私『…………』
 その後20分くらいして 
 次男『俺、年が明けたら勉強はじめようかなぁ。遅いかな?』
 私『そんなことないと思う。すてきやわぁ』
 次男は穏やかな顔をしていました。今日はいつもと違うパターンで聞けた気がしました。」
 
 
 
息子が自分の感情や気持ち(怒り、嫌悪、苛立ち、失望、感謝、喜び、幸福感)
 を的確に表現する様子にほっとしています。声を出して伝えてくれています。
 しかも、私の思慮の足りなさをしっかりと反省させてくれる的確な言葉を、
 声にしてくれるのです。自分の努力は語りません。将来の夢や希望は語りません。
 けれど、笑顔を隠しません。朗らかさが溢れています。
 
 
 
「もあもあを読み返しています。そして内容をマインドマップにまとめてます。
 ノートでは収まらなかったので(ノートだと娘に見られそうだし)、アプリにしました。
 自分に足りないこと、注意が必要なこと、自分にありがちな間違った対応が
 よくわかりました(^^;;その時は受け取れなかった言葉でも、
 今ならわかることがいくつもありました。
 それに、どこかに必ず指針となるヒントがあるって、なんてすごいことでしょう!
 (脱出ゲームでもヒントがあるのと、無いのでは、抜け出せる時間が全然違うんですよ!)
 しかも、それは、不登校対応だけでなく、人間として成長するためのヒントが、
 あらゆる視点で書かれてあるんですよね。それができているかどうかを、
 指摘してもらえることも恵まれていると思っています。
 他の親御さんもおっしゃってましたが、毎日本当にありがとうございます。
 これからも、ありがたく参考にさせていただきますm(_ _)m」
 
 
 
「木村さんのメルマガはいつも、
 感動、感激で素晴らしいのですが、ここのところ、素晴らしさ倍増です(^^)
 不登校の子供の有無に関係なく、親として、
 人としての在り方を教えてくださるメルマガ…本当にありがとうございますm(_ _)m
 不登校から脱出したとしても、その後も人として生きていく訳ですものね。
 しっかり身につけていきます。」
 
 
 
「今日は、雪が10センチほど積もりました。
 いつもは外に出ない娘が、半袖で、しかもはだしで庭に出て、
 雪の降る中、無邪気に走り回っていました^_^
 しかも、休憩をはさんで何回も(^^;;
 そして、ああー、学校の校庭を、はだしで走りたーい!と、叫んでました(家の中で)。」
 
 
 
「最近の娘の言葉です。
 『最近ラッキーな気がする』
 『ありがとうって言われると、うれしいよねぇ~^_^。』
 『ご飯美味しい、二杯食べれる!』(中略)
 気分はその時々で波があるけれど、イライラが長時間続くことは、最近はあまりありません。
 
 
 
「昨日、息子が
 『新しいパソコンのキーボード、買いに行こうかな…でも、電車じゃ面倒だしな…』と。
 そうしたら、忘年会つづきで、寝不足の主人でしたが
 『車、出してやるぞ(^^)』と。
 息子は『じゃあ、行く、行く。』
 ボイトレ以外は外出しない息子が自分から行きたい、だなんて。(^^)
 
 
 
バイト嫌だ嫌だと言いながら5カ月です。良く頑張ってます。
 いつも褒めてますよ。」
 
 
 
「パソコンを通して、ずいぶん自信をつけ、
 前向きな言葉が聞けるようになりました
 
 
 
「先日、久しぶりに仕事の話しになり、(久しぶりに私がのった、のですが)
 2人でたくさん話しが出来ましたよ(^^)まぁ、聴く8:話す2   くらいに気をつけて(^^)
 そうしたら、主人、ずーっとしゃべってました(^^;;とても嬉しそうに楽しそうに。
 
 
 
「Twitterやメールを読むことで私が少しだけ変化できたのか、
 前とオーラ?が違うと子供に言われるようになりました。
 主人も、怒らずに(怒ってばかりでしたから)
 コミュニケーションとれるようになってきたのすごいね。とほめてくれたりします。
 
 
 
「昨日頂いた『もあもあよくなる』は、心に響いています
 ありのままの子供を受け入れる事ができていれば、悩んでいません。
 その通りだと思いました。(中略)
 『もあもあよくなる』、『ひふみ~よ』を繰り返し、考える必要があると思います。
 ありがとうございます。」
 
 
 
「今週のもあもあ『まずは最低限の事に気を付けましょう』
 う~ん良いですね。『ちゃんと出来てるの?』と私の胸にぐさぐさ刺さります(^^)
 間隔をあけてこうして刺してもらわないと、忘れてしまうので本当に有難いです。
 (中略)今日は娘から抱きついてきました。
 抱きついてくるなんて最近はなかったので、びっくりしました。
 嬉しかったし、本当に愛しくなりました。
 
 
 
息子には、何だか努力している日課があります。
 自分自身を、声を出して励ましています。」
 
 
 
「木村様 いつも励まして頂きましてありがとうございます。
 時々ふっと湧いてくる「自分の対応の自信のなさ」、
 「息子の言動に不安を感じた時」ですが、
 木村様のお言葉が、浮かび瞬時に気持ちの切り替えができます。
 
 
 
何も言わなくても、黙っていても、
 目・『まなざし』が語っている事に、やっと気がつきました。
 
 
 
「昨日の夜、息子から公立高校の話を持ちかけられました!
 びっくりです…。」
 
 
 
 
木村様の言葉には、いつも心を安定させる誠意を感じます。
 ありがとうございました。また、宜しくお願いいたします。」
 
 
 
息子が、入学早々、不安を訴えて、休むと言った事がありましたが、
 冷静に話を聴きましたら、休まず行きました。

 スクールバスには乗り遅れましたので、私が送る羽目になりましたが、
 それからは、小さな日常の愚痴を言う程度で、機嫌よく登校しています。
 
 
 
高校の部活に新入生でただ一人、参加しています。
 その頑張りが認められ、先輩に混ざって校内戦に
 出してもらえたら、なんと初めから選手だった4人の次の
 5番手(校内戦での首位)になっちゃいました」
 
 
 
「私は父親ですが、木村さんの話にハッとしました。
 
 
 
「以前にお電話でご指導頂いた事は、とても感謝しております。
 長い時間に渡ってご指導頂いて、木村様の乗り越えられた事を
 より身近に感じられましたし、息子の悲しみや苦しみと重ね合わせて
 感じる事ができましたので、とても有り難い経験でした。

 今は、メールのみでお願いしておりますが、
 とても印象に残っておりますので、毎日頂くメールを読んでいて、
 お話頂いた内容を思い出す事がよくあります」
 
 
 
「無事に終了しました。結果は、わかりませんが、
 きちんと2日間の試験に取り組みました。
 息子が出てくるのを車の中で待っておりました。
 試験終了時間になりましたら、涙が止まらなくなりました。
 (中略)自己採点ですが、1教科を除き合格のようです。
 あと一問で、合格だったようで、息子も悔しがりながらも得意顔でした」
 
 
 
最近の息子は、いろいろな事を宣言するようになりました。
 これまでは、そのときになるとどうするかわからなかったのが、
 何か事を起こす前に意思表示をするようになりました。」
 
 
 
息子が通信制高校に入学したいということで
 9月30日のタイムリミットに向けて準備中です。

 
 
 
「木村様にご指導頂きましたように、制限をする事なく、
 やりたいと思う事をさせてよかったと思います。決して無駄ではなく、
 前向きになったり、考え方を変えるヒントになったり、
 息子がたくさんの物を得ている事を実感しております。

 ありがとうございます。」
 
 
 
「バックナンバーの『不登校と時代の変化』についてですが、
 ご指導頂いた当初の頃から、『そんな時代が来るのだろうか。
 確かに未来は、予測不可能だし、インターネットだって
 思いもよらない存在だったのだから、あり得るのかもしれない。
 そうなら、息子の未来も無限の可能性を持っていると考えられる』と、
 何度も自分に言い聞かせて、不安を拭い去る為に、
 木村様のお話を思い返していた事を思い出します。
 最近、ニュースで、『ニート株式会社』が取り上げられていました。
 ニートや引きこもりの人達が集まって、アイデアを出し合って、
 仕事として成り立たせようと、会社を立ち上げた方が、
 取り上げられていました。木村様の言われていた事が、
 『本当になっているわ!』と、びっくりしました

 
 
 
良く分かります。そうか・・・・気をつけます。
 ありがとうございます。」
 
 
 
息子と話をしていて、こんな言葉を聞けました。
 『勉強って、反比例するよね。やればやるほど、
 不安になっちゃうんだから、楽になる事なんてないんだよね。』

 相づちを打ちながら、それがわかるようになったと、
 内心嬉しくなりました。」
 
 
 
順調に大学、高校に進学した二人…
 それぞれに頑張る姿がたくさんあって、
 毎日いいこと探しは、探さずとも転がっています。

 
 
 
うちの子どもは年末に短期のバイトに頑張って行きました。
 先生のおっしゃるとおり、少しずつ前進しています。」
 
 
 
「いつも本当にありがとうございます。
 どんな事があっても子ども信じて寄りそって行こうと思えるのは
 木村さんと出会えたからです。
(中略)
 これからもどうぞ宜しくお願い致します」
 
 
 
勉強は続いています。
 年末の大掃除で、自分から過去のいろいろなものを捨てたり
 片付けたりできました。暮れに帰省した兄との会話も
 勉強のことを聞いたりしたり、会話が弾んでいます。
 去年の今頃、とても暗くて辛かったことが嘘のようです。
 
 
 
「高2の息子は去年の秋頃から学校に行ってません。
 最初の頃こそ私もパニックで、いろいろ試行錯誤しましたが、
 木村先生の不登校対応レポートに出会い、考えを変えることが
 できました。
(中略)今日の息子はまさに挽回欲求が出ていて、
 大学の話やら勉強時間の話やら、いろいろと語ってくる一日でした^^;」
 
 
 
どうしたらいいのかわからず立ち往生していたことに、
 沢山答えをいただきました。
息子を愛して溢れ出てくるエネルギーを、
 間違った方向に向けないように気をつけて
 これから実行していこうとおもいます。本当にありがとうございました。」
 
 
 
いつもメールをありがとうございます。毎日勇気づけられています。
 
 
 
今日の「逃避の転校」のお話。
 なんて表現していいかわからないほどの衝撃です!
 ああーーー…すごい…そうだよ…視点を変える、
 考えを切り替える…こんなふうに思えるんだって。心が震えました。
 改めて、改めて!木村さんの素晴らしさを感じています!

 木村さんみたいに考えられる人になりたいって、思いました!
 あまりの感動に言葉がでてこなくて、うまく伝えられませんが、
 木村さんに出会えたことは、私の一生の宝物です。ありがとうございます。」
 
 
 
「今日は、朝から1日とても機嫌がよく、楽しく過ごせました。
 木村様にご指導頂いていなかったら、
 こんな私ではなかったと、思いましたら、涙が出ました。

 ありがとうございます。」
 
 
 
「木村さんはなぜ、ここまでして下さるのですか? 
 なぜ、ご自身の辛さ、痛み、私達に伝えて下さるのですか? 
 どうしてそこまで出来るのですか? 
 あまりの優しさに、木村さんって、「人間じゃなかったりして~」
 なんて、疑っています(笑) 木村さんの優しさに感謝をこめて

 
 
 
木村様にご指導頂いている事で、気持ちを安定させやすく、
 バランスを大切にしながら、楽しく毎日を過ごせています。

 本当にありがとうございます。」
 
 
 
「息子は、やっと私に、好物の梅干しのお菓子を買って来てと、
 言えるようになりました。部屋から、歌いながら出てきます。
 
 
 
木村様にご指導頂いている事で、早めの対応が出来ています。
 本当に感謝しております。」
 
 
 
毎日、たくさんの気付きがあり、わたしのビタミン剤です。」
 
 
 
「いつも励まされています。
 親が出来る対応を簡単に書いてくださっているので実行してます。
 子どもが落ち着いてきています。ありがとうございます。」
 
 
 
いつも木村さんには、私の足りない考えを気づかせてもらえます。
 心がふわって軽くなって、風通しがよくなる感じがします。

 ありがとうございます(^^)」
 
 
 
「木村さんは、私のたった1回のメールで、全て見抜いていたんですね。
 見抜いた上で、厳しく、そして愛情を持って
 私をサポートしてくれていることがメルマガを通して伝わりました。
 本当にありがとうございます。
 
 
 
 
息子との卓球 週1回ほどですが続いています。(^ ^)
 
 
 

「今日は「お掃除宜しく」とお願いしたら「しないよ。学校行くもん」と返事。
 (どうでもいいけどね。私は仕事だし。)と心の中で言って、
 先に家を出てしまいました。メールが入っていたので
 学校に行ったのが分かりました。が、以前の私な
 ら(学校に行った。嬉しい)と思っていたのですが、
 今は(ふ~ん。そうなんだ。行ったんだ。)って感じです。
 学校に行った時はすこぶる本人は機嫌が良いです。私が帰宅すると、
 お風呂に入って歌を歌ってました(^^)
 やる事をやってすっきりしたという感じですね。」

 
 
 
「息子の毎朝遅れながら登校は、同じですが、
 起きるように声をかけると、自分でも起きようとする雰囲気が見られました。
 毎日校門まで一緒に行っています。4年男子、恥ずかしがらず^_^、
 手を繋いでおしゃべりしながら登校しています。
 息子が校庭を通って昇降口に入る様子を、私は帰り道に見ることができます。
 息子は私の姿に気づくと、立ち止まって手を振ってくれます。
 ああ、なんて素敵な時間なんだろう…と思います。」

 
 
 
「先日、布団に入った時「あ~幸せ^_^」と自然に思えたり!!
 (自分でもビックリです)、「生きていてくれてありがとう」を言うとき、
 私の兄弟の名前を入れて言ってみたら、涙がでそうなほど、
 幸福感で心が一杯になりました。
 これを書いていてまたジーンとしてしまいました。
 これらは、木村さんのお陰だと、私は思っています。」

 
 
 
「今日仕事から帰宅したら部屋の掃除ができてました。
 お願いしたのがリビング、廊下、洗面所です。
 きれいに掃除機をかけてくれてました。
 しかも自分の部屋もきれいに掃除して、
 沢山あるぬいぐるみを天日干しまでしてました。
 いいですね~きれいな部屋は。」

 
 
 
「私の『生き方』に心を寄せていただいて、身に余る光栄です。
 涙が溢れました。今まで流した涙は、今日の為だったんじゃないかと、
 そう思えるほど、木村さんの言葉が心に響いてきて、
 涙、止まりませんでした。ありがとうございました。
 「素晴らしいものがかえってきますよ」と、言っていただきましたが、
 今回、木村さんからもらえた言葉、もうそれだけで充分です。(^^)
 だいぶ長い年月がかかりましたが、生きていると、いいことがありますね。
 私の生き方が素晴らしいと、もし、感じてくださるとしたらそれは、
 本当に木村さんのおかげなんですよ(^^)木村さんが与えて下さったものです。
 ありがとうございましたm(_ _)m」

 
 
 
先ほど息子は50分程出掛けました。自転車に乗ってのお出掛けでした。
 好きな物を買って来たのかな?
 出発した時と、帰宅後の顔色と瞳の輝きがまるで違います。
 姿勢もですね。堂々としている様子が息子らしいです。
 音声配信で木村さまが、…外出することは良いことですからね、
 と励まして下さいました。とても嬉しかったです。(*^-^*)
 私は、一喜一憂して感情の疲弊を繰り返さないように、
 心の中でだけガッツポーズをしていました。
 木村さまの許可を頂けたのは嬉しかったです。(*^-^*)」

 
 
 
私が友達と会って帰宅したら、ご飯を食べ、洗い物もして、
 お風呂も入り、レポートをやっていました。
 私がいない方がいいみたい(^^)
 いれば甘えてくるけど、いなければ全部自分でします。
 子供扱いしないで、出来ると信じ任せてみるもんですね。
 たまには夜、留守にするのも必要ですね(^^)」

 
 
 
「いただいたメルマガのバックナンバーを読みかえしていて
 見つけたのです。私に必要なところを。
 ちゃんと、すごく詳しく書いてくださっていましたので、
 宝探ししなくても見つかりました(笑)私の目はふし穴でした(笑)

 
 
 
「私が朝から病院に行っていて、帰宅したのが12時でした。
 「今日のお昼は娘の好きな焼きそばにしようかな~」なんて思って
 帰宅したらいません。私の期待を裏切り学校に行ってました。
 「な~んだいないのか」レポートを提出できる日が残すところ2日しかありません。
 さすがにやばいと思ったのか、昨夜は一生懸命してました(笑)
 ぎりぎりが好きなんですね~(笑)ぼ~っとしてる様で、
 娘の頭の中ではしっかり計算されていて、指定の日までに、
 何とか卒業が遅れないように提出する様です。」
 
 
 
 
息子との雑談の量が増えています。
 昨日は寝るまで部屋に篭らずリビングにいました。
 アマゾンで新しいサッカーボールを買って夕方のサッカーも
 また日課になりつつあります。
身体を動かしてくれる事うれしいです。
 2ヶ月程行ってなかった美容院に行きたいと…。」
 
 
 
木村さんのおかげで私は以前に比べると気持ちが安定しています。
 それと並行するように息子も少しずつに変化しています。

 留年の事、修学旅行の事、部活の事…
 まだ答えは出せていないようですが、私が息子が話すのをまたずに
 また提案してしまったので今度は焦らず待ちたいとおもいます。」
 
 
 
息子の気持ちを代弁してくれて、有り難うございます。
 息子の感情を教えてくれて、有り難うございます。
 それが、一番聴きたかったことです。

 
 
 
家に帰り、修学旅行の手続きしてきたよ!と伝えると、
 息子はありがとう!と言ってくれました。
 
 
 
息子は、着実に進歩しています。朝と夜でも変化を感じる程です。
 
 
 
今日は、午後から塾の体験授業と説明会に行って来ました。
 それも3ヶ所です!

 彼は、恐ろしいほど元気にこなしましたが、私はクタクタです!」
 
 
 
「感謝の一言です。思い切って、電話相談の申し込みをした時点で、
 何故か『もう大丈夫。』と思えて、ドンヨリ暗い気持ちがすごく楽になっていました。
 メルマガを読むたびに、自分にピッタリ過ぎてドキッとしています。
 
 
 
金曜日に登校しました。
 メールでご報告させて頂いていますように、夕べも「明日は…」と言っていました。
 「何時に起こす?」、「何時ならなら間に合うかな」、
 「バスならこの時間だけど、乗りたくなければ30分遅くてもいいよ。送るから」、
 「俺なんで、バスが嫌だったんだっけ…」
 バスは、人が見てくるから嫌だとか、うざい雰囲気だから乗りたくないと以前は、
 言っていましたのに、考え方が少し変わったのかなと、思いました。
 今朝もダメでも構わないけれど、約束通り起こすだけは起こそうと思っていました。
 「眠い、あと、30分」「じゃあ30分後ね。」といつもの流れ、
 どちらでもよいと思いながら、30分後に起こしました。
 いつもとは違い、起きて来ました。「眠い…」、「眠いねえ」、
 「いい加減行かないと、単位取得が大変になるしね。今日は、
 前の高校の友達と会う約束をしてるんだ。」
 バスで間に合う時間ではなかったので送りました。
 「(主人から)電話来ないね」、「困ればかけてくるから」
 「すみません。」、「大丈夫だよ」と、仕事を気にしていました。
 それ以外は、楽しく会話しながら送りました。」
 
 
 
 
「木村さんの空のように広ーくて海のように深ーい心のおかげで
 優しさを信じることができるようになりました。
 人を自分を信じられるようになりました。
 救う、という言葉はお嫌いかもしれませんが(笑)
 私を救ってくれたのは、木村さんです(^^)ありがとうございます」
 
 
 
4月から一人暮らしをします。明日、二人で不動産屋を回ってきます」
 
 
 
昨日、毎日の家庭訪問の時に
 今まで一度も自分から顔を出したことがなかったのが、
 玄関と二階と距離はありましたが先生に「こんにちは」と一瞬挨拶をしました。

 「また進歩です(^-^)v」というと先生も一緒に喜んでくださいました。
 そして、夜には久しぶりに教科書を広げて先生からの課題をやっていました。
 息子の変化を一緒に喜んでくださる先生に恵まれ、
 主人も同じように息子の変化を喜んでくれて、
 一連の流れを報告できる木村様がいて、私は幸福者ですね♪」
 
 
 
息子はその後、学校も受験勉強(塾)も楽しく活動しています。
 模擬試験の後、志望校は変更せず、
 入試の成績優秀者の特待生を狙っているようです。
 『特待生になったらお小遣いアップね(^^)』だそうです。
 このまま暖かく見守っていきたいと思います。
 いまでは、『不登校』ではありませんが、毎日のメールを読むとき、
 子どもや家族との関わりについて思いをめぐらす
 貴重な時間となっています。これからも、よろしくお願いします。」
 
 
 
「ネットで検索していましたらこちらのホームページに辿りつき
 是非もう少し詳しく知りたいと不登校対応レポートを購入しました。
 こんなに具体的な方法を書いているものを
 読んだことがありませんでした。
目からうろこで、
 今一生懸命自分を変えようと日々言い聞かせています。」
 
 
 
劇的に一週間後、今月19日(月曜日)からこどもは登校になりました。
 最初は起きることが難しそうでしたが、毎日5,6回催促しないといかないでした。
 今月24日朝また不登校したいでした、今回私は叱りしない、やさしく原因を聞きました。
 冬休み宿題が全然してなかったのでその日の試験にたいしてすごく不安になりました。
 わたしは零点してもかまいませんよ、頑張って学校に行ったら勝ちよと言いました。
 その日、子供ついに学校に行きました。今日まで、ますます元気になりそうでした。
 毎朝7時ごろ準時に登校に行きました。
 今週から 学校で宿題を終わるまで家に帰ります、勉強の意識も高くなりそうでした。」
 
 
 
 
「春休みの終わり頃からか、
 以前処方してもらったメラトニンを飲み始め、
 気がつけば朝起きて夜寝る生活が定着していました。
 毎日欠かさず飲んでいます。」
 
 
 
木村様のメルマガのおかげで、自分にもできることがあり、
 実際にやってみると、少しのことで気持ちが大きく切り替わり、
 楽になって、息子を見る目も変わったことに、びっくりしました。

 
 
 
「ご指導をお願いした当初は、くじけそうな気持ちに
 なった事は、ありましたが、木村様にご指導頂いて、
 自分ではわからなかった自分に気づいた事が、たくさんあり、
 落ち込んだり、自信になったりしています。

 
 
 
外に一歩も出たがらなかった息子が、
 毎日、楽しく外で遊びはしゃぐようになりました。

 いつも私にべったりですが、楽しむ姿があります。
 レポートにあった、運動の重要性を実践しての結果です。
 ありがとうございます!!感謝です!
 家でも激しい戦いごっこを私と真剣にするようになりました。
 笑顔が増え、将来は仕事をしてお金を稼いで、
 そのお金の少しをパパとママにあげる。
 あと弟、妹にはお菓子を買ってあげると言ってくれました。
 ほんの少しずつ自分の気持ちを話してくれるようになりました。
 このメールを打つ前ですが、
 今まで一切話さなかった学校のことを言ってくれました

 
 
 
「お昼は自分で作っています。
 z会の通信教育も去年買ったのをやり始めました。
 (中略)落ち込んでも立ち上がるのが早くなってきました。」
 
 
 
昨日、登校しました。火曜日は行けなかったのですが、
 期待せずに頼まれた事をしようと、朝起こしましたら、頑張って起きて来ました。」
 
 
 
 
家族に素直な受け答えをしてくれます。遠慮なく大きな声で話しかけてくれます。
 昔のまんま。明るく朗らかな元気な子。」
 
 
 
「長男が帰省し、3人でくっついて、TVを見て笑ったり、
 ゲームをしている姿が嬉しく、幸せな気持ちでみています。
 木村様にご指導頂いていませんでしたら、
 どんな気持ちでの年越しになっていたのだろうと思うと、とても怖くなります。
 (中略)多くの気づきを与えて下さいまして、本当にありがとうございました。
 本年もよろしくお願い致します。」
 
 
 
「昨年は本当にお世話になり、ありがとうございました。
 娘の笑顔を見ながら家族揃って新年を迎えられたことを
 こんなに幸せだと思ったことはありません。(中略)
 先生方や主人と三学期に向けての相談をし、夫婦で協力しての冬休み。
 嬉しそうに、勉強や手伝い、遊びにとまた少しずつ動き出した気がします。
 いつも木村さんのお話を娘だけでなく、
 家族全員にあてはめて考えながら接する努力をしています。
 いろいろと学ばせて頂き、感謝の毎日です。」
 
 
 
 
「夜に娘が「(学校の)ワークブックでもしようかなあ~。
 もうしたい事なくなってきたし」と言いました。
 まさか娘からそんな言葉が出るとは思いませんでした。」
 
 
 
 
 
「今日娘は「お母さん。友達って出来るもんだね」と言いました。」
 
 
 
 
「先日は「今日は外、気持ち良さそうだね。ちょっと出てこよう」と言って、
 ほんの数分ですが自分から出て行きました(驚)
 
 
 
 
毎日のメルマガも今までのメルマガも本当に支えになっています。
 感謝しています。ありがとうございます。」
 
 
 
 
私の仕事にも変化を感じています。
 難治な症状の患者さんが多く、話の聴き方には注意して来ましたが、
 なんといいますか、受け止め方が以前よりも上手になったような気がします。
 感情的になってお電話をかけて来る患者さんなどの応対も冷静なだけではなく、
 気持ちの受け止め方がレベルアップした感じがしています^ ^
 そんな自分に気づいて、ちょっと嬉しくなる事があります^ ^
 木村様のご指導って本当に凄い!!ですね^ ^
 
 
 
 
 
「動物を飼うというのは、本当に良いですね。
 ゲームをする時間が何となく少なくなったような気がします。
 
 
 
 
「なんだか幸せです。
 みんなで笑って、大騒ぎして、ご飯食べて…心から楽しいと思える時間。
 こんな風に過ごせるようになるなんて…
 不登校になった当初はとても考えられませんでした。
 本当に木村さんのおかげです。本当にありがとうございます。(中略)
 木村さんは歩き続けるための栄養ドリンクみたいです。
 いつもパワーをいただいています。ありがとうございます。」
 
 
 
 
 
「わたし…木村さんには本当に感謝しているんです。
 命の恩人と言っても過言ではないほど、助けていただきました。
 まだ息子や私の状態もこれからですが、
 家族全員、良い方向へ進んでいると感じています。木村さんのおかげです。」
 
 
 
 
 
「私の理解はゆっくりのようなので、なかなか進めていませんが、
 ちょこっと戻っては木村さんをはじめ、みなさんに教えていただき、
 最悪な状況には絶対にならない、という予感はしています。
 
 
 
 
 
息子はサッカー部の活動のみ参加していますが、
 片道2時間近くかかるところへ2月からずっと通っています。
 あのころは息子の心もかなり不安定で、朝起きるのもかなり苦しそうでした。
 雨や雪の日にはずぶ濡れになり何度か風邪を引きました。
 でも休まず参加しています。仲間とのフットサルの練習や、
 応援するサッカーチームの試合があるときには、張り切って応援に行っています。
 いいところがたくさんある息子です。」
 
 
 
 
 
「音声配信を車の中で聞けるようになりました。
 今では家事をしながらや、寝る前にイヤホンで聞いていたのですが、
 車で聞くのはいいですね~。聞く時間も圧倒的に増えたし、
 家事をしながら聞くのに比べ、
 気持ちに余裕があるのでゆっくり考えることができます。(中略)
 何回も聞くことで、何となくなんですが、すご~く安心感を感じている毎日です。
 車に乗りFMラジオをつけるような感覚で音声配信を開くと、
 心地よい木村さんのお話を気軽に何回も聞くことができて、
 携帯変えて良かったな~って実感しています。」
 
 
 
 
「「母さん、オレね、パソコンをカスタマイズしたい人に、
 相談やアドバイスができるようになりたいな。そんな仕事があったらいいな」
 とも言っていました。本当に嬉しいです。
 人に会うのは嫌だと言っていた息子ですが、
 人とコミュニケーションを必要とする仕事がいいな、だなんて…。
 息子の目に未来が映し出されてきたのかなと…その成長を、嬉しく思います。
 (中略)それから、最近の息子は機嫌がいいです(笑)
 口笛を吹いていたり歌を口ずさんでいたり、ニコニコしています。
 とても穏やかです。」
 
 
 
 
「以前より少しだけ変わってきている自分がいると思うと、
 このサイトに出会えたことに感謝しています。
 1年半前に出会っていたらと思いますが、
 今出会えただけでも、良かったと思います。
 
 
 
 
 
顔つきは本当に明るくなってきました。
 にこにこ、ゲラゲラ、声も大きく、会話も増えています。
 
 
 
 
「第34回の音声をお送りいただきありがとうございました。
 今回もたくさんの親御さんたちのお話を聞かせていただき、たくさん、
 学ばせていただくことができました。何度も聴こうと思います。
 元気で活動的に、生き生きと取り組んでいらっしゃる姿をみせていただき、
 私も元気をいただいています。
 
 
 
 
私の母は帰り際に「なんか変わったきた。よくなってる」と
 娘の事を言って来ました。良かった。私のやってる事は間違ってない。
 このままひふみ~よで学んでいけばいいんだと嬉しくなりました。」
 
 
 
 
最近、外出する日が増えてきました!
 少しずつ前向きになっているようです。ありがとうございます!!」
 
 
 
 
今日は四時限から登校、お友達と色々楽しい事して、帰ってきました。
 明日は野球部の引退試合を仲良く9人で見に行くとか。
 私の高校時代より楽しんでるみたいでそれだけで私は幸せです。
 木村様のおかげです。ありがとうございます(*^o^)/\(^-^*)」
 
 
 
 
「娘は、今週末の部活の最後の大会のため、
 6時半に起きて7時過ぎに登校してます。

 
 
 
「長男がスマホにした時から、オレも…と懇願していた次男ですが、
 定期テストの度に条件つけて、買ってもらおうと必死になっていました。
 次男が自分で出した条件は、
 「1つでいいから学年トップの点数を取る!!」でした。
 1年2学期、3学期末テストで、家庭科と保健で1点差でトップを逃し…
 2年生最初の中間テストで、何と英語で100点トップで、
 スマホをゲットしました!!」
 
 
 
 
「最近気づいたんですが、息子の笑顔が今までと違っています。
 小さい頃の笑顔に近い感じかな?うれしい発見でした。
 本当に私が変わるだけでいいんですね。
 
 
 
 
大学に入って、悩んだうえで、結局、体育会のテニス部に入った息子です。
 昨日、新歓があったようで、予定もないのに、
 夜中にこれから帰ってもいい!?と急に帰ってきました。
 まさか息子が帰ると思ってなかった私は予定があり、
 先ほど帰ってくると、母の日を忘れていた息子が、
 私のいない間に買い物に出かけて、
 母の日にドーナツを買ってきてくれていました。
 動物模様のおしゃれなドーナツで、ドーナツ持って写真を撮られました。
 そんな小さなことを、素直に喜べる私が、
 今は自分で自分のことが大好きです。」
 
 
 
昨日頂いたメールには、涙が出ました。
 気持ちがとても楽になりました。私の行動や考えにぴったりの
 タイミングでのメールを頂きますので、いつもびっくりします。

 
 
 
「私は、息子の不登校対応を、木村さまにサポートして頂いています。
 その対応は、多面的に影響を及ぼすという魅力があると、実感している一人です。
 
 
 
 
「今日の息子はなんだかご機嫌でした。理由はわかりません(笑)
 何度も「母さん」「母さん」と呼ばれ、雑談でしたが、たくさん話しができました。
 その中でバスケの話しになり、
 「バスケットゴールが欲しいな。外に置けるよね」と、息子。
 息子はバスケが好きなようですが、学校に男子バスケ部はなく、
 残念がっていましたから…私は「うん、置けるよ。買っちゃおうか(^^)」
 息子「うん、うん。シュート練習したい!」
 主人はまだ帰宅していないので、一応、メールを入れてから、
 ネットで即購入しました!明後日に届く予定です(^^)
 自分から運動したい気持ちになってくれて、よかったです。
 外に出れば、風が気持ちよかったり、空がきれいだったり、
 太陽が暖かかったり…きっと、家の中では気づかないことを感じられるかもしれません。
 でも、なにより、楽しんでくれれば、それだけで嬉しいですね(^^)
 木村さんが何度もおっしゃっているように、運動はとても大事ですものね。」
 
 
 
 
拝見する度ハッとさせられる事多々あります。
 とても為になってます。いつもありがとうございます。感謝です。」
 
 
 
長男も次男も、最近は夫も、よく話しをします。
 愚痴もありますが、いいこともいっぱい話題にあがります。」
 
 
 
「先生のお話は本当に心に響きます。
 まだまだ親としての実行が伴わないこともありますが、
 子どもも様々な変化を見せてくれています。
 これからもよろしくお願いします。」
 
 
 
息子と主人は久々にキャッチボールをしていました。
 あれだけ抵抗を見せていたのに……。

 息子も少しずつ変化してきています。
 『いいこと探しは、探さなくても息子と話すだけでいっぱいです。』
 と嬉しいコメントを出してたお母さんがいましたが、
 ホントにその通りだなと最近、実感します。
 探さなくても、日々の生活の中にいいことがあふれています。
 楽しい出来事がどんどん起きています。
 その事を感じられるようになりました。
 なんか大げさな気もしますが……。ホントに思います。(*^^*)」
 
 
 
「レッスンを受けさせて頂いて、本当によかったです。
 息子の心の動きをより深く感じる事が
 できるようになったと思います。

 
 
 
勉強続いてます。外食にも行けるようになりました。
 お昼は自分でコンビニに買いに行っています。
 勉強もやり方がうまくなってます。
 変更したり、追加したり、柔らかく対応してます。」
 
 
 
それにしても、いつも私の心の中を
 見られているかのような内容にびっくりします (笑)
 
 先生のメールを読み、気付き、自分を振り返り、
 励みにしながら今は過ごしています。」
 
 
 
勉強のこともちょっと変化がありました。
 私のiPhoneで息子はパズドラのゲームアプリをとっているのですが、
 それを学習用のタブレットに移動させたいと言ってきました。
 移動?できるの?してもいいけど、そうすると
 ポイントないとゲームできないよ?勉強しないとできなくなるさ。
 と話すと、うん、いいよ。勉強するよ。1人で勉強できるの?
 大丈夫、でーきーるーと言いながら、頭をなでられてしまいました(ー ー;)」
 
 
 
今日、息子は夕方から出かけて行きました。
 なんかニコニコしてて久々に外に行くのと、
 友達に会うのが嬉しいのかなぁ?って思ってます!
 それともう一つ嬉しい事がありました。
 私の「ただいまぁ」に「おかえり」が返ってきました!
 愛想はなかったですけど(^_^)
 私もいつもより大きな声と笑顔でおかえりを言ってあげようと思います。」
 
 
 
昨日、学校のカウンセリング(11時から)の後に
 文化祭準備をしている教室に入り、3時に帰ってきました。
 今日から文化祭で、クラスでダンスをするらしいです。

 急に頭にリボンをつける事になって、
 そのリボンを家で仕上げる為に持って帰ってきました。
 自分は準備も全く参加していなかったので、
 それぐらいしかできないからと言って引き受けたそうです。
 自分からよく言ったな~とびっくりしました。
 今朝はせっかくだから楽しんでくると言って出かけました。
 私もお手伝いにいきます。
 子供が文化祭に行けなくても私は堂々と行くつもりでした。
 不登校、何にも悪い事じゃないし。
 子供は文化祭を1人で回るのか・・・・ぼっちは寂しいと言ってました。
 そこを何とか自分でクリアーに出来れば前進するのだけど。
 少しずつでいいんです。自分で考えて行動して行ってくれたら。
 アルバイトの方は自分で考えて行動して一生けん命やってます。
 アルバイトの話をしている時の子供は本当に成長してるんだと思い
 嬉しいくなります。(中略)子供が幸せだと思ってくれてたら、
 どんな型でもいいし私も幸せです。
 毎日のもあもあは私を強く、やさしく、穏やかにしてくれます。
 子供に負けない様に私も頑張ります。有難うございます。」
 
 
 
私は大事な事を忘れてたみたいです(>_<)
 …ありがとうございますm(__)m

 
 
 
「3時頃仕事から帰って来たら、昼食中でした。
 遅くても食べてくれたら嬉しいものです。
 これからもお弁当は欠かさず作ろうと思います。
 テレビ見ながら笑い話もできましたよ!
 
 
 
今の世の中、「不登校」対応のNET配信も様々沢山あり、教材?も沢山ある、
 でも、だが、しかし(ここでは使います)、
 木村さんの「もあもあ」が、一番痛いところを突いてくる!

 そう実感しながら、日々「親・私・母が変わること」を手探りし、
 前進?、後退?___しながら読ませていただいています。」
 
 
 
木村さんのブログに出会えたのは、私にとっても衝撃でした。
 もう少し早く知っていたらすんなり解決したのかも。とも思いますが、
 今からで「遅すぎた」という事はないと思ってます。」
 
 
 
あれから娘の様子が少しずつ変わってきました。
 娘の睡眠リズムが少しずつズレてきて昼夜逆転に戻ったか
 と思ったら朝方か午前のうちに起きれるようになったのです。

 ご飯も1日1食程度でずいぶん痩せて心配でしたが
 以前より食べれるようになりました。」
 
 
 
 
主人に対しての考え方が急に変わりました。
 前回主人への対応で失敗してから、反省しているうちに、
 主人の大変さがわかった気がしました。
 今までは、『あなたの両親のせいで、私も大変なんだから』
 と自分の視点でばかり考えて文句を言っていましたが、
 主人の方が大変なんだと思えるようになりました。
 嫁いだ以上は、運命共同体ですから、
 どうにも変える事ができない事ばかりに目を向けているよりも、
 お互いに助け合う事を考えた方が、よいに決まっていました。
 実の息子に嫌がられる親にならない為に、
 自分磨きの努力をした方が、幸せだと思いました。」
 
 
 
主人と息子、子供達がフラットな会話を始めました。
 嬉しいです。本当に有り難うございます。」
 
 
 
ウソついたんだって、さらっと笑って言った息子にビックリして、嬉しくて…
 泣きそうになりました。
 もちろん、泣かずに、そうだったんだねって頷いただけですが。
 こうやって、少しずつ、少しずつ心に抱えた荷物、降ろしていけたらいいな…
 ウソをついた自分を自然に認めて、出して、罪悪感を手放していく…
 息子の気持ちに寄り添って、支えていきます。
 本当に木村さんのおかげです(^^)本当にいつも、ありがとうございます(^^)」
 
 
 
息子が、外出しました。夕方、買い物に出掛けたようです。」
 
 
 
ある日のこと、息子にきついことばかりを言う方の娘が、
 弟のおやつが足りないだろうからと、弟にお小遣いをあげていたのです。
 自分はバイトしているからと。(中略)
 私は、娘の行動にびっくり!!その発想もですが、その思いやりに!
 余りに、意外な行動に。
 主人は、息子の欲しいものは買ってあげます。
 長女は、自分が買ってきた物を分けてあげます。
 いろいろ手作りしてあげたり。仲良しですから、いつも。
 ところが、次女は違うんです。
 今までは、兄弟でなかったら、いじめてるともとれるくらいでした。
 そんな子が!不登校になった弟に何も言わないのです。
 そして、私に、…もう何も決めないであげて。…。(じんわり)感動しました。
 レスペクトもありました。娘の存在に。」
 
 
 
先生の方から嬉しい報告がありました。
 『給食を沢山食べます。おかわりします。』と。
 ご飯を沢山食べてくれること何より嬉しいですからね。
 少しは体を動かしているからか、前より食欲が出ているようです。
 家でもよく食べるようになりました。
 
 
 
「昨年末に「お母さん、俺行きたい高校見つかった」と話してくれました。
 自分で調べて「制服があるねん!野球部もあるねん!しかも練習週3やし」と、
 端末を私に見せてくれました。こんな日が本当に来るのですね。
 初めて〔喜びの声〕を読ませてもらった時は
 わが子の口からこんな話が聞けるのは遠い未来と思っていました。
 今、木村さまに報告できていることが不思議な感覚です。」
 
 
 
 
息子の起床時間に、変化が起きています。
 朝8時過ぎから10時頃には、飛び起きてリビングに顔を出します。
 窓を開けてベランダに出て、天候を確認します。遠くを眺めてから大きく深呼吸します。」
 
 
 
 
毎日の“もあもあよくなる"は心の支えです。
 なければ、なんだか物足りないような気持ちになります。
 (中略)昨日の分のメルマガ、『こどもが生きていることへの感謝』
 読んでて涙が出ました。もう、絶対に忘れません。実体験からそう思えます。
 もちろん、息子だけでなく娘にも感謝です。
 “生まれてきてくれてありがとう"って、
 私を親として選んで生まれてきてくれて感謝しています。出会えて良かったです。
 今日から、声に出して言ってみます。まだ今はひとりで練習。
 そのうちきっと、息子の前で言ってあげたいです。
 『生まれてきてくれてありがとう。あなたが生きているだけで、お母さんは幸せだよ。』って。
 今日もあたたかい気持ちをありがとうございました。
 
 
 
 
「三男が、スクーリングに行きました。
 新しい高校の友達との距離を縮めるのが怖くて
 また休み続けていましたが、今朝は機嫌よく出かけて行きました
 
 
 
 
「2月16日今朝は息子が7時半に朝食を食べました、
 声をかけたら直ぐに来てくれました。
 
 
 
 
「先日、2週間ぶりくらいに次男が学校へ向かいました。

 
 
 
「帰宅して、私が主人と雑談していると、
 娘が部屋からやってきて「私、○○大学行く」と宣言しました。
 前までは、「行こうかな」だったのが、今日は「行く」です。
 完全に心が開かれていました。この宣言が、その通りになるかどうかよりも、
 希望が大きくなったことを嬉しく思いました。」

 
 
 
「すごいことです。先生には絶対会わないと言っていた娘が、
 先生からの電話に一人で出て、しかも会って、そのうえ、
 自宅に上がっていただいて、自分の描いた絵を見せて、会話をした、なんて!
 そしてそれを報告してくれたのです。びっくりしました。」
 
 
 
「娘ですが・・・・今日も絶対に出席しないといけない授業には行きました。
 上手く計算して行ってますね~(笑)最低限の労力できっちり無駄なく
 単位をとるつもりかな?なかなかなもんです(笑)」
 
 
 
「修学旅行の3日前の朝ひとりで起きて制服を着替えていました。
 『学校に行ってみるの?』と聞くと、『ああ 』と返事。
 電車には間に合わなかったので私が車で送って行く事にしました。(中略)
 学校へ着くとひと呼吸して昇降口へ入って行きました。
 息子を降ろした後仕事へ向かう車の中で息子のこの決断に、
 このパワーに、感動して涙が溢れて来ました。
 私が彼だったら同じ事が出来るだろうか?と…。
 息子を本当に尊敬しました。
 夕方、先生から電話がありました。
 修学旅行へ参加することを伝え、追試を全教科受けると言って
 まだ今も受けていて、帰りの電車が無くなるのでどうしましょうというのです。
 迎えに行くので本人の希望どおりさせて下さいと伝えました。
 昼夜逆転の息子は朝起きるために寝なかったのだと思います。
 疲れて帰って来るだろうと思ったら、元気で、
 家に帰って来てからもハイテンションでしゃべりまくっていました。
 次の日の朝はさすがに疲れていたので起きてくる気配なし、
 本人任せようと起こす事はしないで出勤しました。
 仕事から帰ってくると電車2本遅れたけど学校へ行って来たと報告してくれました。
 電車に乗るとみんな俺の悪口を言ったり、ジロジロ見てくるから乗れない、
 遅刻していくのは嫌だと言っていたのに…。
 またひとつ乗り越えていました。
 この2週間で息子は本当に大きな前進をしました。
 木村さんのおかげで私がマインドを変えて待つことを出来たおかげです。
 ありがとうございます。」
 
 
 
「昨日は娘の体調はいまいちでしたが、連続で二時間教室でがんばりました。
 周りの騒がしい男子にイラつくのがしんどい娘ですが、
 以前よりがまんや発言も変わって本当に成長を感じられると先生にも誉めてもらいました。
 今朝は今まで拒否していた授業が気になり、いつもより早く登校しました。
 朝何気なく娘が言った「今日もがんばるぞ~」にびっくり。嬉しかったです。
 今日できることを精一杯して、未来に続けようと少しずつ思えるようになりました。
 また今後ともよろしくお願いします。」
 
 
 
 
息子は無事に修学旅行に行きました。
 先生から何も連絡がないので、問題なくすごしているのでしょう…。
 不思議とあまり心配はしていません。」
 
 
 
 
「去年、高卒認定試験を受験し、
 まだ資格申請を終えてはいませんが単位はそろいました。
 独学ですが、化学は化学精義の上巻を終えました。
 数学は数学3以外を独学とZ会の通信教育のネット配信で基礎だけは終えました。
 いまは物理の力学を復刻した参考書に助けられながら奮闘中です。」
 
 
 
 
 
「不登校から約半年が過ぎて本人も色々と思うところが出てきたのか
 通信制の高校に通学する意思が出てきたようです。
 自然体で支えていこうと思います。」
 
 
 
 
この間 お母さん、ネットで勉強ってできないかな…といい出しました。
 自分のパソコンでしてみようと考えたようです。」
 
 
 
 
「最近ですが、「スマホとバイバイしようかな」と言ってます。
 何故かと聞いたら
 「そろそろ本気で勉強しないとねいけないから」と答えてました。
 
 
 
 
木村先生の教えを、順番どおりに守って対応できている親御さんたちは、
 素晴らしいんだ。良い結果も出ているんだな、と改めて感じました。
 私は、間違った対応を続けて、息子を苦しめてしまった。
 パワーダウンさせていること、スゴく感じます。申し訳なく思います。
 同じ失敗を、繰り返したくないと、強く思いました。
 この気付きを生かしていきたいです。」
 
 
 
 
「レポート、ありがとうございます!読んでいてあてはまることばかり…。
 そして驚くばかりです。期待しないこと、また自分中心にしないこと。
 またなりつつある私に木村さんからのメッセージはとてもありがたく、
 初心に戻らねば!と冷静にさせてくれました。」
 
 
 
 
たくさんの親御さんが木村さんのおかげで不登校好転へ向かっている様子を読んで…
 どれひとつ同じものがなく様々な親子がいて、
 様々な不登校好転の形があって当たり前なんだなと改めて感じました。」
 
 
 
 
「先日はバックナンバーを添付していただきましてありがとうございました。
 今の私にぴったりの内容ばかりで木村さんが分かって送ってくれたのか
 と思うほどです。じっくり読んで実行していきたいと思います。」
 
 
 
 
息子は私や夫と雑談をよくするようになりました。
 
 
 
 
「色々話をするようになりましたし、
 テレビを見たり食事をしているときは楽しく過ごしております。(中略)
 高卒認定試験を受ける。といっているので応援したいと思っています。
 
 
 
 
私が木村さんに何度も聞いたこと。
 「本当に自分から勉強をする日がくるんでしょうか。」
 それを長男はしようとしている。そこまできたんだ。
 すごいな。心の底からそう思いました。
 そして何度も何度も繰り返し教えてくださる木村さんに本当に感謝します。
 ありがとうございます。」
 
 
 
 
木村様を知ることができ、この出会いに感謝しています。
 まだまだ、これからですが!これからも宜しお願い致します。
 本当にありがとうございます。」
 
 
 
 
「受験の2日前です。学年主任の先生が、家でも学校でもどこでもいいから
 面接練習するぞ!と強い気持ちで家にきてくれました。そしたら息子、
 『行くよ』と言い、先生と一緒に学校に行きました。終わって迎えに行くと
 軽快に走ってくる息子はうれしそうで、『これで将来、安泰だ!!』なんて言い、
 笑いました。「どうだった?」と私が聴くと、『何も…。』と、
 答える気はなさそう。でも、車のなかで、歌を歌い、口笛を吹き、
 上機嫌な息子を見ると、面接練習がうまくいき、自信が持てたことが分かり、
 私は一緒に鼻歌を歌い、何も聴きませんでした。学年主任の先生は、
 面接練習が立派にでき、ひととおり形にできたと、電話で教えて下さいました。」
 
 
 
 
夫が昨日『不登校の根幹を頭において息子に接してるから、
 最近息子といるのが楽しい』そう言ってました。なんだか嬉しくなりました。」
 
 
 
 
「いつもですがバックナンバーをいただくと、開くとき、
 今回はどんなことが書かれてあるのかなと楽しみに思います。
 玉手箱でも開ける気分です。(^-^)  まだ、さらっとしか見ていませんが、
 初めの方に書いてあった『競争は善?競争は悪?』などは、
 私の知りたかった答えそのものと感じました。こころが軽くなりました。
 また、他の内容もじっくり読んで実行していきたいです。
 今日もありがとうございます。」
 
 
 
 
息子は不登校を乗り越えて、赤点も乗り越えて、補習を受けました。
 そして、ようやく進級が決まりました。
 木村先生のメールを読んで、今後も勉強したいと思います。
 よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
今日、息子の受験日です。息子、行きました。(^^)
 無理せず、自然の流れで面接練習も受け、学校にも昨日、一昨日と行き、
 (短時間ですが…)  今朝は自分から起きて、着替え、準備しました。
 「緊張してきた~」と言ったり、「楽勝!大丈夫!」と自分を励ますように
 声に出したり、「お腹痛い」と言って、途中、コンビニのトイレに寄ったり、
 なんかそわそわしてました。私は、嬉しいけど、一喜一憂しないと心で思い、
 今も過ごしています。」
 
 
 
 
「今日は終業式でした。
 学校に行き、レポートも1年生の分は1枚残すのみで全部出してきました。
 (映像配信の授業は何回かは残っていますでも良く考えたら、
 11月から転校して5カ月で1年分をしてるので上出来です。
 学校帰り、私も仕事が早く終わる日だったので、待ち合わせして
 晩ご飯食べて帰りました。「終業式っていいね~。3月は1番良い」
 と言ってました。「そうだね。よく頑張ったね」と褒めました。
 もう元気いっぱいでした。娘なりに頑張って1年終える事ができました。
 嬉しいですよね(^^)」
 
 
 
 
「3月13日、合格発表の日でした。発表は、4時から。
 息子は、ギリギリ、3時まで寝ていました。『母さん見てきて…。』と、低い声。
 面倒な感じに不安なのかなと思いました。一緒に向かう車の中でも、
 『緊張する』『緊張してきた』を連発します。
 『心配だ!』と深呼吸を何度もして、感情を素直に出していました。
 その様子が伝染してきたのか、私まで緊張 してきました。
 学校の前、門をくぐり、遠くから自分の番号を見つけると、
 『やったー!!』と喜び、ほっとした様子。車に乗るなりすぐ、
 友達と連絡を取り合って、お互いの合格を喜びあっていました。
 
 
 
 
卒業式の練習に登校し当日は卒業証書をいただきました。(中略)
 春休みは毎日のように友達と遊びに出かけています。
 
 
 
 
息子は普段、遅れて登校ですが、今日は全学年が揃った後で行きたくないと、
 いつもより随分早く(ちょっとだけ遅刻・笑)、1人で出かけました。
 娘は1時間だけ相談室登校できました。
 スクールカウンセラーの先生が異動のため、今日までだそうで、
 登校してお会いできて良かったと思います。」
 
 
 
 
「卒業証書なんか後で受け取りに行けばいいし、式にも出なくたってかまわない。
 息子と一緒に痛みを感じよう…。息子は生きていてくれてる…元気に。
 それだけでいいじゃないかって。そうして待つというより、
 主人と私の期待がゼロになった瞬間、奇跡が起きました。
 着替えて準備した息子が『行くぞ!』と私達のいる部屋へ……ビックリです。
 寝起きの顔。晴天のその日差しが眩しそうです。
 そして、少し照れくさそうに笑って…。急いで車を飛ばしたら、
 もう入場が始まるギリギリでした。滑り込みセーフです。……
 なんてタイミング……。(中略)卒業式を終えた息子は晴れやかな表情です。
 こころなしか自信も出てきた気がします。
 私は、しばらく気が抜けてしまったのですが、息子にしてみれば、
 まだまだ人生の通過点でしかありません。未熟な私はその事をしっかりと
 こころに刻み、これからも日々の生活を意識しながら過ごしていきたいです。」
 
 
 
 
中三の娘が一年半ぶりに、登校しました。
 大分、気持ちが穏やかになってきたと感じていた矢先のことです。
 まだ二回の登校ですが、大きく進歩しました。ありがとうございます。」
 
 
 
 
 
 
「「殴ってやりたいくらいだよ。」との言葉に主人が反応して、
 心配した発言をしていましたが、以前のような頭ごなしの否定ではなく、
 「おい、そんな事止めろよな」と言う程度になっている事に気付きました。
 思い出してみましたら、
 主人の子供に対しての対応が随分変わって来ていると思いました。
 
 
 
 
 
「娘が通信教育を受講したい、
 できるだけ早く進んで皆に追いつきたいと、また言いました。
 でも、紙のテキストの通信教育は、だいたい月々教材が送られてくるものなので、
 娘の望むものではありませんでした。
 最近、外部の評価を求めているようでしたし、勉強するのであれば
 ペースメーカーが必要と感じていたので、娘さえその気があれば、
 そろそろ第三者と接した方が良いと考え、家庭教師を提案してみました。
 娘がやってみると言いました。
 
 
 
 
 
「その後の息子ですが、先生のサポート受け何とか無事スクーリングをうけられ、
 通信制高校のサッカーの試合では自信をつけたようです。仲間もできました。
 通信制高校に無事再登校することができてほっとしたところです。
 
 
 
 
 
昨日、娘は新しい担任と初顔合わせをしました。
 担任からは娘の表情が明るくなったと言われました。」
 
 
 
 
 
「この時期は不登校相談や、メルマガ申し込みが増えるとおっしゃっていましたが、
 そんなお忙しい中でも変わらず、いえ、よりパワーアップを感じるほどの
 サポートをしていただいていることに、感謝でいっぱいです。
 ありがとうございます。
 ただ、不登校で苦しんでいる親や子供達が本当にたくさんいるんだと
 改めて知ると、切ないですし、自分も泣きながら木村さんにお電話をした日の
 ことを思い出します…。それから数ヶ月…。私…変化していると実感できます。
 もちろん、人生死ぬまで学びが終わることはないでしょうし、
 変化し続けていくことにも終わりも限界もないわけですから、
 まだまだ成長できるところが盛りだくさんの自分に『今は』ワクワクしています。
 (中略)木村さんはお忙しいでしょうが…木村さんにたどり着いて、
 木村さんを信じて、幸せに気づいていく親御さんが増えるといいな…と…
 お節介な私は願ってしまいます(^^;;
 
 
 
 
 
「オレ『なんて』…とかオレ『みたいな』…とか
 自信を持てずにいた息子が自信でてきた…って…
 その成長を、その言葉がでたことを、本当に嬉しく思います。
 
 
 
 
 
「息子ですが、昼夜逆転生活ではありますが、
 夜のジョギングに友達と出かけるようになりました。
 
 
 
 
 
木村様にご指導頂いて、私本当に変われた部分がたくさんあるんです。
 挙げたらキリがないくらいたくさんあるんです。(中略)
 ありがとうございますm(_ _)m」
 
 
 
 
 
今日、久しぶりに登校した娘。
 4時。下校時刻ですが、帰ってきません。
 5時。帰り際に井戸端会議してるのか、まだ帰り ません。部活に参加したのかも。
 6時。まだ、帰宅しません。
 さすがに心配にな り、学校に見にいくと部活動も終わり、
 生徒達が帰り始めています。6時過ぎに、学校に電話していたところ、
 ガヤガヤした集団が自宅前にやってきました。娘が帰ってきました。
 「あがってって!」「お邪魔しま~す」「お邪魔しま~す」「お邪魔しま~す」
 飲み友達を連れてきた、どこかのお父さんのようでした(°_°)
 一日気を揉んで待っていて、様々な想像を巡らしていましたが、
 予想を超えていました。」
 
 
 
 
本日 息子は嬉しそうに夕方登校しました。
 …オレ、時間ないから夕飯を早くして~。と言いながら、
 身支度を楽しんでいました。ワイシャツがきつい~、ズボンが短い~、
 …オレ、どこか見た目で変なところないかな~?
 登校できることに喜びが溢れました。担任の先生が、
 特別支援コーディネーターの先生と息子が、
 体育館でバドミントンをしたと連絡くださいました。
 何もかも有難い事です。手を差しのべて助けてくださいました。
 うちの子を温かく包んでくださいました。」
 
 
 
 
今日は朝から学校に行きました。
 1時間目から行くなんて1カ月ぶりでしょうか?
 どうしたのかな?そんな時もありますね(^^)」
 
 
 
 
「前向き発言をしています。
 「俺さ、中学も途中で、あんまり行かなくなったし、
 勉強も嫌になって、高校も、いろいろあって、
 勉強も手につかなくなったから、知識が抜けてるんだよ。
 中学で習って解けてた問題もできなくなってるから、今からやらないと、
 間に合わないからさ、連休中も授業休まないよ。
 先生も都合悪くないみたいだから。それで、今年は、高校へ通って、
 不足分の単位を高卒認定で取って、現役合格するんだ。」」
 
 
 
 
「娘は今日もお風呂掃除きれいにしてくれましたよ。
 それに機嫌がすこぶるいいです(^^)嬉しいですね。」
 
 
 
 
「今日は、「ひふみ~よ」を聴いて、メールを書いてを繰り返しました。
 そして、『主人の被害妄想のような言動は、
 私の言動による思考回路の構築だったんだ!』と気づきました。
 繰り返し聴く事で、内容理解が深まり、
 改善すべき事がはっきりとわかってきます。
 
 
 
 
「先日は28回音声配信ありがとうごさいました。
 息子への対応に自信喪失し混乱していたので、
 メールを読んで頂きうれしかったです。
 自分が苦しんでいることを息子への共感のヒントにする。
 まずは自分に優しくすれば
 子供に当たり前の優しさを与えることができるようなる、
 そうご助言頂きおかげさまで感情を安定させることができました。
 私はなかなか自分に優しくできななくて…
 いつも木村さんに気づかせていただいています。
 あれから夫に、「19回音声配信の不登校根幹の解説聞いた?
 かなり丁寧に解説してくれていてわかりやすいよ」と言われ何度も聞き直し、
 ノートにまとめてみました。
 不登校の根幹、わかっているような気分でいましたが、
 改めて解説を聞き直してみると勉強になることばかりでした。
 思考が柔軟になると、子供の見方も変わりますね。
 非言語の部分も見落とさないように、日記に書き加えていこうと思います。」
 
 
 
 
登校しました。
 連休明けで気が重い状態に加えて、体育実技でした。
 希望者が多く、スケートに決まりましたが、
 スケートをした経験がなく渋々の参加でした。
 ブツブツ言いながら行って来ました。
 転んでばかりいたそうですが、新しい友達ができたそうです^ ^
 
 
 
 
「顧問の先生から、息子が部活だけでなく、頑張ればできるんだ…
 ということを実感できているんじゃないか…と言っていただきました。
 勉強でもやるべき時にはしっかりやっていますとの話を聞いて、
 嬉しくなりました。
 
 
 
 
「息子は凄いです。
 自分自身で立ち直ろうとする意志を口にしました。
 病院の診断を受ける覚悟があります。インターネットを遮断する覚悟も。
 ものすごい田舎に行きたいと。主人は、私と息子に任せると言います。
 息子は自分を、ダメになっていると言いますが、それは違います。
 息子は、大丈夫です。ただの思春期の少年です。
 毎日のメルマガを有難うございます。」
 
 
 
 
「いつもメルマガ楽しみにしてます。音声配信もありがとうございます!
 私の長~い、ほぼ出来事を書いただけの、素っ気ないメールから、
 いろいろと読み取っていただき、しかもコメントしていただき、
 本当にありがとうございますm(_ _)m
 自分が向かっている方向が、これで良いんだと、言ってくださる方がいるのは、
 本当にありがたいことです(*^^*)
 しかも、私の成長が見られるとのお言葉に、感謝を感じるとともに、
 身が引き締まります。まだまだ、できていない事が沢山あります(^^;;
 娘の精神の成長の助けとなるよう、少しずつ私も成長したいと思います。」
 
 
 
 
「夕方、中学校で不登校対応の面談をして頂くために主人と2人で向かいました。
 一足先に、息子が出発しました。
 制服を着て自分から学校へ向かったのは10ヶ月ぶりの事でした。
 嬉しそうな笑顔を浮かべていました。
 支度をてきぱきとして、修学旅行の不参加票をしっかりと持ちました。
 身支度の後ろ姿で可笑しなところはないか?と確認してくれました。
 息子は、週に1度 学校で不登校専門の先生と面談することにしたようです。」
 
 
 
 
「もあもあのバックナンバーを少しずつ読んでいますが、読むたびに、
 あ~私って木村さんの目からは子どもを不登校にする
 典型的母親に見えただろうなぁ、と思ってうんざりしてきます。
 私の持っている能力のかなりの部分が、
 母親としてはむしろない ほうがましだったということがよくわかります。
 でも、何をやってもうまくいかないどころか
 どんどん事態が悪化していったころと比べれば、今はずっと気持ちは楽です。
 どう考えても私のやり方がまずい、これをかえることが一番の近道だ、
 そう考えて探していて見つけたのが木村さんのサイトでした。
 そして、これをやればいいんだということにつき、
 ほとんど確信に近い思いを持ちました。
 子どもの問題解決の方法を自分の行動や努力に置き換えられるので、
 すごく楽になりました。
 
 
 
 
たった今、息子がゲームをしながら、お母さん、勉強したい、と言いました。
 木村さん、本当に不思議です。。。」
 
 
 
 
「ゴールデンウィーク明けから登校するために、
 練習の意味で5月2日に1日だけ部活に登校しました。
 
 
 
 
「ひふみーよの初めてお聞きした木村様のお声は、とても素敵で、
 お話の内容は簡潔で分かりやすくて説得力があり、心に響きます。
 思い当たることだらけで、正直耳が痛い内容もありましたが、
 ふむふむとうなずきながら聞きました。」
 
 
 
 
絶妙な距離感にいてくださる木村さんのおかげで
 心の声を出すことができるようになってきました。
 いつも、スマホの向こう側にいてくださって(笑)ありがとうございます(^^)
 苦しくなったらスマホの裏側を見ます!(笑)」
 
 
 
 
「昨日は先生の訪問日。長男は、先生に会うことができました^ - ^
 
 
 
 
「夢のお陰で何とか勉強したり、バイトしたり、1人で出かけたり、
 活動的になりました。今また海外に行きたいとかどんどん夢は膨らんでいます。」
 
 
 
 
今日から2泊3日の野外活動、娘は元気に出発しました。
 
 
 
 
「息子は、朗らかに過ごしています。ゲームをする姿が少なくなりました。
 
 
 
 
「以前は会話の途中で急にトゲトゲした口調や言葉を投げかけてくることが
 ありましたが、随分少なくなりました。
 
 
 
 
「だんだん長男も明るい顔つきになって来ました。
 毎日、お風呂掃除と散歩(なんや?  リタイアしたオッサンの様な生活ですが…^ ^)
 を日課にしています。」
 
 
 
 
「子供の話を聞くときの私の非言語が変わりました。
 体をしっかり子供に向け、時々目を見て頷いたり一緒に笑ったり…。
 なぜか自然にできるんです。
 会話の時の子供の目の輝きが変わっていき、たくさん話をしてくれました。
 娘(不登校の息子の妹です)は部活で21時過ぎに帰ってきて
 疲れているはずなのに、なぜか突然部屋の片付けを始めました。
 娘の心も満たさように感じました。今朝息子が起きて来なかった時も、
 週1度のサッカー部の活動の日だけど、行けなかったらそれで仕方ないな~って、
 様子をみることができました。
 息子はその後自分で起きてきて出掛けていきました。
 
 
 
 
息子は登校は変わらず、遅れて私と校門まで一緒に登校しています。
 
 
 
 
今日は朝から行きましたよ。
 朝1番から行くと逆に私がびっくりしてしまいます。
 「え?朝から行くの?」と聞いてしまいそうになります(笑)
 朝はいつも娘に見送ってもらいますが、今日は久々に私が見送りました。」
 
 
 
 
 
「今は毎日幸せを感じています。
 娘は登校は少ないものの、以前より明るくなっています。
 起きている時間も増えています。」
 
 
 
 
「木村さんと出会い、日常ではゆっくりゆっくりの変化、
 でも私のマインドは大きく変わることができたと思っています。
 本当に毎日ありがとうございます^_^」
 
 
 
 
「娘は自分のことを、『こんなふうになるなんて思いもしなかった』と言いました。
 私もそう思います。
 (1年前と比べて活発になりましたし、好きなことに夢中になれています。)
 
 
 
 
「先日、「神戸の試合に行きたいけどどう思う?」と言われ「いいんじゃない?今しかできないことたくさんやるといいよね」と言うと「あのさ、大学のこと調べてみたんだよ。オープンキャンパスにもこれから行くつもり。先生に来てもらって家で勉強して9月のスクーリングで単位を取ろうと思ってるんだ、教室しに行けるかはわかんないけどね」と言われました。神戸には新幹線を使って行くので、正直ちょっと遠いなとは思ったのですが、受容と共感を頭に置き対応したら、こんな前向きな発言が聞けてびっくりしました。もし、神戸と言われて違う態度を取っていたらと思うと木村さんのサポートを受けていてよかったなと思いました。前に進み始めたばかりの息子の変化を、これからも楽しんで行きたいと思います。」
 
 
 
 
火曜日は1限目から登校したのに、なんとその日が卒業アルバムの写真撮影としって、一度かえってきて、黒染めして2限目から受けてました。本当にややこしいなあと苦笑しました。昨日は、夜中二時に起きて試験勉強したらしく、試験中は、睡魔との戦いだったそうです。今朝も、早起きする予定が、五時半に起きて寝坊だあと騒いでました。昼夜逆転の頃と比べたら嘘みたいな現状です。木村様のサポートや、協力してくださった担任の先生など感謝で一杯です。」
 
 
 
 
「最近は言葉数が増えました。よくしゃべり、元気というかシャキッとしているというか、だいぶのびのびしてきたなぁと感じます。話しの途中に「オレ来年は通信制高校に行くからさぁ…そうしたら……」と、さらっと、行くことが前提のような話しぶりに驚かされました。私もさらっと流しましたが、息子が元気になっていく様子はやっぱり嬉しいものですね。」
 
 
 
 
「私は木村さんのサポートを受けるようになり、ネガティブ思考が頭に浮かんだら、同時にポジティブ思考が頭に浮かぶようになりました。おかげで感情がとても安定しています。毎日、不登校の根幹を頭に置き、謙虚な対応をするように気をつけています。私がこの事を忘れないていられるのは、木村さんのサポートに毎日ふれているおかげですね。本当に感謝しています。」
 
 
 
 
「毎日13時半から16時半までGくんと支援委員の先生に勉強を教えてもらいに行っています^ - ^英語の単語帳作りが楽しい!数学、一か月分を2日間でやった!ワークのこの問題わかるよ!と、長男^ - ^
 
 
 
 
今日は娘と大学のオープンキャンパスに行ってきました。朝の7時30分に家を出て6時前に帰って来ました。(中略)娘にとっては有意義な1日になったようです。実際に受験まであと1年ありますが、2年生からどんどん見て行くのは普通のようです。」
 
 
 
 
勉強は、週2回自宅学習の指導を受けることができています。先日、がさがさ何かを探しているなと思っていたら電子辞書を見つけていました。祖母からの入学祝で買った電子辞書、また手にしている姿に息子の成長を感じました。」
 

 
息子は…元気です。笑顔です。よくしゃべります。一緒に電気屋さんに行きました。明日は花火を買いに行きたいと言っています。映画を見に行きたいと言っています。ラーメンを食べに行きたいと言っています。」
 
 
 
 
「息子は今日も一日、フレンドさん、と、また、仲間を増やし、元気な様子でした(^^)(中略)明日は朝から出かけて、お昼ご飯は信州の美味しいお蕎麦にしたいね、と姉に言われ、「オッケー!最近早起きなんだよ(^^)、今日はもう寝るね」と、いつもより早くベットにいきました」一泊旅行を楽しみにしてくれているのがわかり、本当に嬉しいです(^^)」
 
 
 
 
台所仕事なんて考えもしなかった主人が、『仕事をして、ご飯を作って、後片づけをして、と自分でやらなければいけないとなると女性の大変さが分かった』と言って、食器を洗うと拭いてくれたり、料理をしていると、『やってみたい』といろいろと手伝ってくれたりします。本当にうれしいです。(^-^)。(中略)こんな話まで聴いてもらえる……誰にも誰にも言えなかった心の中の悩みを、全部受けとめてもらえる……。木村先生、本当にいつもありがとうございます。お陰で、心が軽くなってきています。」
 
 
 
 
娘の状況は少しづつですが良い方向への変化があるようにも感じます。最近の出来事では、テレビで見た料理を作りたいので材料買ってきてほしいと言いました。さっそく購入してくると、実際に料理をして家族にもふるまってくれました。また、お祭りの時に、自分でレースなどをつけてカスタマイズした浴衣を妹に着せたいらしく、夜遅くまで何時間も裁縫をして完成させていました。(本日、妹にそれを着せて、家族で一緒にお祭りに行きました)(中略)これまで「何かをやりたい」ということがあまりなくなっていたので、とてもうれしく思っています。これからも、娘のやる気を大切にしてサポートを続けていこうと思います。」
 
 
 
 
「木村さんに出会えたおかげで、今までとは違う対応をその場で考えお兄ちゃんと話す事が出来ました。言い合いでは無く話し合いが出来ました。」
 
 
 
 
息子は夕方、友達に誘われてお祭りに行きました。片道5㌔の会場へ自転車で行ってきたそうです。お祭りで中学時代の友達に会い、ファミレスでご飯を食べて、たくさん歩いて、自転車に乗って帰って来たのは深夜でした。私がまだ起きているのを知ると「ただいま」「楽しかったよー!3年ぶりに〇〇に会ったよ」と笑顔で報告です。」
 
 
 
父親が「○○(息子)が来年は通信制高校へ行くんだって言っていたぞ」と、教えてくれました。その言葉を聞いた父も安心したようです。」
 
 
 
 
「最近の次男の様子ですが…。受けていた漢検も合格、しかも満点賞を取り2枚の賞状を頂きました^o^本人、モチベーション上がりまくりだー(≧∇≦)と大喜び(笑)」
 
 
 
 
木村さんのメルマガを読んで、音声配信を聞いて、少しずつ変わってきました。これからもあきらめずに続けていけば「理想的な自分」に近づけると思います。」
 
 
 
 
「試行錯誤のつらい日々から少しづつ笑顔が見られることができるようになりました。
 
 
 
 
「もあもあよくなるの「後退する子供、前進する子供、その親は・・・・」の内容を読んでいて、「あ~私、このダメな親だったな~」と思いだしました。まさに「暗黙の誘導」でカウンセリングを受けさせました。悪化したかどうかは正直わかりませんでしたが、良くはなりませんでした。本当に何も知らないで子供を動かそうとしていました。今思うとバカだな~と思います。何であんな事していたんだろう。知らないって怖いな。思いきってひふみ~よを申し込んで正解でした。(中略)娘は今週から補習に行っています。暑い中、駅までは歩きです。(中略)夜にレポートをしたり、宿題をしたり、ほっといたら勝手にやってます。親は何にも言う事はありません。
 
 
 
 
「木村先生、私の行動力は木村先生ですよ(^-^)。いつもサポートをありがとうございます。安心できる場所を作ってくださっている木村先生、沢山の気づきを下さるひふみ~よの親御さんの皆様にいつも感謝です。本当にありがとうございます。(^-^)」
 
 
 
 
行きたい通信制高校を自分で見つけ、個別相談やオープンキャンパスに親子で参加しました。(中略)その高校を選んだ理由もしっかり答えていたので驚きました。(中略)毎日苦しそうな表情をしていた頃がうそみたいに、よく笑いよくしゃべるイケメンになりました!」
 
 
 
 
中1の終わりから少しずつ週明けから毎日登校する事が定着し始め、中2に進級してからはほとんど休まず登校しています。仲のいい友達も出来たようで、学校ではとても楽しそうに過ごしていると担任の先生から聞きました。4日間の職場体験では心が折れて2日間欠席しましたが、今年の担任の先生も良い方で本気のメッセージを伝えにきたくださり、最終日は出席できました。学校行事にも積極的にとりくんでいます。勉強も頑張ろうという気持ちが伝わってきます。」
 
 
 
 
昨日、娘から通信制高校について興味があると話がありました。(中略)娘と一緒にパンフレットの資料請求をネットでしました。今の高校に戻ることも0ではないらしく、もう少し考えて、まずはパンフレットをもらい、見てみようねということになりました。今回の娘は、大きく前進しています。現在進行形です(^ ^)この進行形を止めないよう、細心の注意を払っていかないと、大きな前進の分、失敗した時の反動が大きくなるように思うので、私のマインドを後退しないよう、木村様のレポートを読む時間を増やしたいと思っています。」
 
 
 
 
この息子の笑顔が見られるのも木村さんのおかげです。いつも、いつでも、支えてくださっていることに感謝しています。ありがとうございます。」
 
 
 
 
「音声配信で、夫婦関係について書いてくださったお母様、私も同じ思いを持っていました。私の心の中を代弁していただいたような気持ちになりました。ありがとうございます。(中略)今週も木村さん、ひふみ~よの親御さんにたくさん助けていただきました。本当にありがとうございました。」
 
 
 
 
「41回の音声配信もありがとうございました。もあもあよくなる、も、確実に進んでいらっしゃる親御さんがたのお話に、力をもらっていると思います。
 
 
 
 
「お盆もお正月も…本当に休まず毎日メルマガを届けてくださってありがとうございます。m(_ _)m木村さんてすごいなぁ…木村さんに夏休みはないのかしら?…とただただ感動しています。(^^)本当にありがとうございます。」
 
 
 
 
「娘ですが、今週は補習もしっかり参加してどんどんレポートを出しています。世界史、英語以外のレポートは2年の分、全て終わりました。留学先では英語と受験の勉強だけに専念できそうです。担任もびっくりする程のハイスピードです。私も学校に行って知りましたが、良くがんばっていると思います。」
 
 
 
 
「木村さん…私、今、幸せです。いっぱい泣いてくじけそうな時もありましたけど…木村さんを信じて、あきらめないで本当に良かったです。月並みですが…ありがとうございます」
 
 
 
 
「新しい音声配信を聞いてると、「ひふみ~よって生き方が変わるよな~」と思いました。不登校対応なんだけど、学んでいくと人生が生きやすくなるような感じがします。すがすがしくなります。本当に有難うございます。」
 
 
 
 
隣のお家で友達と一緒に絵の宿題を終わらせてきたそうです。そして…ワークも終わった。あとは弁論文だけだ。と、次男。あんなに決められた勉強はしたくない!!と、言っていたのにびっくりしました。そして長男もその日、英語の宿題をひとつ終わらせていました。ひとりで勉強をしたことに驚き!」
 
 
 
 
夏休みは本人の希望で夏期講習に行っておりました。お盆前くらいまでは昼までに起きて午後自転車で4時間ほど勉強して帰ってくる生活でした。とても頑張っていました。」

 
 
 
息子は、1週間前から、昼夜逆転を自ら治しました。出校日に向け、提出物を自分のペースでこなしています。驚くほどきれいな字で、作文を書いています。習ってなくてイライラして、あたりまくっていた課題テキストにも、今からやってけばいいよねと、取り組んでいます。」

 
 
 
木村さん。長男、今学校に入っていきました(泣)テストを1時間受けると言い、学校に行きました…>_<…」
 
 
 
 
「音声配信、メールをいつもありがとうございます。今回の音声に、また、勇気づけてもらいましたなんか疲れたなあ、ちょっと休みたいなあ、とダラダラと下ばかり見て登山している私に、ここにいたのか!大丈夫だよ、この道だよ、前にも後ろにも仲間がいるからね、ペースを守って時には休んで、必ず頂上に行こうね、と、登山のプロ、ナビゲーターの木村さんに励ましてもらったようでした。」
 
 
 
 
娘が外に出掛けられるようになってきていることが嬉しく、私はその娘の前進を妨げないよう、気を引き締めなくてはと思っています。」
 
 
 
木村さんのメルマガには元気をもらい勇気をもらい感動をもらい新しい世界観をもらい笑顔をもらい涙を流させてもらい…Σ(゚д゚lll)すみません、ちょっとしつこいですね(笑)とにかく、いつもたくさんたくさんの幸せをありがとうございます(^^)」
 
 
 
 
長女は、ずいぶん自然体の本来の彼女に戻って来ました。思春期特有の、気難しさやぶっきらぼうな所は相変わらずですが、ニュースの内容や学校のこと、進学のことも話してくれるようになり、不登校前と同じように当たり前のように自然に登校しはじめ、不登校前より早く起きて登校してもくもくと準備さてます。時々、「あー、だるいな」などぼやいてますが、私もあー、だるいんだねーと、心が共感してます。きっと学校は色々大変だけと、それと同じように楽しいこともあるようです。休みは、パーベキューやお泊まりの勉強合宿を仲良しグループで計画しているようです。17才の夏休
みが楽しい夏休みになると良いなあと私も心がわくわくします。おもえば、中学受験の前の小6から、勉強や部活ばかりでしたので。きっと私の学歴コンプレックスの捌け口になっていたのでしょう。そんな風に自然に思えるのは木村様のおかげです(^-^)いつも、メルマガに支えられつつ、私も娘の支えになりたいと願ってます。」
 
 
 
 
ひふみ~よのおかげですね。感情的になるのが押さえられています。
 
 
 
支援委員の先生とGくんとの勉強会、行ってきました^ - ^3時間、Gくんのお家で楽しくおかしく勉強する事ができました。」
 
 
 
 
夏休みに入り、友達が遊びに来ることが多くなりうれしそうです。先日は汗びっしょりになって帰ってきました。久しぶりにサッカーをやって来たようです。すがすがしい顔をしていました(^^)」
 
 
 
 
「週末の2日間、家族四人で朝食をとりました。当たり前の風景の様ですが、我が家にとっては不登校になってから初めてのような気がします。
 
 
 
 
娘はテストが今日で終わり、一区切りつきました。「あ~、終わってすっきりした~。今日が1番良い日」なんて言ってます。」
 
 
 
 
毎日、木村さんのメールを読むのが楽しみです。
 
 
 
 
新しい高校や新しい友達についての発言が、少しずつプラスの度合いが増して来ました。
 
 
 
 
「今日はテストなんです。目覚ましもないのにしっかり起きてきました。遅刻もせずに行きました。
 
 
 
 
「今日から夏休みです。一学期を無事に過ごせました(^-^)。よく休まずに続けて登校できました(^-^)。これから部活とバイトの毎日です。」
 
 
 
 
実は、今日、娘は学校に行っています。野外活動以来ですから、40日ぶりくらいです。」
 
 
 
 
長男は今日も一限目より登校しました。3日目です。先月の溜まった課題プリントをしながら、時々息抜きにゲームをしたり、と自分の時間プランでやっているみたいです。担任に、お母さんにどの道を選択してもいいんだよ、と言われ、やっぱり今の学校の友達と一緒に卒業したいと思った、と話したそうです。」
 
 
 
 
本日、息子は朝から登校しました。5月末に主人と揉めて以来の登校です、6時半に私に朝食を作ってと頼み、完食し、主人が起きてくる前に全てを終えて出掛けました。」
 
 
 
 
「1学期が終わりました。次男は風邪のために休んだ1日以外は、毎日学校に行きました。
 
 
 
 
「今朝は妙に元気です。「学校も行くよ。今日は」と言って来ました。
 
 
 
 
昨日、娘は3週間振りの登校でした。登校を予定した日に限って、娘か私の体調が悪く、久しぶりになってしまいました。娘は「午後からのゲームのイベントに参加したいので、早く行って早く帰宅したい。」と言っていました。そして、シャワーを浴びて、制服に着替えました。以前、担任の提案で、クラスメイトから交換ノートを手渡されていたのですが、「やりたくない。」とその辺に放置したままになっていました。今日はそれを探して、何やら書いていました。娘の行動にビックリです。…これもミラクルといえるかも…と思っています。」
 
 
 
 
「娘は、今日から期末試験です(^-^;家庭教師を要望しましたが、結局試験対策は自分で頑張ると(笑)意志が強くて、頑固者ですので、私や家庭教師の先生は、今回は三年生の成績が決まる最後の試験なので、少しでも教えてもらったらと考えてましたが。結局昨夜、11時に起きて試験勉強するつもりが朝までねてしまったと、朝食食べながら呟いておりました。私は、ああ、やろうと思ってたけど、起きれなくて、がっかりなのかなあと思いながら、「そうかあ、そうかあ、まあ、ぼちぼちやりな」とさらっとかえしました。不登校になる前の私なら叱責していたと思います。娘は、「おう~!」と言いながら鼻歌唄いながら準備して行きました。二年生の期末、三年生の中間はとても受ける状況ではなかったことから比べると、すごく進歩しました。彼女の歩幅でゆっくり歩いて欲しいです。こんな風に思える私は木村様に出会うまえには有り得ませんでした。いつも勇気をくださり感謝してます。」
 
 
 
 
「終了式の翌日イベントがあり子供と主人と祖母の4人で学校に行きました。娘は久し振りの学校でした。宿題をもらいに担任の先生を探し、他の先生からも挨拶を受けていました。(中略)家に帰るともらって来た宿題を早速やりはじめていました。携帯でYoutubeを見ながらという姿で片手間のようですが、スゴく楽しそうに宿題をこなしていっていて。以外にも間違えもないし、早くプリントが埋まって行くのは不思議な感じでした。こんなに長い間続けて勉強する事はなかったと思います(^_^ゞやりたい時は言わなくても勝手にやるのですよね。いままでこういう反応があった時はすぐ期待して動かしたくなったのですが、邪魔をしないようにあせらず見守りたいと思います。」
 
 
 
 
長男は担任の先生が出張などでいない日以外は毎日夜登校を続け、目標だった去年の出席日数、25日を過ぎました^ - ^無事定期テストも全部受けました^ - ^
 
 
 
 
長女は1学期の終業式に行きました。登校は20日ぶりくらいです。」
 
 
 
 
「来週はテストもあるので、ぼちぼち勉強しています。担任から聞く娘はとても真面目で、それはそれは頑張っているらしいです。家とは別人の様です。学校でがんばっているから、、その分、家で好きなようにして、エネルギーチャージをしている感じ。それがよ~く分かりました。娘に付いて行く事が出来ないので、分かりませんが、娘はにとって学校は戦場のようなものです。家ではその心を休めてあげるのが私のする事です。それは不登校対応の根幹をやって行けば、いいんですよね。」
 
 
 
 
 
 
 
 
【オリジナルメルマガ無料配信中♪】  
 
 
不登校改善のためのメルマガご希望の方に無料で配信しています。
 
(まぐまぐ!とは別内容です)
 
 
1.オリジナルメルマガ「お母さん、ありがとう!」(自動配信)
2.不登校対応力向上 ~3週間プログラム~(自動配信)
3.木村優一の最新情報を配信(不定期・木村優一が手動配信)
 
 
※1→2→3の順序で配信されます。
 
 
ご登録の際には、
メール受信ができない設定になっていないか、ご確認ください。


せっかくお申込いただいたのに、
こちらからの配信が届かないケースもございます。


ご入力いただいたメールアドレスになんらかの受信拒否設定をしている場合、
こちらからメールを送りたくても送れない状態になりますので、ご注意ください。


(特に、ドコモの携帯メールアドレスでお申込になる方、ソフトバンク携帯で迷惑メールブロック設定を「強」にしている方は、ご注意を!!)


正常にご登録いただけた場合、ご登録後すぐに自動返信メールが届きます。


自動返信メールは迷惑メールフォルダなどに入ることもありますので、
必ず、迷惑メールフォルダまでご確認ください。


自動返信メールがどのフォルダにも届いていない場合、
そちらでブロックされている可能性があります。


⇒ 1step-m.com のドメインを受信できるように設定してください。
⇒ gmail.com のドメインを受信できるように設定してください。


上記を参考の上、迷惑メールブロック設定を変更後、再度お申し込みください。
それでも配信されない場合には、他のメールアドレスでお申し込みください。


お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
 
 
 
オリジナルメルマガをお読みになりたい方は、下記のリンクをクリックし、
専用サイトにて「お名前」と「メールアドレス(携帯可)」を入力し、
「登録する」をクリックしてください。

  
 


※ メールアドレスに誤りがある場合、
  こちらからご連絡を差し上げることができません。
   「登録する」をクリックする前に再度お確かめください。