Skip to main content

不登校対応の支援と相談

学校に行かない子供に、親は、どう対応すべきか?

不登校対応の支援と相談
元不登校児の事業家
不登校対応チェックリスト
不登校対応 1~6
不登校~期間別対処法~
木村優一関連サイト
サイト マップ
運営団体
お問い合わせ
個人情報保護方針
親御さんの喜びの声
親御さんの喜びの声 Ⅱ
親御さんの喜びの声 Ⅲ
ひふみ~よ (有料)
もあもあよくなる (有料)
バックナンバー (有料)
不登校対応レポート(有料)
不登校初期対応支援(有料)
オリジナルメルマガ(無料)
  
 
親御さんからいただいた喜びの声(一部) Ⅲ
 
 
 
※トップページで紹介している「親御さんからいただいた喜びの声」の数が多くなりすぎて
 トップページが長くなってしまいましたので、今後はこちらのページにも掲載させていただきます。
 
 
 
毎日の塾、とても頑張っています^ - ^9時から12時まで勉強して近くにある私の実家でお昼を食べて2時から4時までまた勉強。この時間帯も自分で決めてこなしています^ - ^」



「6日、朝から夜の7時まで模試がありました。7日、オープンキャンパスの一般入試対策講座に参加。8日、留学の時の仲間と東京で集まりました。新幹線で日帰りです。(予備校は休みました)9日、朝は家庭教師でその先生とランチをした後予備校。10日、第一志望のオープンキャンパス。ほぼ1日かかります。なかなか忙しい日が続いています。」



「次男は終業式の日に私と通知票を受け取りに学校に行きました。担任の先生は冷静に努めようとしていながら、嬉しさを隠せないのがありありで(苦笑)次男も少々引き気味でしたが「週に1、2回、学校に来てみない?先生と勉強してもいいし、遊んでもいいし」の誘いに、頷いて、さすがにひとりでは…不安だったのか友達と学校に通っています。内容は勉強だったり、体育館での運動だったり、トランプだったり…3時間程過ごして来ています。今までは夏休みも私の方が宿題をあれこれと気にしていましたが、今年は次男に任せています。 でも、何かを頼まれたら勿論、力になりたいと思っています。と、ここまで書いたら、次男のタブレットでの通信教育講座からの学習記録メールが届きました。 ここ1ヶ月、全く通信教育も手付かずで講座からの私への学習記録報告メールも0が続いていて、それも静観していたのですが…今日は勉強したようです。これも次男の変化かなー。」



「今日は、来年(日本で言う高一。来年2月に新学年が始まります)。の授業選択希望の提出日だったそうです。興味があるファッションやサイコロジーを選択するつもり、と話してくれました。私は聞きながら、“そうか、彼女は来年も留学を続行する意志を持っているんだなー”と思いました。日本では、一般の高校の授業にサイコロジー等は無いと思うので、高校から彼女の興味がある分野の授業がいくつも選択できるということに、親子で幸運を感じています。」



おかげさまで、息子は二泊三日の修学旅行に行っていて、今日帰ってきます。私はまだ苦しくなる時がありますが、先生のメルマガと動画のおかげで落ち着くことができています。本当にありがとうございます。」



「夏休み前の金曜日は三者懇談がありました。娘は授業は休みましたが、5時過ぎからの三者懇談には行きました。三者懇談に娘を伴って出られたのが嬉しかったです。その後は、終業式の日に登校しました。別室登校を何度かした後、教室に2日登校できたという結果になります。教室に行こうという気持ちがあって、頑張っているんだなということを実感した気がします。」



「メールや音声配信を読みながら、聞きながら毎回なるほどそうなんだなとうなずくばかりです。音声配信では、ひふみ~よ会員の皆様のメールに自分と一緒だと共感して涙がでてきたり、ニコっとしてみたりと毎回内容の濃さにすごいと思うばかりです。(中略)夏休み前の最後の学校登校日の朝、偶然目が覚めたのかもしれませんがムクっと起きて、私と一緒に行くことができました。



「私は先生と次男2人が話しているのを今回の家庭訪問で初めて見ました。先生の話しをよく聞き、はい。はい。ととてもハキハキと返事をし、先生の問いにもちゃんと自分の考えを伝えてる次男。驚きました。とても大人に見えたんです。先生の話に笑ったりしたりして…。成長してるんだなぁと感じた時間でした。」



ついに娘はオーストラリアの短期留学8日間に出発しました。(中略)そして4日目の今日、娘からラインが届きました。"めっちゃくちゃたのしいよーーー"と。」



「娘と会話がまったくできなかった以前の状態に比べると、娘が着実に変化してくれていることを実感でき、本当に毎日が幸せです。(中略)娘の希望で、大学のオープンキャンパスに家族と一緒に行ってきました。



「休学した息子が後期復学の書類を書きました。笑顔がみえて、うれしいです。」



「長男は夏休みもバイトと遊びに楽しそうです。先日は「俺のバイト先にいる先輩で結婚して奥さんと子供がいる人が、高校は途中で行かなくなって中退も退学もした記憶がないって言ってたけど、ちゃんと働いて家族を養ってる、それでいいんだよね。」と話してくれました。私は相槌を打ちながら、大人になったなーと思いました。受験が出来なくて「俺の人生はメチャクチャだ。」と言っていた長男とはまるで別人の様でした。」



「息子ですが、バンドのメンバーに入れて頂いて、イギリス国内ツアーに出かけるそうです(^^) もうびっくりです。」



「昼夜逆転の生活だった息子は朝、起きてくるようになりました。リビングにいる時間も長くなり、会話も弾んでいます。」



「夏休みの宿題の1つ自由研究をしました。毎年長女は理科の実験をしています。(中略)実験の写真をとり、パソコンから印刷をし始めていたら、長女はパソコンで全部まとめてみたいなぁと言い始めました。学校で少しづつ操作方法を勉強しているので興味がわいたようです。私もひふみ~よを隣で聞きながら、質問されたパソコンの操作方法をたまに教えながら、ほぼ1日かかって終わりました。ちょっと前だと、面倒くさいってずっとやらなかった自由研究を慣れないパソコンで頑張る姿を見て、少しパワーが溜まってきたのかな?なんて思いながら、横で見ていました。予想以上の出来上がりの自由研究を見て、満足そうでした。今日はとっても時間がかかり、慣れないパソコンで疲れたと思いますが、疲れたぁなんて言葉もなく今はテレビを見て笑っています。良い時間が持てたようで良かったです。」



昼夜逆転を克服し、前向きな発言が増えてきたり、リビングで食事をするようになったり、行動範囲も広くなったり、私と会話も増えたり、次々と変化がありました。



「もあもあよくなるは基本的に一日一冊(一か月分)読むようにしていますが、以前に読んだ記事なのに、衝撃と気付きがあることに感動しています。(感動・・・他に上手く伝える表現が見つかりません)(中略)先日の第88回でご主人への受容と共感について報告してくださったお母さんのメールがとても参考になりましたし、それに対する木村先生のコメントがズバリ、今の私へのアドバイスになりました。ありがとうございました!(中略)今日も「もあもあよくなる」の配信をありがとうございました!今の私にドンピシャ過ぎる記事で、嬉し泣きという気持ちです(;_;)いつも変わらぬ心強いサポートをありがとうございます」



「ここ数日は気持ちを安定させるため、朝一番、家族が起きてくるまで音声配信を聴いています。そうすると、1日やさしい気持ちで過ごせるようになります。



息子、復学にむけて準備を進めています。まず、昼夜逆転、ここ2日修正しています。ゲームもへりました。今日は、雨降りに気づいて洗濯物をとりこんでくれたので、「ありがとう~すごい!助かった!」とハグしました。」



「私は、インターネットを通じて木村先生に出会った時、本当に、藁にもすがる思いだったので、ひふみ~よの会員となり、現在に至ります。ツイッター、メルマガのもあもあよくなる、そして、ひふみ~よの音声配信。この3つを体験してみて、感じるのは、やっぱり、ひふみ~よの音声配信の強力さ、です。そこにもあもあよくなるを加えると、さらなる相乗効果を感じます。まだマインド変化がまったく進んでいない頃、本当に恥ずかしい内容を木村先生にメールし、私のメールに対して、音声配信で木村先生がコメントをくださり。私の場合、自分のマインドが柔軟になった、と肌で感じたターニングポイント、2つ覚えています。自分のメールが読み上げられ、それに対して、木村先生が投げかけてくださった一言二言のキーワードが、まさにそのターニングポイントを運んできてくれました。ひふみ~よを続けていて、ツイッターは、窓口であると、感じるようになりました。これから先、実際、経済的その他の理由からも、ひふみ~よをずーっと続けていかれるかどうか、それは私にも分かりませんが。もあもあよくなるとひふみ~よを地道に継続していくことが、実は自分自身の心が楽になり、それに連動して、我が子はもちろん、自分を取り巻くすべてとの関係が結果的に楽になり、良くなっていく近道だと…実感しています☆彡。楽になる方が、これからも増え続けるといいなぁ、と^ - ^。木村先生、いつもいつも素晴らしいサポートしてくださり、本当にありがとうございます。」



毎回のひふみ~よの親御さんのメール、本当に参考になってます!感動して、電車で聞いてる時は涙が流れてきたりとヒヤヒヤすることも多々ですが、いつもいつも鈍感な私に気づきを与えてくださって、本当にありがとうございます(*^^*)」



「不登校関連の色々なブログを見ましたが、先生のお話を見つけ全て素直に心に入ってきました。



「この夏、次男は精神的に成長しているようです。友達に不登校の事を言われてもまぁまぁ平気 冗談が滑っても平気(笑) 自分のダメなところをさらけ出しても平気 自分の恥ずかしい過去も自分から言える お兄ちゃんにイロイロ言われても言い返せる 普通なら当たり前のような小さな成長ですが次男にとっては大きな成長のように感じます!自分でも「俺、強くなった!」と自画自賛してます(笑)」



「91回の音声配信では、私のメールを読んでいただきありがとうございます。私の何でもないようなメールでも、木村先生の手に掛かれば、自分の書いたメールからでも、いろいろな気付きが得られます。不思議ですね。



「長男の生活リズムは、いつの間にか昼夜逆転生活がなくなりました。(中略)BBQを通して、長男が勉強を本人なりにしていること(勉強机は散乱しているので、パソコンでしているのでしょうか)そして夜12時寝て朝6時には起きているという事を知りました。(夜寝る時にお休みと声をかけますが、それは12時前ですし。朝は降りてくるのを待っているので気が付かず)そして今までは、BBQの片づけについては私任せにしていたのですが今回は自分で進んで片づけまでしました。ほとんどの友達は片づけを手伝うことなく帰宅していったので、長男と友達2人の3人で。すごく長男の成長を感じました。多分一番うれしかったことの一つじゃないかと思います。」



お盆ですのに、毎日欠かさず、「もあもあよくなる」をお届け下さいまして、本当にありがとうございます。ご家族、ご親戚の方々と、楽しく過ごされていると思います^ ^ その時間を私達「ひふみ~よ」、「もあもあよくなる」会員の為に頂いて、大変恐縮しております。」



「息子の話を「聴く」事を心がけてから、息子が「別室登校ではなく、教室に入りたいと思っているし、部活動にも参加したいんだ」と話してくれました。そして「お母さんに話したら、スッキリしたよ。ありがとう」とも言いました。私こそ話してくれてありがとう。です。息子の明るい未来に向かってがんばります。」



「先週お送りいただいた第88回の音声、素晴らしかったです(*^^*)。いつもながら、読みあげられる親御さんの現状報告を通じて、皆さんのマインド変化を肌で感じ、私自身のマインドの調整にも役立たせていただくことができました。本当にありがとうございます。」



「この夏休みにイライラすることがだいぶ減って、子供達に怒ることがほとんどなくなっています。毎年夏休みはすごく憂うつだったのに、今年はそれほどでもありません。ひふみーよのサポートの効果であることは間違いありません。」



「木村さまの書かれた内容は、まさに子どもの位置から必要とされることばかりだと思います。やはり、ご自分で経験されたということもあり、それらの言葉には実感的な想いが込められているのでしょうね。 心に沁みます。不登校児童・生徒への支援に役立てるために、教師や保護者さんたちに全力でお伝え致します。感謝いたします。」



「ひふみ~よ会員の皆様も、毎日暑くてお忙しくされる中で、つい休みたくなる不登校対応ですが、ひふみ~よを聞く度に「みなさん夏休みの重要性を意識して変化されてるなぁ~」っと、励まされます。



「いつもいつも、メルマガの配信とひふみ~よをありがとうございます。木村さんに出会えていなかったら私は今も道標のないまま、自身の過ちや傲慢さに気付けずに、自分以外の全てを責め続けていたのではないかと思います。そう思うと、ぞっとしますし、現実、ある程度、限られている出会いのなかで木村さんに出会えた、今の私は、素晴らしく、運がいいのだと思います(^-^)。本当にありがとうございます。」



「木村さんの言葉、アドバイス、会員の皆様のメール報告に、どれだけ励まされ、勇気づけられたかわかりません。本当に感謝しています。ありがとうございます。(中略)娘は夏休み中、通信制サポート校の見学や体験にいくつか参加し、自分が合った高校を模索していました。そして最終的に、ここならと思えるところを見つけました。学費は決して安くはありませんが、娘が自分で決めたということに意味があり、私達両親は応援したい気持ちでいます。」



「お盆休みに入りますが、息子に「お盆に一泊しようかと思ってるんだけど、どうする?」と聞くと『しばらく行っていないし、今回は行きたいな。じゃあ、みんなで行こうぜ』と、意外な答え。不登校になってからは、泊まりたくないとか、行かないと言っていたので、ちょっとビックリしましたが、ゆっくりと楽しんでこようと思います。」



「マインド変化を心がけて、約3週間。子供の表情や雰囲気に良い変化を確信。そして、8月31日。翌日は始業式だが、自分に不安があまり無いのに驚く。9月1日より、登校再開。(中略)今回のケースは、早い段階で、木村様のサポートに出会え、嫁から変わったねと言われるくらいマインド変化した成果だと思います。(中略)もあもあよくなるで、沢山の情報を頂き、特に心に響いた内容はスマホのカレンダーに毎日繰り返しで記入し、朝昼晩目を通して暗唱することが、僕にとって有意義でしたのでご報告させて頂きます。(中略)慢心することなく、引き続き努力致します。」



「今日行きました!昨夜「お母さん、明日部活に行くから8時に起こして。自分で起きれないと思うから」と言われ「うん、わかったよ」と答えました。(中略)すごい勇気を振り絞って息子は部活に参加するために学校に行きました。自分で決めて…。」



「自分で担任の先生に電話して今の気持ちを自分の言葉で伝える事が出来、そして昨日「先生と話して来るわ」そう言いながら大きなため息をついて学校に行きました。どんな顔して帰って来ても、笑顔で迎えよう。息子がどんな決断を投げかけて来ても受け入れよう。そう何度も思いながら一日を過ごしていました。そんな息子ですが、笑顔に元気に帰宅しました。事細かには話してくれませんでしたが、「母ちゃん、もう大丈夫だから!学校ちゃんと行くよ!先生とも話せたし」とだけ、自分から言ってくれました。これで安心する事なく、ここからもう一度スタートだと思って、私もマインド変化を進めるためにそして安定させるために初心に戻って勉強し直したいです。」



「昨日から2学期が始まりました。息子は「憂鬱だな…(-_-)」と言いながら、遅れて登校しました。けれど、「学校で使う道具を毎日持っていくのは嫌だ。」と言って、2日間で運び終わらせようとしていました。「面倒臭い。」と言いながらも、息子なりにいろいろ考えているのだな…と思いました。」



「最後まで夏休みを自分のペースで過ごしました。進みたい進路も決まり、自分でそこまでどのように歩むのか、見守りたいと思います。」



「娘は、お盆明けぐらいから私の誘いで午前中の90分程勉強を始めました。嫌がるかな?と思いましたが誘ってみると、あっさり了解してくれました。なんだか、勉強する事で少し落ち着いているように思います。」



「今日も娘は通学班で登校しました。昨夜は新学期色々荷物が多いので「めんどくさい」なんてぶつぶつ言いながら準備をしていました。宿題も一人で終わらせていました。「明日は金曜日!ラッキー」なんて言いながら。1時間目は親子で除草作業です。こちらは運動会が秋にあるため、その前に年に1度の親子での除草作業私ももちろん仕事の合間に参加しました。学校の校庭に入りふと感じました。娘が今日登校したから、私はこうして除草作業に参加できるんだ。当たり前じゃないんだな。」



「金曜日に娘の小学校時代の親友から、午後一緒に勉強しない?とメールがあり、急な決まり事にもかかわらず近所の公民館まで1人で出かけることが出来ました。まだ明るく知ってる人に会うかもしれないのに。(中略)不登校は一進一退だと思うので、これからも気を引き締めて望みたいです。」



「拝読し、早速実行したところ、娘との刺々した会話が改善しました。それだけでも今は本当に嬉しいです。」



「最近の長女は、宿題に悪戦苦闘しながら頑張っているようです。現地の友達との交流が増えている様子が、Facebookや、家族でのLINEでのやり取りから伝わってきます」



「第92回音声配信「三つのお話」、何度も何度も拝聴しています。ノートにもまとめました。とても素晴らしくて、この音声を繰り返し聞けば、不登校対応にはもう他には何もいらないのでは?と思うほどです。(もちろん「ひふみ~よ」や「もあもあよくなる」はこれからも楽しみにしています!(笑))(中略)先日課題テストがあったのですが、娘は何ヶ月かぶりに登校し、お弁当持ちで別室受験をしてきました。その時に数日遅れましたが、宿題も提出してきました。」



「今日、長女から家族のLINEに、「今朝はもう疲れたーって早朝からお母さんに電話しようと思ったけど、いざ学校行くとすぐ終わるし意外と楽しいんだな」というメッセージが。」



「最近、息子が表情がやわらかく、よく笑うようになり、イヤなこともはっきりいってくれるようになりました。(前は、うんともすんともかえってこず、さみしかったです)(中略)息子は、主人からの提案で、家庭内アルバイトをやる案を考慮中です。昨日は、「米とぎ炊飯1回100円くらいかなあ」と息子は笑っておりました。本当に、笑ったり話しかけてくれるだけでも、しあわせな気持ちになります。(中略)音声の方も、楽しく学ばせていただいております。仕事で忙しくても、しっかり時間が取れるので、ありがたいです。これからも、楽しみにしています。」



「今日もメルマガありがとうございました(^-^)「みるみるうちに子供の状態が良くなる(8)」まるで今朝の私のメールに対するお返事をいただいたように思えて...とっても心強かったです(^-^)



「第92回ひふみ~よ毎日は難しくとも、何度も聞いています。頭ではなく心で意識できるようになりたいので。プレゼントで頂いた、第12回、13回が特に何度も聞いています。お母様方が「私もそうだったの。私も同じ」そう言われて応援されている気持ちになります。今まで頂いたひふみ~よも、また変わった受け取り方をすると思います。隙間時間を見つけて聞きたいと思います。毎日メールをしよう。心のごみを取り除こうと時間を決めて続けていますが続けるにあたって、ますます木村先生のすごさが、そして熱意を感じます。私はここまで誰かの為に力を注ぐことができるのだろうか。毎日のもあもあを配信したり、毎週のひふみ~よの配信は並大抵の事ではありません。今の私では挫折してしまうのは目に見えています。(決めつけたくはありませんが)しかも、ただ配信するわけではなく、分かりやすくどう内容を構成していくべきか文章についても私たちが受け取りやすくするには(感情的にならないようにするには)どうすべきか。私は木村先生へのメールですが、木村先生はその逆ですし、相当気を使われるでしょう。それを毎日。しかも他の仕事をしたり、家庭サービスをしたり。これを全てこなすには、やはり自分の心の安定が大切になってくるのでしょう。木村先生のされていることは、不登校対応のために入会しましたが、よりよく生きるための手引きみたいな感じですね。(中略)私はまだしなければならないという勝手な縛りをして自分を責めています。その考えは結局周りにも同じことをしてしまうんでしょう。この考えは、マインド変化を遠ざけてしまいます。染みついたこの生き方は、突然は変わりはしないかもしれませんが長期的に見れば180度変わったねなんてこともありますよね。長男が不登校再発したころの私とは比べものにならないくらい私は泣いていないんですから。なんとなく私が薄い皮を少しづつゆっくりと剥がれて生まれ変わる感じです。木村先生が「ほかの対応では長期的にだんだんと悪くなるけれど、私のサポートを受けている皆さんは長期的にだんだん良くなっていくんです」と言われていましたが本当にその通りだと思います。ひふみ~よのお母さん方も、私はなかなか反省ばかりですけどこんな感じです。諦めないで一緒に生まれ変わりましょう!」



イライラしたり怒らなくなりました。お風呂にも毎日入るようになりました。毎夜、1時~2時に寝ていたのも、「早く寝よう!」とか「もう寝よう!」と言って自分から12時には布団に入るようになりました。」



「こちらは、台風の影響は全くなく朝から学校がありました。娘はとてもテンション低くだらだらと・・・。けれど時間通りに準備をして登校しました。この行動に娘の力を感じました。」



木村さんから届くメールの内容は 嬉しいときも しんどいときも 楽しいときも ツライときも 全部に適応できるように万全な内容で。時々以前読んだ内容がぽろ。ぽろ…。って出てきます。メルマガが届き、読んだその時はわかったつもりでいたり 自分の今とリンクできなかったり あとになってから あぁ…。こういうことかと気づかされます。」



「新しい学年になってから、一度も担任の先生にも会うことも電話に出ることもしなかったのですが、電話なら!と初めて先生とお話ししました。今度は、家庭訪問の際、会う約束もしたみたいです。あんなにも拒絶していたのに、嫌がることもなく、こちらもすんなりと…」



「木村先生から93回目のひふみ~よの配信がありました。夕方庭の草むしりをしながら聞かせて頂きました。ご主人と教習所に通う息子さんのお話を聞いて今の私の対応が明確になりました。本当に助けられます。ありがとうございます。(中略)木村先生のサポートを受けなければ私は新しい自分と出会うこともなく、新しい家族の再生へと向かう事もなかったと思います。これからも引き続きよろしくお願いします。」



「昨日、第93回の音声を受け取り、聴かせていただきました。木村先生の優しさが心に染みわたる、楽しい音声でした。いつもいつも、ありがとうございます。また、全てのお母さん方のメール報告に、感謝いたします。ひふみ~よの皆さん、いつもありがとうございます。(中略)わくわくしながら、トレーニングを続けたいと思います。理想と現実の隔たりは、なかなかに大きいですが…!これからもご指導どうぞよろしくお願いいたします^ - ^。」



「娘に変化が表れました。毎日ではないですが、1~2日おきにはお風呂に入るようになりました。以前は4日、5日でも平気だったことを思うと、目に見える変化です。」



「金曜日、2学期になって初めて登校しました。図書室ですが。前日には、部屋を片付け、掃除をしていました。決して無気力ではない所が嬉しいです。」



「昨日は11月の模試の申し込みもしてしまいました。受けるらしいです。家庭教師も久々で4時間やりました。



「木村さん、第94回音声配信ありがとうございました。聴いているうちに、主人や息子やまわりの人たちへの感謝がわいてきて、(ああ、今回の音声も聴けてよかったなあ)と思いました。(中略)これからも木村さんの通信、音声楽しみにしています。今日もとても楽しい1日になりそうです♪」



「学校で鼓笛を熱心に活動しています。1学期と比べて宿題をすることも増えてきました。2学期は休むことなくみんなと一緒に登校しています。



「息子との会話がかなり増えてきています。時々、今の自分の気持ちを私達に話してくれます。息子が学校へ行く勇気が無くなってしまった一番の原因は、ニキビができてしまい顔全体が赤く、その事をからかわれたのをきっかけに、自信喪失し、色々な事が辛くなってしまったからだ、と言う事や、9月1日から本気で登校しようと思っていた事など…。実は、過去に皮膚科に何度か連れて行きましたが改善されず、(ニキビというものは、直ぐには改善されません.その事は本人もわかっていると思いますが)病院を信用できないと言い、もうどうなってもいいと言い、通う事を中断してしまいました。それが先日、「10月中には学校へ行こうと考えている、だから本気で治したい、皮膚科へ連れて行って欲しい」と、、言ってきました。今まで、何度も通院する事をうながしていましたが、全然聞いてくれず、自分で治すのだと言いはり、拒否されていましたので、自ら行くと決め、言葉に発した事は、大きな前進だと思いました。また息子なりに、何かを考え、結論を出したのだな、と思いました。いい表情をしていましたので、本気なのだなと感じました。親として出来るだけの事は協力して行こうと思っています。」



「私と嫌がらず話します。家庭教師は再開しました。夜のスマホはリビングに置いてます。ご飯も何とか食べてます。お風呂にも入ります。夜は12時過ぎには寝て、朝は起こすと9時前には起きてきます。」



「今、毎日のもあもあが届くことが、私にとってとても楽しみになっています。木村さま、毎日ありがとうございます。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。」



「94回の音声での毎日メール報告をしておられるお母さま、本当に素晴らしいです☆ あんな風に書けばいいんですね!参考になります。ありがとうございます(⌒▽⌒)」



「92回の音声では、私達の理解が進むよう思っていただいた、とても強力なお話をありがとうございます。しばらく毎日毎日聞いていました。テンポよく、快活な感じの木村様のお話しぶりに、私の耳が喜んでいました。永久保存版です。



「木村さんと出会ってサポートをしていただくようになってもう少しで2年になります。2年前の私には今の私の変化は想像できませんでした。私は今の自分が好きです!これからも木村さんを信じてひふみ~よの皆さんと歩んで行きたいと思います。よろしくお願いします。」



今日、担任の先生が家に来てくださり、初めて息子は会うことができました。(中略)自分なりに寝る時間を早め、先生が来られる時間には起きているように調整したみたいです。二時間前には起き、シャワーを浴び、お気に入りの服に着替えていました笑 何も心配しなくても、やいやい言わなくても、自分で決めたことはできるものなんですね。」



「夏休みが終わり、新学期が始まり、始業式と9日に登校しました。



「木村さまのこれら支援活動に対する労力を考えますと、本当に感謝しかありません。ありがとうございます。」



「94回目の音声配信での私への木村様のコメントを聞いていて、パワーがみなぎりました。



「引き続き、主人が優しい言葉をたくさんかけてくれるようになっています。うれしいです。私も、主人に頼ることができるようになったんですよ~ 前は、私が頑張ってるんだから、あなたたちもやるのよって、押し付けていた気がします。上から目線でした。だから、家庭がやすらぐより、ギスギスしてました。これでは、安らいでエネルギー補充できませんよね。主人との関係にしっかり向き合うことができたのは、息子の不登校のおかげです。今では、仕事で忙しいのに、夜ごはんの支度をしてくれたり、台所の掃除をしてくれたり、私を送り迎えしてくれたり、大活躍な主人です。(中略)とてもとてもしあわせで、涙がでています。また、もあもあも、音声配信も楽しみにしています!読んでいただき、ありがとうございます。」



「最近の息子の様子ですが、深夜1時~2時までゲームをしているというのが当たり前の生活が、早ければ10時どんなに遅くても11時~12時にはベットに行くようになり、朝も昼前まで寝ているのが当たり前でしたが、8時~9時ぐらいに起きるようになって来ました。とても大きな変化です。平日の部活には参加しませんが、土日の部活には参加しています。この三連休も部活に参加したり、毎日友達と子供文化センターに卓球をしに行ったり、公園に遊びに行ったり、ごはんを食べに行ったりしています。とても元気です。」



「あれこれ悩みながら、不登校に関するブログを検索しているうちに、木村様のブログが 私のアンテナに引っかかる感覚があり、早速 登録を申し込みました。木村様からのメルマガや音声配信、そして「ひふみ~よ」会員の親御さんからのメッセージを読んだり、聴いたりしていくうちに、私の息子に対する対応が どれだけ間違っていたかに気付かされました。(中略)「毎日」欠かさず届けられるサポートのメッセージは、私の心の癖を直すためにとっても役に立つので、いつも感謝しております。これからもよろしくお願い致します。」



「先日息子の幼稚の時のママ友に会いました。前回会ったのは息子が不登校になって半年ほどの時でした。今から思うとあのときは明るくつとめて不安や焦り落ち込んだ気持ちなどマイナスな部分を押さえ込んでいた感じだったのですが 今は自然な感でバランスが取れているなとおもいました。『木村さまやひふみーよの皆さまのお陰だな』ありがとうございます。(^^)」



「今日、娘は突然、「センター試験」の申込書を夫に渡してきました。娘に申込書の書き方を聞かれた夫は、嬉しそうに教えていました。娘もそれを素直に聞きながら申込書を書いていました。夫は娘との久しぶりの会話に、嬉しさを隠しきれない様子で、聞かれた内容に対して、大事そうに丁寧な言葉で答えていました。(中略)娘は「受験すること」を諦めていなかったのです。(中略)私は正直驚きました。そして改めて、娘のとてつもなく計り知れないほどの勇気と根性に脱帽しました。」



「娘は、驚くほどの変化をみせてくれました。娘は、夕食後から、私たちの部屋にずっと一緒にいます。こうしている今も一緒です(^^)こんなこと、昨年末以来です。



「長男はパソコンで文字のデザインをすることが楽しいと気づきました。(中略)そこから学校へ出席数の為に登校 そして別室で勉強 今年の春には意を決して教室へ。でもやはりしんどくなり数週間また欠席 でも修学旅行へ行く為にまた別室登校を始め、修学旅行にも行きました^ - ^ そこから高校受験を考え悩み。勉強を追いつかなくちゃと塾探し。なんとか長男に合う塾が見つかり、夏休みは毎日通いました。夏休み明けの学校は午前中別室で勉強。午後から塾で勉強。学校には長期欠席者リストというものがあるそうなのですが、長男はそのリストから名前が消えたと先生から言われました^ - ^高校のオープンキャンパスも積極的に参加して。その基準はやはり映像がやりたい!そんな高校に行きたい!と、いう気持ちでした。好きなことを見つけたことって、こんなにも人を強くさせるんだと実感しました。」



「いつもいつも、ありがとうございます。サポートがうまくいかないなぁーと落ち込んだ時、毎日のメールを読んだり、音声を聞いたりすると心が落ち着いてきます。そんな時には特に、木村さんのサポートがあって良かったなぁと思います(^^)」



「実は、私は半年ほど前から娘の不登校に関するブログを書いていまして、そこでサポートについて尋ねてこられた方4~5名に、木村先生のサイトをお伝えし、無料メルマガの登録をお薦めしました。その方々がその後どうされたかまではやり取りはないのですが、もし入会されていたら、嬉しいなあと思っています。(中略)私自身は、ネットを検索していて木村先生のサイトに出会いました。(中略)自分の感覚を信じて、本当に本当に良かったです。



「確認しましたら、7名の方に木村先生を紹介させていただいていました。その中には、同じように不登校ブログを書いておられて、その内容があまりに悲しくて、お子さんもお母さんも辛そうだったので、私からメッセージを送らせてもらった方もいます。いつか木村先生につながってくれたらいいなあと思います。



「最近の息子ですが、お盆明けから補習に参加し、新学期からは学校祭の準備、参加と忙しい毎日を送っていました。



「私が、病院から帰ったら、息子の姿が見えず、カバンもなく、靴もなく、台風が近づく中、学校にいっていました。



「今日は娘の運動会でした。お昼過ぎから雨が降る予報で、午前中に足早にプログラムが組みなおされ残り2種目は持ち越しとなりましたが無事楽しく終わりました。娘の鼓笛の姿はとても自信にあふれていました。



「木村先生に出会いサポートを受け少しずつ私の意識が変わりました。それと比例するかのように息子も元気になってきました。(中略)私は本当に木村先生と出会えたことが人生のターニングポイントだったと心から思います。



木村先生は、私たちにいつも寄り添いながらも、私たちが木村先生に依存しすぎないよう、適度な距離感のサポートを続けてくださっています。ひふみ~よを継続していると、段々と思考が柔らかくなるとともに、心の自立がうながされ、少しずつ自分自身に自信が持ててくる事に気づかされます。そしてそれは、1番に子どもたちに反映されるのでしょうね。。」



「昨日、今日と朝ごはんを隣同士で、食べることができました。笑顔もどんどん増えています。



「10月1日から通信高校に転入します。次女は、決断をしました。6月から学校に行けずに生気の無い顔をしていた次女が今、段々と元気を取り戻し自ら動き出しました。



「朝6時から午後3時までの勤務や連続の勤務、そして体調不良の時でも、インフルエンザ以外は出勤しました。昨日も微熱がありましたが、最後だし休むわけにはいかないと言って出発しました。(中略)予備校の自宅学習はムラがありますが続けていますし、今度の英検2級という高いハードルにもチャレンジします。



「息子からは、最近は、ほとんど連絡が来ません(涙) ^_^(中略)日本では、出かける予定がないと、昼夜逆転が多かったのですが、早起きして、登校しているようです。



「早い時期に木村さんのブログと出会って、ひふみ~よに入会できたお陰で、私達親と娘との関係はそれほど悪化せずに済みましたし、娘自身にもアルバイトを続けるエネルギーや、友達と会う力もちゃんと残しておくことができたのだと思います。本当に運がよかったんだと思います(*^^*)今月上旬に高校の前期試験があり、無事十数科目の単位を取れ、卒業のめどが立ちました。



「毎日よく頑張っています!毎日欠かさず 午前は学校の別室で勉強 午後からは塾で勉強。朝も早くに起きる!と、毎晩言い 6時に声をかけると遅くても6時半には起きます^ - ^ そこから英語の勉強や数学の勉強をしたり。朝勉です!ほんと。別人のよう。



「昨夜、息子はしっかり寝て、今朝起きて、ご飯を食べ、学校へ出かけていきました。(中略)支度する息子は、以前毎日学校にいっていた息子、そのものでした。落ち着いています。」



「今は、家族で外食をするようになりました。いつも睨みつけていた怖い顔だったけれど、私に笑顔で話してくれます。私に甘えてくれるようになりました。御飯まだって聞いて、食欲もだいぶ戻りつつあります。友達と関わることも出てきました。来週は毎年恒例の我が家で部活の友達皆がBBQをしてお泊り会もします。諦めていた、家族旅行もできました。海は泳がないからなんて言っていたのに、2日間連続で海水浴をしました。(中略)こうして少しづつ変化してきたのは、入会をして皆さんに出会い心のごみを少しづつ取り除いてきたからだと思います。今まで当たり前のことが当たり前でなくなりそしてまたそれが、日常の一部ともどった時、それが幸せだといつまでも感じ感謝することが続けられるように、心のごみを私は意識して取り除いて本当の脱出へと向かいたいと思います。」



「娘の近況ですが、日に日に少しずつですが、私たちとの距離が縮まってきている気がします。私たちの話しかけに答えてくれるようになりましたし、ごくごくまれにですが、笑顔を見せてくれるようにもなりました。本当に本当に嬉しいことですね。」



「誠心誠意サポートして下さっている事を知り、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。木村先生のお顔も知りませんが、不思議な事にとても安心感があります。(中略)長男が今、部活の合宿に行っているのですが、合宿の二日前ぐらいに「俺、最近全然お墓参りに行けていないから一人で行ってくるわ」と、電車に乗りお墓参りに行きました。私は、自分の息子ながらとても感心しました。なかなかこの年で自分からお墓に手を合わせに行こう!なんて思うかな…と考えたからです。息子のこういう素晴らしい姿に今まであまり気づいてあげられていませんでした。いや、もしかしたら私がそういう息子の素晴らしい部分を押さえつけて消してしまっていたのかもしれません。私の子育て全てが間違いではなかったのかもしれないと思わせてもらったうれしい出来事でした。」



みんなが遊びに来ている中 塾を予定どおり通っている長男。今日は午後2時から6時まで。本当、よく頑張っています。昨日、月謝を払いに行ったところ代表の先生に よく頑張っています! と、お褒めの言葉を頂きました^ - ^朝から塾に通ってるのは高校入学の練習だと言う長男。そのことを先生に話すと 自分でそう言うんですか?すごいですね! と、これまた褒めて頂きました^ - ^」



「先日次男が受けた数検2級。消しゴムなくして思うようにできなかったようですが、無事合格しました^ - ^やった~!!」



木村さまの素敵なお話と、会員の皆さまのメールに癒されたり、感心させられたり、感動させられたり、考えさせられたり。沢山の情報と気付きを届けてくださる木村さま、そして会員の皆さまにはいつも感謝しております。有難うございます」



「息子との会話。前は、ほとんど返事がなかったのですが、最近自然な会話ができています。お手伝いの量がふえて、助かるのでありがとうをたくさんいう機会がふえています。」



「娘にとってこの夏休みは、塾の夏期講習の日々でした。平日の週3~4日、午前中70分授業を2コマ受けています。(中略)娘は遅刻はしながらも、ちゃんと予定通り時間割をこなしました。振り替えたのは今のところ1回だけです。これには私もびっくりです。娘の力を感じました。先生や同じ時間帯の塾生とのおしゃべりも楽しかったようで、新しい体験になったと思います。(中略)もう一つ、娘の力を感じることがありました。高校の見学会・説明会等に積極的に参加したことです。(中略)娘は今のところ予定した説明会には全部参加しています。これにも私は密かに驚いています。」



「お腹が痛いからと夏休み中の登校予定に行けなかった次男は、その次の登校予定には、初めてひとりで行く事が出来ました。凄い集中力で三時間勉強したと担任の先生から報告がありました。



19日から始まった高校の夏期講習会にも、参加し進んでいます。



通信制大学の入学手続きを出し前進しています。この学校の入学説明会に付いて来てほしいと言われたので私も聴きに行ってきました。とても丁寧で素晴らしい学校でした。この子がここを選んでほんとうに良かったと思いました。」



娘が専門学校のAO入試を決め、内定をいただきました。学校の授業は午前中だけで、午後からは店舗での実習をするタイプの2年制の専門学校です。」


「第100回ひふみーよありがとうございました。そしておめでとうございます。ここまで継続して下さり木村様が不登校の親の光になって下さった事、そして会員の皆様にも感謝致します。音声を聴いてもっともっと深く行動したいと思いました。」



「いつも メルマガや音声配信を届けて頂き、ありがとうございます。そして、第100回の音声配信、おめでとうございます。音声配信が継続されている時期に「ひふみ~よ」会員になれた私は、とても運が良かったです。(中略)不登校の子どもたち、その親御さんたちに明るく幸せな未来を迎えて欲しい、という木村先生からの愛が伝わってくる音声配信でした。感謝です(*^^*)」



「先生が、100回も音声配信を続けてこられたこと、そして、ひふみ~よの先輩方がメール報告を続け、音声を聴いてこられたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。(中略)お送りいただいた過去の音声で、あるお母さんが、木村先生のことを神様とおっしゃっていましたが、私も同感です。実は私もそう思っていました。神様というより、木村先生は本当は実在しないんじゃないか・・・という感覚ですが(笑)変なこと言ってすいません。それでは、101回目もとても楽しみにしています。」



「先日は音声配信ありがとうございました。100回記念おめでとうございます!私にとって継続するということはとても難しい事なので本当に木村さんは凄いです。木村さんが続けて下さっていたから半年前、次男の不登校に悩み必死にネットを検索して木村さんにたどり着けたんですよね。本当に感謝です。ありがとうございます。今、毎日のメルガマと音声配信を頂いて皆さんと繋がっていることにとても励まされています。これからの"ひふみ~よ"がとても楽しみです。」



「第100回の音声配信をありがとうございました。記念すべき100回の音声配信を拝聴する事が出来た事、この時期に会員でいられた事に感謝いたします。本当にありがとうございました。これからも、どうか宜しくお願いいたします。」



「100回目の配信ありがとうございます。私ももうすぐ100回目になるなぁとこの継続された先生のマインドは本当に素晴らしいなぁと感じています。(中略)木村先生にもイレギュラーな出来事もあったでしょう。でも先生はこうして何事もないようにこなしていらっしゃるので本当に素晴らしいなぁと思います。(中略)これからも木村先生の配信を楽しく聞き生活に生かしていきたいと思います。



「木村様いつもサポート有り難うございます。100回記念ひふみ~よをお届け頂き有り難うございます。おめでとうございます!100という数字は何だか本当に特別な力があるようですね。数字だけの話で、自分が何かしたわけでもないのにワクワクします。私には、木村様と私達の繋がりの積み重ねの糸の束のように思えます(^^)もちろん数字ではなく一回一回のひふみ~よ音声がとても大切でありがたい内容なのですが・・・言葉や数字の持つ力って、本当に不思議ですね(中略)何はともあれ100回!木村様、凄いなあと思います。これからも、未熟な私を導いて下さい。ひふみ~よの会員の皆様、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m」



「木村様 いつもありがとうございます。音声配信、100回達成おめでとうございます。だから心に染み入り そして心が暖かくなり、心が安定していくんだ。と感謝の気持ちで一杯です。」



「ひふみ~よ音声配信第100回おめでとうございます(^^)いつもいつもありがとうございます。(中略)息子が不登校になったからこそ木村様と出会えたこと。その出会いに感謝でいっぱいです(^^)(不登校になるもっと前から木村様に出会えてたら…と思う気持ちもありますが(笑))そしてなにより、続けてきてくださってありがとうございます。これからもよろしくお願い致します(^^)」



「先程、第100回の音声配信を聞き終わりました。感動、感謝の気持ちでいっぱいです。涙が出ました。本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします」



「昨日は第100回音声配信をありがとうございました。100回って特別ですよね。なんかすごい力を感じます。継続する力は威大です。今までの温かいサポートに感謝です。また、今後もよろしくお願いいたします。」



「音声配信100回、おめでとうございます!そして、私達会員のために100回もの音声を休むことなく配信していただき、本当にありがとうございます。100回目を拝聴してこの不登校サポートのために、木村先生が心血を注ぎ、時間を注ぎ、情熱を注ぎ、時には身を削る思いで、私達のために活動して下さっている、ということをあらためて感じ、感動し、感謝でいっぱいになりました。ほんとうに、本当にありがとうございます。それでも、この偉業が私達会員のおかげ、と言ってくださりその中に私もいるんだと思うことができて、本当に嬉しいです。木村先生が、私にそのように思わせて下さる言葉で語って下さったこと、そのお気持ちにも感謝しています。(中略)音声配信、101回目からの変化をとても楽しみにしています。私も私自身を変えていくことに取り組みつつ、会員の皆様と一緒に木村先生のこの活動をより素晴らしいものにするお手伝いができればと思います。これからもよろしくお願いします!」



「第100回の音声配信を聴かせていただきました。受信メールのリストの中に、ひふみ~よ会員限定音声配信【第100回】の、“100”という数字を見つけた時には、「いよいよ来たぁー(°▽°)」と思いました…!イヤホンを着け、ノートとペンを用意して、ちょっとドキドキしながらあらたまって 笑 スタンバイして。その内容は…ありがたくて、ありがたくて、ありがたくて…。最後は、涙です。このお話を、ちゃんと役立てていかれるよう、わたし自身、なんとか少しずつでも、成長していきます。木村先生、第100回を、心よりお喜び申し上げます。今までの、一回一回のご努力に、深く感謝いたします。これからもどうぞご健康で、いつまでもいつまでもしあわせでいらしてください。第101回目からの音声配信。ワクワクしながら、真っさらな気持ちで、聴かせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします…!」



「息子が学校に行きだしてから1週間がたちました。(中略)週末は県模試があり、遅刻せずに受けに行ったので、息子が自分で考えて行動してる事を見守る事は大事なんだなと思いました。息子が明るい未来に向かって一歩づつ進んでいけるようにサポートしていこうと思います。」



「娘は、先週は月、火と2日図書室登校しました。(中略)今週は、月曜日に登校しました。



「教授からのパワハラだけでなく、まわりの学生からもいじめを受けていたと知り、本当に驚くとともに、よく生きてくれたと感謝でいっぱいになりました。そのあと、すんなり学校に行けなくて、結果休学になりましたが、彼にとって必要な時間だったのだなあと思いました。最近また、学校に行くようになりましたが、どんなに勇気がいっただろうと息子を誇りに思います。」



先日から転入先の学校へ通い始めました。(中略)今後も木村様の焦らないと言う言葉を忘れずに次女が自ら動く事が出来る様に自分のマインド変化を心掛け、笑顔でサポートして行きたいと思います。」



「「私決めた。生きる。学校少しづつ慣れていく。まずは放課後学校行く」と笑顔で伝えてきました。(中略)翌日から、娘を連れて放課後登校しています。



「金曜日は自ら「放課後行く。先生と修学旅行の話をする」と言って学校へ行きました。昨日は子供会の行事も参加し、久しぶりに近所の友達とボウリングをしてきました。」



「明日は、転学先の通信制高校の面接を受けに行く予定です。(中略)娘は、転学を決めてから、以前と比較にならないくらい、私たちと話をしてくれるようになりました。(中略)娘は、耐え難い不安や恐怖、いろんな思いを抱えた状態で、転学を決断し、必死に前に進もうと努力しています。そんな娘の姿を見ていたら、本当にえらい!根性あるなあと感心し、そんな娘をとても誇らしく思いました。(中略)そして、私はこれからも、娘を信じて、娘についていこうと決意をあらたにしました。」



「子供は高校生の息子ですが、昨日中間テストが終わった所です。(中略)近頃、機嫌よく、喋るようになりました。それだけでもすごい効果です。笑顔で話しができるのが嬉しくて^o^」



「今週、小6娘は遅刻が一度ありましたが、休まず毎日学校に行く事が出来ました。



「今でもなかなか宿題をしませんが、しなくても平気で学校へ行くようになりました。(中略)最近は、「熱があっても学校へ行く!」と、病院へ行ってから登校した時もありました。」



「今週はじめて、3日すべて登校しました。今日は、手出し口出しゼロで送り出せました!好きな音楽を聴きながら、(手は出さない、息子にまかせる)と気持ちを整え、笑顔で「いってらっしゃい」をしました♪」



「来週ある文化祭の準備が本格的になり、やりたくない事を我慢してやっているからストレスがたまる、と怒りながら帰宅することもたまにあります。それでも朝は起きて学校へは行き、友達とご飯を食べて帰ってきたりと、波はありますが自分のペースで前へ進んでいると思います。」



「週に一度ぐらい休む日がありますが、頑張って登校出来ています。



スクーリングに行って来ました。あまり行きたくない様子でしたが、参加したら、楽しかったようです。(中略)木村様が、号泣されるくらいお辛い事がお有りなのに、優しく温かく語りかけて下さっていたなんて…、とても驚きました。そして、そこから気持ちを落ち着けて、あんなに優しい素敵なお話をして頂けている事に感動しました」



「息子は、遅刻したり休んだりしながらも学校に行っています。私の気持ちも随分と落ちついてきました。そうすると、前の私に戻ろうとしてしまうんですね。もあもあよくなるやひふみ~よを毎日見ながら、ダメだよって自分に言っています」



「息子(高1)は、通信制の高校に転校することに決め、普通高校にはもう在籍しておりません。(中略)息子はバイトができると喜んでました。(中略)前からやりたがってましたので、これからは、前向きに進めると信じています。」



「ようやく木村先生のページにたどり着きました。 なぜ今まで知らなかったのか残念でたまりませんが、これから最大限生かしていきたいです。」



「高校3年生の息子は、卒業後専門学校に進学したいと言うことで、今まで欠席して取得できていない単位を取得するためのレポートを頑張り始めました。登校は遅刻早退ばかりですが、定期券も購入しました。自ら登校の意志を持ったのだと思います。」



「木村様、いつもいつも本当に有難うございます。私が諦めないでいられるのも木村様のお陰です。



土曜日に受験終了しました!国数英のテストと面接。(中略)なんにしても無事、立派に受験できて素晴らしい!これから入学までの時間の過ごし方を話し合う予定です^ - ^」



「息子、昨日、今日と自分から動き出しています。昨日は、洗濯物を自分から入れておいてくれました。今日は、話しかけてきて、会話が広がりました。(いつもながら、食べ物の話です)笑 受け身だった息子の変化。パワーを感じうれしくなりました。(中略)最近、主人がよく「ありがとう」を伝えてくれるので「うれしい~」と言ったら、「なるべく、ありがとうを伝えるようにしてるんだ~」と言ってました。主人も変化しているんです。素晴らしいなあと思いました。」



「いつも音声配信、メルマガを送っていただき本当にありがとうございます!毎日、聞いていても、ハッと気づくことがあります。そして、聞いていると、少しずつ気持ちが落ち着いてきます。」



「最近の息子は、友達の家に泊まりに行ったり、高校の説明会に行き、体験授業も参加したりと、少しずつ気持ちが外へ向かってきているような気がします。」



「私は 中学三年生の息子が 不登校になって、木村先生のサポートに出会いました。サポートを受けるようになってから、息子にも小さな変化が現れてきました。『 良くなってきたなぁ 』と感じられる変化は、・顔の表情が 明るくなって、笑ったり、鼻歌が出てくるようになったこと。・ 食事の時に、「 いただきます 」「 ごちそうさま 」と挨拶して、料理を食べながら「 美味いね 」( 息子が食べて 美味しいと感じた時は、ですが・笑)と言ってくれること。・歯みがきや入浴は、私から声を掛けなくても、自分から進んで出来るようになってきたこと。・家で飼っている室内犬を、時々息子が一人で お風呂に入れてくれるようになったこと。…などです。約一年前頃から不登校が始まった 当時の息子は、顔の表情が とても暗く、自暴自棄になって、刃物で自分の体を傷つけることさえ ありました。心の中は、私の想像以上に傷だらけでボロボロだったと思います。その息子が、少しずつ元気を取り戻し、出来るようになったことが少しずつ増えてきていることを振り返っていくと、心の中が じんわりと温かい感じになり、『 良くなってきてるんだなぁ~、ありがとう』という気持ちが湧いてきます。(中略)去年の今頃は 生きる希望を失いかけていた息子が、今も こうして生きていること、明るく過ごせていることに感謝する気持ちと、生きてさえいれば、これからの未来をつくっていける。という気持ちになりました。木村先生や、ひふみ~よ会員の皆様には、いろいろな話しで 私の思考をほぐして頂き、気付きや感動を与えて頂いて、本当にありがとうございます。」



「息子なのですが、少し動き出しそうなかんじなのです。先日私の側に来て「そろそろ学校に行こうかな」と言いましたし、担任からの電話にも行こうかと思っていると答えたそうです、留年のリミットも期末テストまでとなっていますので息子なりに考えているのかと毎日の様子から感じます。」



「娘は社会で現代社会を選択しています。夏休みはしっかりやっていたのみで殆ど勉強していないのに、程々の点数を取ってる娘。これって不登校の産物とでも言うのでしょうか、家に居る時間が多くニュースを欠かさず見ている娘なので自然と頭にはいってるんですね。アニメも好きですが、ニュースは欠かさず見ています。朝の情報番組も見ますが、結構詳しく解説があったりして、教科書で学ぶよりよっぽど分かり易いらしいです。」



「いつも、いつもありがとうございます。第100回の音声配信聞かせていただきました。ほんと、続けるってすごいですね。100回という数字は、私ももうすぐだなぁと意識していました。1、2ヶ月遅れて聞いていた音声配信(すいません)を、100回に合わせて週にまとめて聞いて、無事にリアルタイムで100回音声を聞くことができました(^^)木村さんの「こんな話をしてくれる人がいたなら、人生が違っていたかなぁと思ったりもする」と言うお話は、思わず涙が出てせつなくなりました。木村さんに共感した涙なのか、息子とだぶってせつなくなった涙なのか。苦しい告白をしていただき、ほんとうに、ありがとうございます。でも、そんな一面を見てしまうと、キュンとしちゃいますよね(^^)また、私も新たな気持ちでがんばろうと思えました。」



「昨日は「ごめんね」と「ありがとう」を長男の口から何度か聴きました。何に対してだったかは忘れましたが、長男の前進を感じた瞬間でした。



「木村さんから頂いたメール。先生が全力でサポートしてくれる方法、とても参考になりました。



「祭日の今日もTSUTAYAにDVDを借りに行った帰りに、息子から「ドライブして帰ろうよ」と。ドライブスルーに寄って、よい天気だし久しぶりに明るい時間に息子と出かけれてとっても楽しかったです。(中略)これがほんの少しでも前に進んでいるのならありがたいです。木村さま、沢山のお母様のおかげだと思っております。」



「「ひふみ~よ」第100回をありがとうございます。100回を聴かせて頂けた事を嬉しく思います。木村様の愛情に本当に感謝しております。「ひふみ~よ」から受け取らせて頂く木村様の愛、皆様との心の繋がりを得られた事で、どれだけ癒され、勇気付けられ、成長させて頂いているのか、表現できませんが、感謝の気持ちでいっぱいです!これからも、パワーアップされ続ける「ひふみ~よ」が楽しみです。(中略)毎日の「もあもあよくなる」、「ひふみ~よ」の繰り返し、積み重ねを続けさせて頂ける事が本当に有り難く、継続して下さる木村様に、感謝の気持ちでいつも嬉しくなります。」



「遅ればせながら、第100回音声配信おめでとうございます。100回もこんな事が続けられるなんて、すごい事ですね。やはりこれは、神技としか思えません。こんなすごい事をやってのける木村様と、貴重な体験を教えて下さるひふみーよ会員の皆様がいれば、こんな未熟な私でも明るい未来に向かっていけるかもとなんだか心が明るくなります。



「今日は音声配信を送っていただきありがとうございます。もあもあよくなるも私が送ったメールに返信して下さる内容で感謝しております。(中略)少しづつ少しづつ話してくれる事も多くなり、リビングにいる時間、私の作るごはんも食べてくれる時も増えてきました。今は息子がどう変わって行ってくれるのか楽しみになってきました。木村さまのご指導のもと、私の変化も楽しんで進んでいけたらと思っています。ありがとうございます。」



「メルマガ&初期対応の音声による変化をすごく感じています。自分の心に響く言葉ばかりなのに娘が小1ということでまだ迷いがありましたが、先日の親御さんの声の中に小2のお子さんの親御さんのコメントを発見して、このままサポートを受けたいと思いました!もあもあよくなるもなぜかタイムリーな話題で届いていて驚く毎日です!サポートを受けるのが楽しみなくらいです。」



「時の流れとともに、子どもが好転し、木村先生のサポートのすごさを実感することができています。(中略)本日、《ひふみ~よを最大限活用していただくために》のpdfを受け取らせていただきました。ありがとうございます…!子どもが不登校を脱出した後が本番、との文章が一番印象に残りました。不完全な私だけれど、、これからも、若干ゆるい感じで!笑 学びを続けて参ります。木村先生、いつもいつも、ありがとうございます…」



「今日は先週に受けた公募推薦の発表がありました。受かってるとは思っていないので、ホームページで確認する事もしませんでした。なにせこの近辺の私立の看護大学ではレベルは格段に高く、10人の定員に150人近くが受験したところです。ダメ元で練習のつもりで受けました。実際に受かる事はできませんでしたが、補欠合格に入りました。補欠合格?まさかの補欠合格。橋にも棒にもかからないと誰もが思っていたのに、これにはびっくりです。(補欠合格に入らない人が120人はいると言うのに、娘は150人中の20番以内に入っている事になります)辞退者が出ると繰り上げで合格ですが、10人のうちの何人が辞退するかは謎です。多分そんなに多くないと思われます。(辞退者は出ないかもしれません)しかし本人はそれでも信じられなくて、まさかまさかそこまではいってるとは思わず、逆に怖いね~なんて言ってます。そうです、娘は少し自信が付いた様です。自分はそこまで出来ない訳ではない。もしかしたら頑張ればできるかも?『来週の試験頑張ってみる』と言ってます。」



「木村先生、いつもお世話になっております。そして、100回を超える音声を発信し続けてこられた木村先生に本当に感謝しています。そうでなければ、私は木村先生や会員の皆さんに出会えてなかったからです。毎日、木村先生と皆さんの声に自然とうなづいて聴いていたり、「そうだそうだ!自分はそういうことがまだまだ出来ていないんだな」と気付かされたり、時には「そういう事、私も思ってた」なんて事も。いろんな人と繋がっている喜びを感じられて、勇気も湧いて来ます。本当にありがとうございます」



「先日は、第101回目の音声配信を届けてくださり、本当にありがとうございました。101回目のひふみ~よ、すごくすごく、良かったです(*≧∀≦*)!迷いなくアップテンポにお話される木村先生の声が、どんどん心に入ってきました。お母さん方からのメール報告にも、学びとなるキーワードが沢山たくさんありました。(中略)今、子どもたちのステージが、どんどん変化しているのを感じます。上がったり、時に悩んで下がったり。一時的に下がったかに見えても、やっぱり、ぐんぐん、成長しています。」



「101回音声配信は新しいステージの始まりでしたね。内容がとても濃いものばかりでした。(中略)娘は昨日面接の練習の為に学校に行って、今日はレポートを出す日なので行くと言って行きました。(中略)音声配信を聞くとパワーがどんどん充電されて行くのを感じています。今日も良い1日になりますね(^^)」



「娘は予備校ではもう3年生らしく、今までやっていなかった分を必死で勉強しています。昼過ぎまで寝て、夜中に勉強しています。」



「本日は、【もあもあよくなる】の1週間分のまとめをお送りくださり、ありがとうございました。今週のもあもあは、親が変化することによって子どもも変化する過程について詳しく解説してくださっていて、とてもわかりやすかったです。というのも、次女の言動にタイミング良く同じ傾向が起きて、少し驚くとともに、納得できたのです。(中略)数日前の事。次女:「お母さんて、何で毎日こんなに元気なの?」私:「そう?お母さん元気かな…?」次女:「うん。前は今みたいにお母さんに色んなこと相談したいと思わなかった。今の方がいいよ。お母さんが元気だと嬉しいよ。何でお母さんは変わったの?」…と言われました(・∀・)。(中略)次女には、気持ちに余裕が出てきて現状に沢山の幸せをを感じ、子どもたちへの欲が減ってきている今の私が、おおらかに見えたのだなぁと。それによって、彼女の気持ちも楽になったのかなぁ…と思いました。【もあもあよくなる】からの気づき、日々いただいています!本当にありがとうございます」



「最近、息子はとても機嫌がよく、よく話しもしてくれます。昼夜逆転もすっかりなおり夜は12時までには寝ることにしてるねん。と言いながら、私の横で寝ます。」



「メルマガ、初期対応、を経て今回ひふみ~よ会員としてお世話になっているのですが、今、最初に頂いた、80回、92回、98回、初回、デモまで聞いたのですが…思い当たることばかりで、お見通しなのがすごくて、グサグサくることばかりで…。(中略)木村さんの音声を聞いて思ったのは、私が小手先の対応をしてきたのだということです。(中略)いつもすばらしいタイミングでもあもあよくなるが配信されてきます。なんでそんなにお見通しなのかと冷や汗をかきながらも楽しみにしています。ありがとうございます。」



「昨日は103回目の音声配信、『ひふみ~よを最大限活用するために』のレポートを届けていただきましてありがとうございます。会員の皆さんがおっしゃるとおり100回以降の音声配信はますますパワーアップしている事を感じます。私にまた違った角度から語りかけてくれて、『気づき』を与えてくれて、『癒し』も与えてくれています。冒頭のお話は私へのメッセージのように感じました。無理をせず、諦めないで進もうと思います。そして、『ひふみ~よを最大限活用するために』のレポートは会員歴の長い私にとっては「おさらい」というよりは「新鮮な気持ち」を運んで来てくれました。ありがとうございます」



月曜日のもあもあよくなるは、今の私にとってとても参考になる内容でした。どうあがいても上手くいかない時のお話です。木村様のおかげで、いくつかの気づきが書く事によってわかり、確認できました。本当にありがとうございます(^^)102回目の音声届きました。又後でじっくり聴かせて頂きます。いつも本当にありがとうございます(^^)」



「いつも気づきをありがとうございます。(中略)100回以上もの音声配信をされている木村様に本当に感謝いたします。ありがとうございます。気持ちを込めて色々なメッセージを込めていただいているなんて、とても幸せな気分です。(中略)娘は最近、小さい頃の友達と気があうようで、様々なところに買い物やコンサートに出かけています。今日は家にきて、コンサートで使うものの作り方を教えてもらうそうです。これからおやつと飲み物を買って帰ります。」



「第102回音声配信拝聴しました。やはり100回以降はパワーが凝縮されてきている気がします。どのメール報告もすごい!素晴らしい!と感嘆してしまう内容です。特に親御さんについて書かれたお父さんのメールは感動して涙が出てきました。お互いを思い合うお二人のお気持ちが心にしみてくるようでした。メール報告して下さる会員の皆様、本当にありがとうございます。」



「今日も、「もあもあよくなる」や「ひふみ~よの音声配信」から、気づきと実践の勇気をいただいています。ありがとうございます。(中略)最近は、昼夜逆転でなくなった息子と、朝から気持ちのいい時間を過ごしています。(中略)いつも、読んでくださりありがとうございます。毎日の力って、本当にすごいなあ、と感動しています。」



「みんなと同じように休まず学校に行けるようにしたい。早退してもいいから、一週間の中で一日も休まないで行けるようになりたいし、中学生になるまでには毎日普通に行けるようになるのが目標。覚悟を決めてやるから私。と娘は言いました。娘の口から「覚悟」と言う言葉が出てきて、この子は、また一歩前に進めたんだなぁと思えました。『お母さんに何か出来る事はある?』と聞くと「どうしていけばいいか話し合いたいし、話を聴いてほしい。アドバイスもしてもらいたい」と言われました。」



今日も娘は学校に行ってます。レポート等が溜まらない様に、予定を立てて行ってる様です。」



「私がひふみ~よ・もあもあよくなるで感じたことを実践できたから(まだまだの所は、沢山ありますが)でしょうか、今年になり俺たちが仲良くしなければ子供達の状態が余計におかしくなる…と自分から言いだし夫の態度が変わりました。(中略)昨日のメルマガは、しみじみ感じました。」



「木村先生、「ひふみ~よ」で音声配信を確立して下さり、毎回穏やかに、でも力強く 聴いている人の心に響くメッセージや、親御さんからのメール報告を紹介して頂いて、ありがとうございます。以前の音声配信で、木村先生が 不登校の子ども達のことを、「 他人とは思えない 」と仰っていましたが、木村先生自身が、不登校の時期を経験されたからこそ、不登校の子ども達と、その家族が幸せになれるように、親身な想いや、愛情がいっぱい詰まったサポートになっているのでしょうね(*^_^*)102回の音声配信で、親御さんが、ご自身とお父様との関係について書かれていたメール報告を聴いていて、親御さんや、親御さんのお父様が、家族を大切に想う気持ちが伝わってきました。素敵だなぁ、と感じ、私も気持ちがほっこりと温かくなるのを感じました。そして、木村先生が仰っていましたように〝 言葉 〟の持つ力を改めて感じさせられました。(中略)木村先生と「 ひふみ~よ 」会員の皆様には いつも感謝しています(*^_^*)これからも よろしくお願いします。」



「ひふみ~よ会員限定音声配信【DEMO】、【第1回】、【第80回 ‐不登校対応の根幹‐】を聞かせていただきました。もっと早くひふみ~よに申し込めばよかったと、そればかり思っています。私は7月に、不登校初期対応を購読させていただいていたのですが、やはり音声で聞くのと聞かないのでは天と地の差です。でも、それを後悔しても仕方ないので、これからゆっくりとがんばりたいと思います。木村さんの音声を聞いていて、これからの不登校対応が楽しみになってきました。がんばります。これからもよろしくお願いいたします。」



昨日試験を受けて、今日も試験を受けてます。(中略)今日は試験の後、学校に寄って帰って来ると言ってました。(試験会場が学校の近くなんです)明日、学校が休みなので、友達に会っておかないと死んでしまうらしいです。いっぱい話す事があるらしいです(^^)」



「いつも、あたたかく、そして時には背中を押してくださるようなサポートありがとうございます。最新の音声配信、やはり、パワーアップしていて、すばらしかったです。おとうさまからのメール報告や、涙を流しながらも精一杯前向きに進んでいらっしゃるおかあさまの報告。そして、共感あふれる木村さんのコメント。他のひふみ~よの会員のみなさまのご報告も含めて聴いたあと、何がきっかけだったかわかりませんが、涙があふれでました。あたたかいものが泉のように広がって、私の心が癒されたのかもしれません。会員のみなさまにも、本当に感謝です。勇気をいっぱいいただきました。(中略)息子、夜ぐっすりねて、大学へ行っています。



「10月初めに自動車免許取得しました。(中略)免許取得後は友達を車に乗せて本屋さんまで行ったり、文房具を買いたいと言う妹を近くのショッピングセンターまで乗せて行ったり、私に「食器洗剤やシャンプーなどが安売りしているから買って帰ろうか」とLINEしてきたりと…新しい経験が増えていました。とてもうれしかった事は私と夫が食事に行く時送ってくれた事でした。帰りまで迎えに行こうかとLINEをくれたりして…これまでにない事でした。」



ひふみ~よ活用の流れとポイント、再発リスクなしの不登校脱出までの流れとポイントなどをまとめたファイルをありがとうございました。日々お忙しい中、活用方法やポイントをまとめて配信して頂き本当に感謝しております。ひふみ~よの皆さんの事を本当に考えられていることありがたく感じました。こんなに手間暇かけて色々として頂くのだから、立派に成長しなくては(笑)印刷をしてすぐに読めるように致しました。」



「先日送信していただいた、不登校対応最強サポート、“【ひふみ~よ】を最大限活用するために!”早速読ませていただきました。適度な長さで、内容も理解しやすくて読みやすかったです。今更ながら、“そうだったのか!”と自分の向かっている方向を再認識させれられました(o゜▽゜o)」



今の私は、入会時とは比べものにならないくらい、毎日を楽しく過ごせています。息子の不登校をあんなに悩んでいたのも信じられないくらいです。(中略)こうなれたのも、本当に本当に先生のおかげです。」



「ひふみ~よに入会させていただき、103回、104回の音声をいただきました。通勤での車の中、お風呂の中、寝る前の布団の中と、木村さんの音声を必ず聞いています。暖かい声での木村さんの音声は、落ち込みがちな気持ちを一気に前向きにしてくださいます。



「毎日のもあもあよくなるに加え、ひふみ~よを最大限活用するためのレポート、もあもあよくなるのバックナンバー、そして昨日、第104回音声配信をありがとうございます。(中略)レポートは本当にわかりやすい内容で、もあもあよくなるや音声に毎日触れていてもできてないことも多く、それができればこういう改善になるんだ!という発見があったりで、頭の中が整理されます。」



最初に聴いた時、号泣してしまいました。ただただ木村さんに、他の会員の方に私の気持ちを聴いてもらえたことが嬉しかったというか…傾聴してもらうことはこんなにも心揺さぶられることなんですね」



ひふみ~よ、もあもあよくなる、さらなるパワーアップ感じております。木村さんご自身が大きく大きく変化しているからなのでしょうが・・・。だからといって手の届かない存在かと思えば、私達とは変わらない感情を持っていてとても近い存在に感じたり、なんだか不思議でひきつけられる魅力をた~っぷりと持たれた方だといつも思っています」



「息子は自分で進学したい学校(単位制の全日コース)を決めてからは、寝る時間を少しずつずらして行き、最近は早寝早起きの毎日を過ごしています。推薦入試で受験するため、今日はその話を詰めるために8ヶ月ぶりに学校へ一緒に行きました。」



「高校3年生の息子は、授業を選んで毎日出席しています。全て本人が決めていることなので、見守っています。」



「息子がますますパワーアップしてきて、今朝も大学に行きました。



「今週から娘が5時間目のみですが登校を始めました。(中略)娘をきっかけに木村さんとこのひふみ~よの会員の方々と出会えたことに感謝です!木村さんのサイトにたどり着いた自分のアンテナを褒めてあげちゃいます!サポートに申し込んだのも私の決断だった!!素晴らしい判断!!本当にこのことは最高に良かったです(*´ω`*)」



「2週間ほど前から、部活から登校スタートすると宣言しておりました。それから、昼夜逆転生活をなんとかしようと朝7時に起こしてほしいとお願いされ、何度か声をかけていますが7時30分までには起きてくるようになりました。そして部活からの参加が始まりました。学校に向かう前は不安から腹痛があったりしましたが、私がびっくりするくらい、車から降りてそうそうと校舎の中へ入りました。「帰りは友達と帰るから迎えは要らない」その言葉通り帰りは楽しそうに友達と帰宅してきました。



「高1長男、昨日と今日と主人に車で送ってもらい、学校に行けました。「すごい勇気を振り絞って行ったんだね、お疲れ様」と声をかけると「まあね、教室に入るまでがヤバかったけど、教室に入ったら友達と普通に楽しく話せてよかったよ!」と言っていました。まだまだどうなるのか、どうしていくのか、それは本人の事でわかりませんが、よく話を聴いてあげ息子を信じようと思います。」



「塾には休まず行っています。先日の中間テストは別室受験をし、主要3教科はどれも平均点を上回るほど頑張りました。



「留学中の長女は、明日から四泊五日で、山にキャンプに行くとの事。現地のお友達に色々と借りて、荷物も整ったよう。「生きて帰ってくるようがんばりまーす」と、おどけ気味のLINEがありました。「行ってらっしゃい」「おかえりなさい」と、自宅からその姿を送り出せない寂しさとともに、異国でこんなに元気に生活できていることへの、言い表せないほどの感謝を抱いています。木村先生、いつもいつも、ご指導ありがとうございます」



「今日は珍しく朝1番に学校に行きました。こんな日もありますよ(^^)帰りは待ち合わせて一緒に帰って来ました。」



今日。長男、高校まで行き願書提出して来ました^ - ^こんな日が来るなんて。想像もできなかった数年前。勉強とか。テストとか。オレには関係ない。と、言っていた長男。こんなに毎日勉強してやりたいことを見つけて将来のことを考えるなんて。本当に木村さんに出会えてなければ今、どんな時間を過ごしていたのだろう。(中略)本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです!」



「娘が先週、「来週から学校に行く」と宣言をして昨日から登校してます。



息子、学校に行っています。^_^ でも、私は、それが大事なのではなく、(大事な部分もありますが)その先にあるもの、心から楽しめ、人生を豊かに過ごすこと、家族みんながそうであるよう、意識していきたいと思います。」



「高校3年生の息子は、自分の気持ちを言語化するのがとても上手になりました。「人に話すことで、本当に楽になるね」「こんな事を話したら、親ががっかりすると思って、自分の気持ちを圧し殺していたよ」と言っています。逆に言えば、息子は本心を話せなかったと言うことですね。本当に可哀想なことをしました。昨日と本日は微熱でふらふらしています。しかし、欠席になりたくないので、登校してすぐ帰ってきます。先生からは、「体調を治すほうが先だよ」と笑われているようです。」



「長女が、おかげさまで、元気に無事中3を修了し、明後日土曜日の夜に一時帰国します。」



「今朝、息子がはやく起きてきて、授業時間より一時間以上もはやく出発しました!(中略)何があったかわかりませんが、エネルギッシュになっていることは確かです。」



「息子、多少昼夜逆転ながら、大学に行っています。朝もギリギリなりに(笑)リズムができてきた様子で、以前と変化してきました。ギリギリなのに、ちょっと余裕にみえます。(笑)」



「今日は高校のプレ登校。長男、行きました^ - ^1人電車、初で緊張の様子。楽しいといいなって思います^ - ^」



「木村先生のサポートを受けてから、息子は「通信高校」に行くことを決め、無事転校しました。(中略)良くなった点は、食事(夕食)の後一緒にリビングで過ごすことが多くなったことです。毎日、一緒にテレビを見て楽しんでます。以前は、部屋に閉じこもりぎみっだったので、本当にうれしい変化です。」



「1週間くらい前までは、ご飯は一緒に食べていませんでしたが、最近では少し遅れてでも食卓について、一緒に食べるようになりました。リビングにいる時間も増えてきましたし、会話も少しできるようになってきました。ささやかな喜びです^_^」



「珍しく今週は学校に行ってます。(中略)1番の友達は今週学校に来ていません。いつもなら友達が来ないと休む娘が一人でも学校に行く。レポートの期限も真近だし、遅れて出すなんてありえないし、まして卒業が延びるなんでまっぴらごめんらしいです。期限はぎりぎりでもきっちり守る。これって娘に言わせると当たり前の事ですが、その当たり前の事が出来ない人いますよね。私は娘を褒めました。」



「いつも音声配信とメルマガを本当にありがとうございます(^^)毎回、新しい気づきがあり、また焦る気持ちを鎮めるアドバイスがとってもありがたいと感じています。」



「娘から自分が対人恐怖症ではないかと話してくれました。その後、通信制高校にどこか入るか、それとも対人恐怖症をさきに治療してから学校に入るかを迷ってると話してくれました。この症状さえなければ、人の多い場所にある学校にもいけるのに。と。初めて学校に対する深い娘の思いを聴けたように思います。これでやっと、娘のサポートをスタートできるのではないか? と思えて来ました。木村様のおかげです。これから、まだまだ大変だと思いますが、木村様のもとで、焦らず少しずつ私の変化を楽しみたいと思います。」



「子供3人が全員学校に行かなくなってしまった時、本当にごはんも食べられないくらい「どうして?何で?」と途方に暮れていた私を、木村先生のもあもあよくなるや会員のみなさんの音声がずっと支えてくれました。「学校に行く意味が分からない。行く必要あるの?」と言っていた娘も、いつしか「中学生までには毎日行けるようになりたい!」と言うようになり、6月半ばからずっと不登校の中2次男も夜中の2時や3時まで毎日ゲームをやり、ろくに話もせずだったのが自分の意見をハッキリ言うようになり、笑顔で声を出して笑い、仔犬を「かわいいなぁ♪かわいいなぁ♪」とよく可愛がります。この間担任の先生からの電話で「噂というか子供達から聞いたのですが、息子さんが中3から学校に行くと友達に言っているようです」と教えてもらいました。高1長男も通信制高校の転入ではなく、なんとか今の学校で頑張りたいと言っている所です。」



「木村さまに出会い、ひふみ~よの会員となった今年春頃。娘は、リストカットをしながら登校していました。あれから、7か月。娘は、自ら、通信校に転学することを決め、おそらく今は、リストカットをしていません。



「3回も三男に不登校という道を選ばせてしまい後悔しています。木村先生のやり方と全く真逆な事ばかりしていました。もっと早く木村先生の教えを知っていたらとこんなにならなかったのかもと思いました。(中略)木村先生のお話しを聞いてからは、気持ちが楽になり、まだまだ他の親御さん達みたいには出来ませんが、少しづつ自分の出来る事からやってみたいと思っています。中々、話をしてくれない三男ですが、自分で体力キープの為にランニングを週2回程やったり、筋トレしたり、バイトも1ヶ月たちました。(欲しい物があるみたいです(^-^))(中略)でも、何より私自身が前向きになってきたと思います。この間頂いた音声配信第2回と3回は、初心者の私にはピッタリで成る程と思える事が沢山ありました。」




「本日は今週末からの期末テストにむけて担任の先生の家庭訪問がありました。(中略)訪問時間の1時間前に自分で起きてきました。服を着替えて、髪の毛を整え、部屋を掃除し始めました。先生が来られても嬉しそうで、工作の宿題などをはじめました。(中略)宿題の後も話をしていた様子でその後先生が帰られた後もとてもスッキリした様子でした。」



木村さん!この世に生まれて来てくださってありがとうございます。この出会いに感謝するばかりです。子どもは親に、親にならないと出会えない人と出会わせてくれますね。長男が学校に行き続けていたら、木村さんとの出会いもなかったかもっと思うと、たくさんのプレゼントを長男にもらったように思えます。」



「2か月位前から、息子はよく喋り、リビングによく出てくるようになりました。高校生になって、やり直したいと口にするようになり、将来やりたい事を私に教えてくれ、今は高校受験に向けて頑張り始めました。」



数珠繋がりで、繋がる木村先生の言葉の数々。全てに繋がっていると本当~~に素晴らしいと思いました。」



「息子はアルバイトをしたいと言い出しました。(中略)そして、数日後「電話で問い合わせして面接日が決まった」と面接を受けに行きました。ひとりで決めてひとりで行動しています。これまで何でも「分からない」を繰り返し行動できなかった息子…劇的な変化です。



「今回も素晴らしい音声で、木村様のあたたかく優しい声に癒され、会員の皆さまの報告に励まされたり、感動したり、たくさん心動かされました。



木村さまが毎日送ってくださるメルマガは、視野が狭く、物事を柔軟に考えられない私にとって、本当に勉強になります。毎日ありがとうございます。少~しずつでもいいので、物事を柔軟に考えられるよう、ちょっとのことで不安にならず、子供に対して落ち着いた対応ができるよう、日々変わっていけたらいいなあと思っています。木村さまに感謝です。」



一年前と別人の、意欲的で明るさを取り戻した娘の姿がここにあります。。木村先生、いつもいつも、素晴らしいサポートをありがとうございます…!」



「いつもいつもメルマガや音声配信をありがとうございます。朝夕の通勤時に音声を聞いています。聞いていると心が癒され、私の大きな力となっています。ほんとうにありがとうございます。」



「勉強の計画を立ててるようで一緒懸命です。本人いわく、計画どおりできたことは一度もないそうですがd(^_^o)お正月は勉強したくない!と、いい毎日頑張っています。



「木村先生、音声配信とメルマガを送っていただき本当にありがとうございます(^^)特に音声配信は、木村先生の暖かく穏やかな声に癒されています。そしてひふみーよ会員のみなさま、メール報告聞かせていただきありがとうございます。悩んで、それでも変わろう、前に進もうとされているみなさまの言葉に、私だけではないのだと、いつも励まされています。本当にありがとうございます(^^)」



「息子は今、推薦入試の筆記試験を受けています。私もその間バックナンバーのもあもあよくなるを読みながら帰って来るのを待ちたいと思いますヽ(*´∀`)」



「息子は、いろいろな国の方々と接する事で、驚くほど視野を広げています。時々、とんでもない時間に(時差がありますから、あちらは昼間でも、こちらは真夜中だったりします。)、ハイテンションで、電話がかかって来ます。大学生のお子さんがいらっしゃるお母様へ。私の息子も20歳を越えていますが、自分探しの真っ最中です。木村様にご指導頂いておりませんでしたら、どのような今が存在していたのかと思いますと、ゾッとします。今は、無限の可能性を秘めた子供達に、驚かされたり、叱られたり、楽しい話を聴かせてもらったりと、楽しい時間を過ごさせて頂いております。自分の未熟さを痛感して、打ちのめされそうになる事もありますが、幸せを感じながら毎日を過ごさせて頂ける事に感謝しております。」



「昨日いただいたこのメール、「不登校の子供が部屋に引きこもらないために!」メールを開いた時に「先生、ありがとうございます!」と叫びたいくらいでした。



「本日、終業式でした。娘は学校に行って、成績表をもらってきました。



「木村様に出会えたこと。ひふみーよ会員になれた事は、私にとって人生最大のターニングポイントだったと思います。心から感謝します。」



ひふみ~よを一通り聞き終わる頃にはいつも私の心は穏やかな気持ちに包まれています。良いことも悪いことも一つの出来事として受け止められるほどの心で受け入れられるような。だから本当にひふみ~よは私にとってはゆっくりと時間が流れる至福の時間です。」



「木村様には不登校対策としてサポートしてもらっているのに、私の生活、家族の生活、人生を、より良いものにしてくださっているように思えてなりません。そして、ひふみ~よの会員の皆様のメール報告で、「同じじゃないけど、1人じゃない オーダーメイドの育ちがある!」っと教えていただいています。今は先月の102回の音声配信をききなおして、私と同じような苦しみを味わい、お父様の愛を今受け止め前に進んでいらっしゃったお父さんのメールを探しているところです。店内で号泣するほどのメール報告を聞き、私の中で何かが崩れ何かが積み上げられた瞬間でしたから、今聞いたらどんな感じがするのか聞きたくて… 長男は確実に社会へ踏み出す一歩へ向かっていると感じてます。まだまだ先は長く不透明ではありますが、木村様が照らしてくださる灯りで足元を確認しながら、方角を間違わないようしっかり歩いていきたいと思います。木村様、ひふみ~よの皆様、毎日そこで生きていてくださりありがとうございます」



ひふみ~よの音声配信は、不完全な私の一番の精神安定剤です…!(中略)私は、まさに、自分の感情を安定させるために、音声配信を聴いています(#^.^#)。(中略)木村先生のお声からは、癒しや希望を感じとることができます。聴いているこちらが、優しい気持ちを取りもどす事ができます。木村先生、いつもありがとうございます」



「木村様、毎日毎日沢山のメール1つ1つに目を通して音声を録音して、こうして届けて頂いて凄い事だなといつも感謝しております。ボイストレーニングまでされていて、このひふみ~よに対する熱い思いが伝わります。音声の中には木村様の優しさ、強さ、厳しさ、癒し等がありまるで宝箱の様ですね。きらきらした贈り物をいつも有難うございます。106回音声配信は自分の至らなさを痛感した音声でした。まだまだ学ばなければいけない事があることを再確認しました。」



「先週の水曜日、三者面談が有りました。(中略)公立高校の全日制を受けたいという息子の意思は固いようで、取りあえず併願で私立の高校を受けて結果を見てその後の事を考えていきましょう。という事になりました。受験での面接の練習が出来ていないので、先生が自ら立って動いて説明して下さっているのを一生懸命に息子が見て聞いているのが印象的でした。受験に向けての勉強に関しても先生に自分の意見をしっかりと話している息子の姿に、実際の生活状態は置いておくとしても、ちゃんと自分の考えを持ってるんだな…と改めて実感しました。そしてその翌日。何だったか忘れましたが用が有って息子の部屋に入ってみると、アマゾンの空箱と学校からのプリントで山積みになっていた息子の勉強机の上はすっかり片付けられて、勉強していました。ただただ純粋に驚いてしまいました。(中略)それから1週間になりますが、土日もほとんど部屋にこもって勉強をしています。



「この2週間で、ずいぶん息子は明るくなったと思います。昼夜逆転を自分で改善しようとしているように見えます。リビングにいる時間も長くなったし、会話も増えたし、ご飯もまたたくさん食べるようになってきました。



「息子はその後も毎日勉強を続けています。以前の私だったら勉強方針を事細かに訊いていたのだろうと思いますが、そういう気持ちは殆ど有りません。たまぁに、「進んでる?」位の声掛けはしますが、どうやら自分のペースで進めているようなので、(予定通りかどうかは分かりませんが)任せておこうと思います。受験に向けての勉強ですが、受験や進学が最終目標では無いと思って、見守っていこうと思います。」



長男が初めて、自分の気持ちを話してくれました!!!!(中略)年末クリスマス前に、和牛やイチゴや、お花が当たったり嬉しい事がたくさんありましたがこんなに素敵なプレゼントが年内に送られるとは!(中略)木村様と会員の皆様に会えた事で、私の生活も家族の生活もガラリと変わって来てます。これからの毎日もますます楽しみになりました!」



「アルバイト、しっかり続けています。今月は、アルバイトさんの中で一番長時間働くことになっているようです(*_*)逞しくなりました。通信制高校のスクーリングもレポートも無事終わらせて、2月の単位認定試験をクリアすれば卒業、というところまでこぎつけました(笑)。気づけば休みの日に会う友達もできていて、娘が言うには、『転校して良かった。無理だと思ってた友達ができたことがいちばん良かったことだと思う』とのことです。」



「今日、大学に行った息子。さらに、会話がスムーズになって、大学の講義のこともサラッと答えてくれました。昨日のイベントでちょっと疲れたから、と頼んだら、夕食を作る手伝いもしてくれました。」



「昨日、突然、自分の部屋で、猛勉強をはじめました。でも、なんだかその姿が力んでなくて自然で。(笑)(中略)今朝は、卵焼きとおつゆを食べていきました。寒いのに、朝頑張って起きて大学にいって、すごいなあ、と思います。大学にいくから、というより、自分で進んでいく姿がまぶしい、自慢の息子です。木村さんやひふみ~よの会員のみなさまに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。」



「今日は朝の8時30分に電話が入りました。1番最初に受けた公募推薦の繰り上げ合格の連絡でした。たまたま主人も帰宅していたので家族で大喜びでした。受験者は国公立との併願が殆どなので、国公立の発表が終わった3月にしか連絡は来ないだろうと思っていました。この時期に連絡が来ると言う事は補欠でも1番から3番位だったのだろうと思います。娘は信じられなくて学校に連絡も入れられませんでした。「もっと喜んだら?」と言ったら、『合格通知が来るまでは何だか喜べない、電話嘘じゃないよね?』と半信半疑でした。これであの受験のストレスから半分は解放されたと言ってました。日々の辛さに、浪人生活かもしれないと言う不安。これから続くであろう受験の嵐が娘を相当不安にもさせていました。これで気楽にセンター試験が受けられる。しかも2番目に行きたかった学校です。もう一般入試の願書を出す用意をしていましたが、それも出さずに済みます。娘の心の重しが少し楽になった事、そして自信が少しついている事。これが喜ばしい事です。やはり諦めず細くでも継続して勉強してきた事は良かったです。(娘はどんなにしんどくても家庭教師は辞めませんでした)それに不登校にならずに普通に高校に行っていたらこの大学に受かっていたのか?受かって無い様な気がします。家庭教師だって付けていなかっただろうし、カナダにも行っていなかっただろうし。悪いと思う様な出来事も必ずしも悪いとはいえない。全て繋がっていく。それを実感しました。まだ娘は国公立を受けるといってるし、大学に入ってもそこからが本番です。私は木村様の元でしっかり学んでいきたいです。」



最近はリビングにいる時間がとっても長くなりました。よく笑うようになりました。お笑いが好きで良く一緒に見て笑っています。顔や関節の湿疹も良くなりました。」



「今年の9月に縁があってひふみーよに入会させていただき、木村さまに出会えた事、私の人生でとても大切で幸運な年だと感じています。息子のおかげで出会えた事だと感謝しています。(中略)私がこれから少しづつでも成長する手助けをひふみーよにお願いし、一つ一つ勉強していきますのでどうか来年もよろしくお願いします」



「今年は木村先生に本当にお世話になりました。今年の私の出来事の中で木村先生にお会い出来た事は人生の大きな出来事になったと思います。息子の不登校の事で毎日一喜一憂していた私が、泣かなくなり、彼と上手く付き合えるきっかけを作って下さいました。そして今また私の中で息子へ感情が昔に戻って行ったり変化はあるものの、またいい方向に行けると思っています。こんな安定した気持ちになれているのは木村先生のおかげです。



最強の音声ともあもあもありがとうございます。冒頭のお話や、厳選された親御さんからのメール報告、思考が深まったり、反省点が浮き彫りになるコーチングの質問、、、感謝します。ふと、、、こんなサポートがこの世の中に存在していることが、不思議になりました。遠くて近い、近くて遠い、木村さんや会員の皆様とのつながりが尊いです。」



木村さんパワーは、やっぱり凄いです!いつもたくさんの幸せを届けてくださって、本当にありがとうございます」



「笑顔が、会話が優しかったです。本来持っている息子の姿です。幸せを感じました。(中略)変化する時には突然に。木村先生、本当にそうですね。この喜びを胸に置いて、焦らず一歩ずつ進んでいきたいです。」



「木村先生、今年も本当にお世話になり、ありがとうございました。この一年、自分でも成長したなあ~と思えるくらい、成長しました。成長というといいすぎかもしれません(笑)なんだか緩んで伸びしろができたかも?成長できるかもしれない余裕ができてきたかも?くらいにしておきますね(笑)全て、木村先生の音声やメルマガのおかげです。そこに込められている、木村先生の「愛」のおかげです。本当にありがとうございます。そして、日本のあちこちで不登校対応に取り組んでおられる親御さんの「意識」と、そのメール報告のおかげです。本当にありがとうございます。来年もどうぞ、よろしくお願いします。」



「人は辛いときほど、自分の事しか見えなくなり相手を思いやる気持ちがどんどんと失う事をしりました。けれど、木村先生に出会い、そんな絶望的だと感じるその瞬間も少しづつですが、周りへの感謝の気持ち。今ある幸せを感じる大切さを取り戻すことができました。そしてそれが私の支えにもなりました。(中略)来年も木村先生やひふみ~よのお母様方のお力を借り変化し続けていきたいと思っております。」



「息子は、1日おだやかな表情で過ごしていました。それだけでも幸せなんですが部屋の模様替えをしたいと言い出し、色々考えているようで、それをよく聞き、主人と私と息子の3人でニトリに行く事になり行ってきました(^^)半年ぶりの3人揃ってのお出かけでした。本当に幸せな1日でした。木村さま、本当にありがとうございます(^^)」



「不登校初期対応サポートに申し込んで、3か月たちました。(中略)このサポートに救われたことを、本当に実感しています。これからも、よろしくおねがいします。そして、ありがとうございます。」



「第108回の音声をありがとうございました。初めの「奇跡のお話」には、涙が溢れて止まりませんでした。(中略)今回のお話は、最後まで聴き終わったら心に灯りがともったような、あったかくなる音声でした。とても癒されました。また何度も聴いていきます。もちろん実行することが大切なことと思いますが…(^-^)木村先生、いつもいつもステキな音声を届けてくださりありがとうございます。ひふみ~よを通して「人との繋がり」の大切さも教えていただいてます。木村先生と、会員の親御さんたちと繋がっていることに感謝しています。ありがとうございます(^-^)」



「木村先生、ひふみ~よの会員のみなさん、今年も大変お世話になりました。このご縁にとても感謝しています。もし、木村先生と出会う事なく一人で不登校対応を頑張っていたら、今頃どうなっていたか分かりません。考えただけでゾッとします。本当に本当にありがとうございます。来年も、私のペースで私らしく焦らず頑張ります(^-^*)ノどうぞよろしくお願い致します。」



中2次男は、突然先日「部活の大会に行くから!」と自分で起きて支度をして行きました(こちらも幽霊部員、全く部活に参加せず)トーナメント戦で勝ち進み(しかも、勝ち進んだのは、部活内で部長さんと息子のみ)「お前、隠れてどこかで練習してたんじゃねーの?とみんなに疑われた」と興奮ぎみで帰って来ました。本当にうれしそうでした。「暇だし、これからは土曜日の部活だけは行こうと思う」「最近、朝からお腹が空くようになった」というようにもなりました。親の顔色を伺って、親の言う事を素直にきいていた頃の息子とはちょっと違います。反抗的な態度や主張もするようになりました。声を出して笑うようになりました。」



小6の娘は、ほぼ休む事なく学校に行けるようになり、夕飯に一品おかずを作ってくれたり(お母さんが大変だからと)休日の朝に、家族みんなの朝ごはんを二時間かけて作ってくれたり(主人を助手と呼んで手伝わせている(笑)「中学に行く意味なんかない」とも言っていましたが、「中学までには、普通に毎日学校に通えるようになりたい!」「中学になったら、家庭科部に入るんだ。もう決めてるの!」と言うようになりました。」



「息子ですが、二学期は4日休んだだけでした。(中略)毎日のメルマガ、音声で少しずつ少しずつ変化できたのだと思います。木村さん、ひふみ~よの会員の皆様のおかげです。本当にありがとうございます。」



高校3年生の息子は、12月に1日も欠席することなく登校できました。毎年12月は、息子がとても楽しみにしているコンサートに行きます。今年で6回目となります。息子はそのコンサートのために頑張っているそうです。昨年も、そして初めて不登校になった一昨年も、12月になると自分で頑張ろうと決め、自ら登校をしました。胎教のために聞いた年末のコンサート。息子はお腹の中で聞いていたのですね。私と二人でコンサートに出かけ、ちょっとおしゃれなレストランで食事することが、息子にとって、最高のクリスマスプレゼントなんだそうです。「今年のコンサートは特に素晴らしい演奏だった」と暫く興奮していました。冬休みになっても、早起きを続け、大掃除を手伝ってくれます。とても助かります。」



息子は不登校だったとは思えないくらい、朝6:00に元気良く起きて、家族を起こしてくれます。今迄にはない大きな変化です。息子の起床が早くなり、娘も嬉しそうです。朝7時前には、家族で朝食がとれるようになりました。二人を見ていて、受験生ですが、どことなく楽しそうです。私の受験期には全く感じられなかった優しい空気が流れています。これが家族の愛なのかと思います。今とても幸せです。」



小2の次男が9月中旬から行き渋りがあり、行けないことも多くなっていたところ、藁をもすがる思いで木村さんにたどり着きました。(中略)次男は11月末から学校へ行くようになりました!毎日。毎日学校へ行くといくことがどんなに幸せなことか噛み締めてます。そして、メールを読むたびにちゃんと初心に戻れるように。毎日の継続がこんなに実を結ぶとは!もうありがたい気持ちでいっぱいです!」



「木村さんに嬉しい報告をさせていただきます。二男が長男と同じ大学、同じ学部、同じ学科に合格しました。長男は一般入試で、最後の最後まで受験勉強しての進路決定でしたが、次男はここ!と決めたところに真っしぐらで、推薦入試で決めました。自分で思い描いた先を見据えての行動には、相変わらずあっぱれです。長男と同じばかりなのですが、アパートだけは別々のようです。4月からはそれぞれが一人暮らしです。また大きな成長を見せてくれるとワクワクします。」



「小6の娘が月曜日に「今週一週間、休まないで頑張って学校に行くのが目標なんだ」と話してくれたのですが、本当に一日も休まず通えたんです!!さすがに木曜日の夜は「明日行けるかなぁ…四時間だし頑張れるかな…」なんて弱音を吐いていましたが、金曜日の今日、行きました!」



「最近、私も息子もとても落ち着いて暮らしています。学校も行く様になって来ました。(中略)今日は元気チャージが出来たのでしょう。「明日明後日は学校の帰りに塾に行ってくる。」って言ってました。



「息子ですが、今日から学校です。無遅刻無欠席を更新中です。(^-^)。どうやら皆勤賞を狙っているようです。風邪をひいた時も、休みませんでしたよ。進路についても、自分の思いを主人に話すことができたようです。主人も息子の気持ちを尊重しているようでした。週末の大雪で、楽しく除雪作業をしていたら、息子も部屋から出て来て手伝ってくれました。(中略)『ひふみ~よ』、『もあもあよくなる』を通して、木村先生と親御さんたちと繋がっていることにいつも感謝しています。ありがとうございます(^-^)」



「娘は1つ大学が合格している事もあり、おだやかな年越しを過ごしています。先程まで仕事でしたので娘の送り迎えやお昼ご飯は主人に任せっぱなしです。娘にも主人にも感謝で一杯です。」



「息子は、筆記試験と面接をクリアし、無事に進学先が決まりました。最初は学校の説明会へ行くことさえも大きな大きな一歩だったのが、進学先を決めてからは、行けなかった学校にも何度も足を運ぶことができたり、願書を一人で提出しに行ったり、30分の長い面接にもしっかり対応したりと、とても逞しくなりました。」



「昨日、息子が学校に行きました。友達が迎えにきてくれて、その友達が用意もしてくれました。本当にありがたいです。(中略)1日授業を受けてきました。先生から連絡があり、前に登校した時よりも落ち着いていたとのことでした。家に帰ってきてからも前より落ち着いていたように思います。」



「息子が 『学校に行くのについて来てもらってるのが、異常に思えてきた』 と自分からいい出しました。「じゃあ、明日から1人で行く?」『うん』「起こさなくていい?」『うーん。それは、起こして』そして、次の日玄関で『行くか!』と気合いを入れて1人で学校に行きました



「今日、冬休み開け初日。息子、寒い中、大学に行きました。



「年末に通信制高校の学校見学に長男と参加いたしました。最初は緊張していた長男も、時間がたつにつれリラックスしたようで先生の顔をまっすぐ見て話を真剣に聞いていました。長男は今回参加したこの学校へ進学することを決意しました。当初は、自宅でパソコンを利用して徐々に登校回数を増やしたいと考えていたのですが、5日間登校にすると決意しました。(中略)「4月までに部屋を掃除しなきゃ」「習字をまた始めてみたいけど、時間あるのかな?」など長男の言葉は4月からの高校生活を楽しみにしているんだと感じられることが多くなってきました。」



「ひとつ嬉しいご報告があります。長女の学校は中高一貫で、生徒が2,600名くらいいるマンモス校です。全校生徒のうち、現在インターナショナルの留学生が約120名います。そのインターナショナルの中で、毎年一名にプライズが与えられるそうですが、今年は、長女がいただく事になったそうです。



部活の参加を昨年11月からスタートし、終業式の前日に6限の授業を受け、部活までこなし終業式は朝から友達と登校し帰宅してきました。冬休みも友達と遊んだり、楽しく過ごしました。(中略)「学校の先生に電話する」と二階にかけ上がり学校に電話をしました。電話の後、次男は「ママ6限から登校する。14時からだから送って行って」と声のトーンが先ほどとは全く違い、力強い声でした。私は仕事の都合で無理でしたので、主人が調整して送っていきました。」



「卒業旅行に行きたいと言ってパンフレットを見ています。(パンフレットの見方を教えました)娘に言わすと「数少ない私の友達と行ってくるわ~」ですって。(中略)旅行したい友達がいるって良いですよね。数年前の娘からは想像できませんでした。これも成長のあかしかな?なんて思ってます(^^)」



「息子も娘も受験生です。二人とも、かなり緊張しています。朝は「いってきます」と元気に登校していますが、夜は疲れているようです。始まりの年に、我が子は自らで進路選択をしようとしています。」



「不登校になりかけのお子さん、不登校のお子さん、引きこもりのお子さんと一緒に受診される方が増えていましたが、薬は、気休め程度に考えて頂いて、ご本人が飲みたいようなら、続けてもよいとお話して、木村様にご指導頂いて得た事を私なりにお伝えして、木村様をご紹介させて頂いております。1、2回くらいで、来られなくなる方が多く、ご入会されたのかも、知る術もなく、その後を心配しておりましたが、お母様が来て下さって、お子さんが明るくなったり、前進している事をご報告して頂く事が増えています。また、お知り合いに紹介されたと、来られる方がいらして、嬉しくなっています。」



「息子も夫の仕事が始まるくらいからまたボチボチ勉強を始めて、毎日勉強机に向かってます。



「木村先生のメール通信のおかげで、私自身の心が前向きに働き始めたようで、笑顔の日が増えて来ました。息子も一生懸命に昼夜逆転を治そうと頑張っている考えや姿がよく見えるようになりました。ありがとうございますm(__)m」



「今日も次男は実家のお風呂掃除を私と一緒に鼻唄を唄いながら一生懸命してくれました



「昨日、久しぶりの息子の笑い声を聞きました。最近、笑顔は見せていたものの声を聞くことはありませんでした。リラックスできた状態になったのだと思います。小さな幸せを喜びを感じています。」



「お正月の息子の様子ですが、大晦日に息子からスキーに連れて行ってと主人に言って、2人で日帰りで行ってきました。久しぶりに私は1日ゆっくりさせてもらいました(笑)帰ってきた息子の様子を見てもとても楽しそうでした」



「第108回の音声配信での『奇跡』のお話がとても好きです。すごく幸せな気持ちになりました(^.^)(中略)毎日小さなアップダウンはありますが、こんなに心穏やかに過ごせるのは、やはり毎日のもあもあの記事が読めて、ひふみーよの音声がいつでも聴けるおかげです。こんな素晴らしいサポートシステムを構築し、それをどんな状況でも継続し、大きな愛を持って、私たち親、そして子ども達に手を差しのべてくださる木村先生に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます(°∀°)」



「木村先生の言葉は大変心にしみてきます。重かった心が、木村先生の一言でスッと軽くなることもあります。以前より落ち着いて考えることができるようになった気がします。ありがとうございます。」



「年末に、元旦は走りに行くと言ってましたが、まさかと思っていたら、頑張ってランニング行ってました(^-^)有言実行です。そして、私の実家に主人とお兄ちゃん達と4人で挨拶に行ってもらいました。(私はお留守番です(T_T))あとで、母に聞いたら、お餅を作るのを三男が手伝ってくれたと喜んでいました。2日は、バイト初めで出勤、次の日は中学の時のお友達と約束していた秋葉原へお出かけ(最寄り駅へ6時30分と早い集合)パソコンを買って帰って来ました!私は、お金を沢山持って行く事を心配していたのですが、本人はこの日の為にバイトを頑張っていたので良しとしました。初売りの特売品をゲットしてきたらしいです。本人は満足(^-^)4日は、またバイトに行きました。



「木村先生を知ったのは、やはり中2の息子が不登校となった時でした。今は時折、休みながらも学校に向かっております。



「高校転学後、11月から自室にひきこもり、私たちと話をせず、食事もままならない状態の娘でしたが、年末から、あることがきっかけで、自室から出て、私達の部屋でテレビやビデオを見たり、私達と一緒に過ごす時間が増えました。以前に比べて、自分から話をしてくれるようになり、元旦は、娘とカラオケに行ったり、卓球もやりました!(家に借り物の卓球台があります)本当に驚きと感動と幸せが一気に押し寄せた感じで、何がどうなってしまったのか?というくらいの劇的な変化にただただ驚くばかりです。



「第108回音声配信を届けていただきましてありがとうございました。『奇跡』のお話も、『数字』にまつわるお話も私の心にスーッと入って来ました。素敵なお話をありがとうございました。(中略)今、沖縄にいます。東北地方に住んでいる私にとっては、1月に花が咲いていて、半袖が着れるくらい暑いなんて…びっくりです。そして、家族全員で旅行できるなんて…奇跡です。感謝ばかりがあふれてきます。本当に木村さんに出会えなければ…ひふみ~よに入会しなければ…こんな未来は来なかったことでしょう。ありがとうございます。」



「109回の音声を聞いて、何回涙したことでしょう。木村先生の温かい声、会員の皆様の素晴らしい報告、冷え切りそうだった私の心にじわ~っとしみて来ました。もう、あまりにも感動しまくり過ぎて、どの部分に共感し励まされたのか忘れてしまったじゃ無いですか!(記憶力がないだけなんですが)(中略)今の木村先生からの音声を聞けて、年末年始、迷って息切れしそうだったのが軽くなりました!ひふみ~よって本当スゴイ!木村先生がずっと続けてくださっていることは、本当ラッキーでありがたい事です。こんなに立て直しを図ってくださるところはここしかありません



「昨日、2017年最初のひふみ~よ音声配信を受け取らせていただきました。ありがとうございます…!!まず一回聴かせていただきました(o^^o)。盛り盛り沢山の素晴らしいメール報告と、それに対する木村先生のコメントを聴いて、仕事から帰り体力的に疲れていた私も、沢山パワーチャージさせていただく事ができました……!(中略)最後に紹介されたメールのお母さん、状況が好転する過程を本当にわかりやすく詳しく説明してくださっていました…!



「109回の音声を届けていただきありがとうございました。2017年のスタートにぴったりの素敵な音声で、心があたたかくなったり癒されたり励まされたり(*^^*)私、年末年始で少し後退していた…?なんてちょっと思ってしまい、木村様や皆さまのご報告を聞いて気を引き締めました。」



私の勝手な想像をはるかに超えて、子供達が成長している事に、驚かされています。私も慌てないように、成長させて頂きたいと思います。」



「きっとまだ自分の中に癒されていない部分があるんだろうな…と思っていたとき、木村様のもあもあよくなる「突然怒りを爆発させる子供!!を温和にするために」が届き、木村様はエスパー!?と思うほど、私に向けたお話しで、本当にビックリしました。



「相手の言動にいちいち私も反応して振り回されていたら、悪化するのは目に見えてきますが、そういう事も判断できなくなるような精神状態だった私は木村先生に救い出してもらいました。今はこうして振り返り何が問題だったのか認識できるようになりました。」



長男は生活リズムを整えようと頑張っています。今朝は7時半ごろ目覚まし代わりの音楽が長男の部屋から聞こえてきました。朝8時過ぎにはリビングに来て、軽めの朝食を食べました。(中略)会話の中で私が高校生の時ワープロ2級を取得したのですが、長男がどうしたら取得できるのかと尋ねてきました。(中略)長男は「履歴書に書けるようにしたいから取得したいんだよね。2級チャレンジしたいなぁ」と笑顔で話していました。長男と二人でたわいもない話をしたのは、本当に久しぶりでした。会話の中で、長男のいくつかのやりたいことを聞きました。勿論ほしいものも聞きました。小学校の辛い出来事も聞きました。そして高校の願書を書いたりもしました。こうした時間を持てるようになり本当に木村先生をはじめひふみ~よのお母様方のおかげです。これからも引き続きよろしくお願いいたします。」



「年明け、息子の保育園時代の友達のうちに息子と遊びにいけました(^^)同級生と遊ぶのは三ヶ月ぶり。」



「毎日のメルマガ配信ありがとうございます。毎日、休むことなく続けていくことは本当にすごいことですよね。年末年始に家に居る時間が多くなり、生活のリズムが変わって、また、次男と一緒にいる時間が多くなって、音声を聞いたり、メルマガをじっくり読んだり、メール報告をしたりすることが、いつものようにできなくなって、木村様の凄さをひしひしと感じました。(中略)最近は、次男が「一緒に走ろう」と誘ってきます。(中略)こんな私と一緒に居たいと思ってくれる次男の気持ちをもっと受け止めて、かけがえのない貴重な時間を共有できることをもっともっと喜んでいきたいと思います。」



息子との会話が増えてきています。以前のように目をみて話をしてくれるようになりました。笑顔がかわいくなりました。」



「今日地区の保健師さんに息子の様子を相談する機会がありました。その保健師さんが、「不登校のお子さんをもつお母さんとお聞きしていたので、どんな方かと思ったらとても明るく話されていたので驚きました。」と。(中略)109回の音声にもありましたが、息子の不登校という状況が今でよかったと思えるようになったからです。これが、10年先なら息子も大人。きっと親の言葉に耳を傾けることにもかなり時間がかかることでしょう。今ならできる!!今なら変われる!!今なら息子も自分の道を自分の力で歩き出せる!!そう思えるようになりました。(中略)こういう幸せな思いができたのもひふみ~よ会員になって木村先生と出会えたからです。感謝でいっぱいです。



「前回109回のひふみ~よは、自分の心を言語化していただいているようなメール報告が多く、受容共感されているようで、大変癒されました。ありがとうございます。」



「私はこれまでにいろいろなことがありました。私の離婚、弟が統合失調症、姉も精神的に不安定で病院に通っています。そして両親とも病気で亡くなりました。私も婦人科の病気で手術をし、仕事も辞めました。そして息子の不登校です。絶望的な気持ちになりました。そんな時に木村様に出会えて救われました。ひふみ~よの音声に癒されました。そして自分が変われば現状が変わるという希望が持てました。音声は聴きはじめたばかりですが息子の表情が少し穏やかになったと思います。そして部屋の電気を夜いつも消していたのに点けるようになりました。少しですが変化したのかなと思います。これからも木村様の音声を聴きもあもあよくなるを読み一喜一憂せず成長していきたいと思います。これは不登校の対応だけではなく人生の勉強だと思っています。よろしくお願いします。」



「今日も素晴らしい最新の音声配信、聴かせていただきました。(中略)木村さんや「ひふみ~よ」のみなさんと一緒だと思うと、むずかしいことも、楽しめるような気持ちになれますね。ありがたいです。本当に本当に、みなさんがいてくださって感謝です。息子、明日から大学の試験です。9月に復学してから、通うだけでもたいへんそうで、勉強する気なんて全くなさそうだった息子が、何度か勉強しています。



「先日は第109回の音声配信をありがとうございましたm(__)m楽しみにしていた今年最初の音声配信。翌日に着信に気付き、年末にし残していた窓掃除をしながら聴いていました。(中略)木村先生からのコメント、素直にめちゃくちゃ、嬉しかったです。本当にありがとうございました(*^▽^*)」



「私はもあもあビギナーで只今時間があればバックナンバーと皆さんの体験談そして木村先生の的確なアドバイスに感心、共感、驚き、発見の毎日です。



「もあもあよくなるを3日ぶりに開いて読んで、うぁーーーあーーーあーーっと思いました。木村先生ありがとうございます!!!!年末年始と長男の暴力に凹んでいて、落ち着いた今も、根本的な対応が見えたわけではなく漠然と不安だったところに、暴力を振るう子に対しての道筋をつづられた木村先生からのもあもあよくなるが!!一気に二回分を3回読みました。(中略)夫が長男とのコミュニケーションをたくさん取ってくれるようになり、私とも長男のことをよく話して意思疎通が以前より良くなって、その空気感が長男を動かしてくれているのだと感じます。そして、この温かい空気はひふみ~よから受け取っているのだと…木村先生 ひふみ~よの会員の皆さんいつもありがとうございます」



「不登校になって、スクールカウンセラーさんから“息子さんの気持ちを大事にして、見守りましょう”と言われました。確かに見守ることも大事だとわかりましたが、私自身が何も変わっていない状態で見守っていては、状態が悪化することもひふみ~よの会員になってよくわかりました。(中略)ひふみ~よの会員のみなさんと出会ったことで、自分の思考範囲が広がりました。そして、なんといっても木村先生の温かい言葉や音声に支えられています。自分の進むべき道を明るく照らし出していただいているようです。ありがとうございます。」



「3学期の始業式だけは自分からサッと起きて、登校することが来ました。(中略)夜のひととき、私たち夫婦がテレビを見ながらビールを飲んでいると横に座って、おつまみに横から手を出しながら、一緒にテレビを見て談笑する機会も増えてきました。食事時に見せる笑顔も以前より増えてきたと思います。」



「友達とディズニーランドに行く計画を直ぐに立てて、申し込みに行きました。数年前には友達と旅行なんて考えられなかったのに。不思議なものですね。



「先生の順番の通りにやって見た所、高校二年生の息子(不登校4年生)が夕食後に「か~さん早く俺の部屋に来てね!デレステやろう!あっ。。でも洗い物とか時間かかるよね。。」と何時もの会話なのですが「か~さん俺の部屋にデレステやりに来ても良いのよ。。」が「か~さん早く来てね」に変わり声と顔の表情がまるで違っていたんです!!まるで幼児の時の様に嬉しそうに笑いながら私におねだりして来たんです(中略)凄く凄く嬉しい息子の変化です!!(中略)今も思い出すだけで涙が出てきます。」



「昨日のもあもあよくなる「不登校問題の再発を起こさない為に」とてもとても勉強になりました。これは数年先の私の姿かもしれないと心して読ませて頂きました。不登校対応は簡単ではあるが簡単ではない。これが心にざっくりときました。」



「長男の迎えに行ったのですが「送り迎え、ありがとう。学校行こうと思ったら、過呼吸気味になって少し落ち着いてから行ったんだ。先生に、遅かったねと言われたけど、補講は受けて来たから大丈夫。」と話してくれました。」



「毎日のサポート本当にありがとうございます。(中略)部活だけ参加したり、6限だけ参加したりするようになりました。勉強も少しづつですがやろうと思い、教科書を広げています。」



木村先生は、私の心が苦しいとき、いつも引き上げて下さったり、背中を押して前に進む勇気を下さったり…。何度、助けてもらっていたことかと本当に感謝しています。感謝の言葉では足りないくらいです。時々聴き返している過去の音声…。過去に聴いていた時とは全く違う音声に聴こえたり、新しい気づきがあったり、癒され励まされたり、と新鮮です。木村先生と出会っていなければ、今の私の人生はなかったのですから、本当に感謝しています。(娘、息子にも感謝ですね。(^-^))」



「再発がおきてしまったことについてメールをされたお母様本当にありがとうございました。その問題を正面から向き合われたことに私自身も身が引き締まる思いです。そして木村先生紹介して頂きありがとうございます。」



「私は子供が不登校になった頃一番やっては行けない行動を殆んどやってしまいました。病院はもとより様々な講演会や高額なDVD購入そして某名前の知れた宗教のお祓いまでして頂いた最低な親でした。そうしているうちに早くも4年目突入です。。たまたま開いた木村先生のサイトをみていなければ未だに悪循環を繰り返して自分の気持ちばかり優先して子供の心と家庭を壊していたと思います。木村先生のコーチングと同じ悩みを寄せて下さる親御さん達の本心を語っているメールを読まなければ今頃。。と思うと本当に怖いです。(中略)この世で一番幸せなお母さんになりたいです(*^▽^*)木村先生!宜しくお願い致しますm(__)m」



「メルマガ、音声を届けてくださりありがとうございます。大きな支えとなってくださっています。ありがとうございます。実は、お正月、とってもうれしいできごとがあったのです。それは、中3息子と一緒に初もうでに行けたこと。そして、願い事をきけたこと。「受験のこと」「生活リズムをなおすこと」「友達がたくさんできますように」その3つを願ったと聞いて、涙がでるほどにうれしかったのです。この1年以上、「夢も希望もない」と言っていた息子の口から、未来に向けての言葉がでたこと、そして、それを私に伝えてくれたことが、うれしくて。



「この冬は、2人とも息子が父親とスキーに行きました(昨年までは行きませんでした)。1年前とくらべても、だいぶ家族らしくなってきたと感じます。」



「木村先生にお会いできたことが1番の偶然で、奇跡で、幸せな事だと考えています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。追伸: 高校3年生の息子は、OA入試にチャレンジしています。また後日ご報告させていただきます。」



「本日、長男の通信制高校の願書提出を無事終えました。(中略)最近長男はふとした時に、自分の気持ちを口にするようになりました。それも聞いていないと聞き漏らしてしまうほどの少しの言葉を。その言葉を聞くたびに、私はとてもうれしく感じます。『そうなんだぁ』って言ってみたり、何も言わず黙って聞いていたり。もちろん耳が痛い言葉もありますが・・・。今は長男はリビングで過ごす時間が本当に多くなりました。リビングで私は次男に数学を毎日1時間ほど教えているのですが、一緒に問題を解いたり、教えたり。私のお腹を触っては「太ったよ。ダイエットしなきゃ」なんて笑いながらふざけたり。こんな日が訪れるなんて想像もできませんでした。」



「長男、本日2回目のプレ登校。元気よく行きました^ - ^2回目だからか、電車にもあまりドキドキしてない様子(笑)最近の様子ですが。学校との繋がりは、本人が先生とメールや電話で連絡をしており、先生に提出物を持って行ったり、こういった高校のプレ登校の話などを話しに行ったり。用事がある時に登校しています。」



「息子は昨日。無事受験に行く事が出来ました。5時45分に家を出たので結構な早起きだったのですが、ちゃんと起きられました。結果はともかく、参加できて良かったです(*^^*)木村さまと会員の皆さまには色々と与えて下さって感謝です。有難うございます<m(__)m>ゴールでも始まりでもない1つの通過点なので、まだまだ今後とも素敵なサポートをよろしくお願いいたします。」



「今日は日曜日ですが情報処理の検定受験のため、朝から学校へ行っています。いつもは私が起こしていますが、今日は目覚まし時計をかけたようで6時に起きてきました、、、すごい!(中略)バイトもしたいと、少し前に近所のコンビニへ面接にも行きました。まだどうなるかわかりませんが、使えるお金が出来ればやれることも増えるし、そういう気持ちが出てきていることがすごい成長だなと思います。1年前の、「将来が見えない」と卒業式さえ出なかった長男からは想像もつかない事です。資格取得も順調で秋には日商簿記の試験にも合格しました。」



「娘ですが、本人の希望により、長野の通信制高校の通学コースを受験し、合格しました!



「我家の中学3年の息子ですが、高校に合格いたしました。本人の希望である全日制普通科です。そして、半年ぶりに合格の報告の為、登校しました。」



「今日は久しぶりに長女のご報告を致します。昨年の11月から休みなしで登校しています。(中略)今の長女はとても心が回復してきました。心は見えないけれど、ちゃんと見ていると何らかのサインが出ていますね。発言内容も変わってきました。宿題などの取り掛かりも変わってきました。睡眠も、食事も変わってきました。」



「不登校だった息子は、11月より休まず登校し、今は合格発表を待ちながら、卒業単位を取得するためのレポート課題に自主的に取り組んでいます。数ヶ月前の息子とは、全く別人のように勉強するようになりました。一方、中学校3年生の娘は、受験でピリピリしています。息子の一言が気になるようで、すぐに文句を言い、ケンカ寸前です。そんな時、木村先生のアドバイスを思い出しました。安定していると思える時こそ、気を抜いてはいけないということです。あくまでもニュートラルに、冷静に、そして気を抜かずバランスよく二人を支援していきたいと思います。木村先生のアドバイスは、どうしてこんなに適切なのだろう?と思います。それが木村先生の存在なんだなと思うようになりました。うまく伝わっていないかもしれませんが、木村先生に本当に感謝しています。これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。」



「昨日、進学顧問を務める息子の担任教諭が朝から先日受験した高校へ合格通知を受け取りに行き、その足で通知を届けに家に寄って下さいました。自分で受け取って自分で開封するように先生から言われていたので、息子が出迎えてそこで開封。お陰様で、無事合格でした(^^)



「本日、高校の合格発表がありました。木村先生、娘は志望校に合格しました!\(^o^)/昨年末、志望校を決める個別懇談の直前に娘が「もう一つ上のコースを受けたい」と言い出しました。そこは偏差値が少し高く、土曜日も授業があるような親の私から見ると、大丈夫かなと思うようなコースでした。でも娘の行く道は娘に任せることにしました。娘の気持ちを尊重し、娘の力を信じました。今、合格通知を持って嬉しそうにしている娘を見て、私も本当に嬉しいです。木村先生をはじめ、たくさんの人々、たくさんの出来事が娘と私をここまで連れてきて下さいました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。けれど、浮かるばかりではいけません。娘の不登校がこれで終わったわけではありません。喜びの後は、おそらくこれから先の不安が出てくると思います。これからが不登校対応の本番だと思って、気を引き締めていきたいと思います。」



「今日で学年末テストを終えて、もう高校に登校するのも残り数日になりました。今は教習所とアルバイト、大学の練習とこれまで以上に自由な中で、忙しく過ごしている次男です。(中略)木村さんとの出会いがなかったら、今の次男も今の長男も、そして今の私もいませんでした。(中略)次男の一人暮らしの様子をメール報告するのを楽しみに、2月からもよろしくお願いします。」



「今日、次女は、朝5時に起き、無事に入試を終えてきました。先月下見に行き電車の時間配分も自分で考えた計画通りに進めてきました。」



雪の日も学校に向かっております。現代の子どもを取り巻く環境が、私自身がつかめずにおりました。木村先生のアドバイスが、心ほぐして下さいました。ありがとうございます」



本日長男の通信制高校の入試が無事終わりました。朝9時30分スタート、15時30分終わりという結構長い時間でした。」



「夕方、私のスマホに学校からの着信があり、出てみると次男の担任からでした。「今日、3時過ぎに登校してきたんですよ」と先生。『えっ、誰が?』と私。(笑)(中略)たまたま次男が昇降口に入った時に、担任が通り掛かったので一緒に教室まで行って終わりの会までいたそうです。(中略)家事をして2時間が過ぎた頃、次男が「ねぇ、おとんに聞いた?俺さ、今日、学校に行ったんだよ」と話してきたのです。(笑) 『うん、聞いたよ。お父さんから。先生からは電話あったしね』と言うと嬉しそうに「そう?俺さ、学校行ったのよ、なのにさ、○○も○○も(○○は仲良しの友達です)インフルエンザで休んでてさ、他の友達と話して一緒に帰って来たの」と教えてくれました。後で家にいた長男に「学校行ったらって言ったの?」と聞くと「いや、あいつが自分で学校に顔出してくるわって言って行ったのよ」との事でした。自分で考えて自分で決めたのなら、それが次男の意志なら、今回の行動は次男にとっての一歩になったのだと思います。」



娘がジムに行きたいと行った時、それはそれは驚いたものです。私も仕事がありますし、娘も最近学校に行ってるので毎日は無理ですが、出来る範囲でゆる~くやって行こうと思います。」



「高校3年生の息子は、志望校の短期大学に合格しました。(中略)木村先生に支えていただき、親として、少し成長できたような気がします。息子は、不登校から立ち上がり、自分で将来の夢を見つけて進学します。しかも、自分の不登校の経験を生かした仕事につきたいと言います。木村先生、今迄ありがとうございました。そして、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。」



「息子は春から専門学校に進路を決め、最近コンビニでバイトを始めています。先日台所スーパーに行った時には、棚のパンが散らかっていたのが気になると、綺麗に並べていました(笑)そして「2月にちょっと一人旅してくるから」と言われビックリしてしまいました。「京都と滋賀、どこでもいいんだけどさ、前にちょっと行ったこともあるしね。往復のバスだけ取った。他はまだ決めてない」と淡々と話す息子は、一回りもふたまわりも成長したようにみえました。」



自宅で数学を勉強し始めました。次男は5教科の中で数学が一番得意科目でした。かなり遅れてしまいやっても分からないとやる気さえも出てきませんでしたが、声をかけると嫌がることもなく問題を解いています。」



高1長男は、週に2~3日行ける日に学校に頑張って行っています。小6娘は、1週間休まず行ける日もあれば、1~2日休む日もあります。でも、頑張っています。」



「どういうわけか今年に入ってから、息子の朝起きる時間が一定になりました。私が声をかける前には既に起きていて返事があり、朝ごはんも食べています。(中略)遅くなりましたが、112回の音声配信や入金確認のメールありがとうございました。いつもと違い質問がたくさんの音声、面白かったです(^^)」



「少し時間に余裕ができたので、もあもあよくなる2月号のレポートを読み返してみました。『不登校の原因は2つに分けて考えることが大切!~親御さんに考えていただきたいこと~』この部分を読んでいると、自分でも意識していないのに涙があふれてきました。(中略)息子は、不登校という爆発的な自己主張で、私に教えてくれたのだと思いました。時すでに遅し…かもしれませんが、気づかせてくれたことに感謝しています。(中略)最近の息子をみていると、自然な優しさが感じられるな、とうれしく思います。私の頑張る姿もよく見ていて、支えてくれているようにも感じます。時に、手抜きをすることもあるのですが、「あ、OK!OK!」とさらりと受け入れてくれます。息子の方が大人です。こうした息子の変化をみていると、私も変わってきているのかなと思いますが…。四角四面の私の角を削ってみることを試みてみます。木村先生、これからもサポートをよろしくお願いします。」



「メール報告に対しての木村さまのメッセージが心に響き、自分にとっても、本当に勉強になっております。また会員の皆様からは、不登校の子供を良くしたいという強い気持ちが伝わってきて、私も頑張ろうと思いますし元気をいただいています。木村さま、会員の皆様には心から感謝いたしますし、私の心の支えになっていただいています(^^)ありがとうございます。最近息子に言われて嬉しかった言葉があります。高校も決まり卒業まであと1カ月になったので学校の方から校長先生と担任の先生と面談をしたいので来るようにと言われ、先日行ってきました。(私も付き添いで行きました。)その帰り道で突然、「俺この家の子供で良かった。父さんと母さんが理解してくれたから、ここまで来れた。」と言ってくれたのです。びっくりしました。あとから、嬉しい気持ちが湧いてきて、諦めないで頑張ってきて良かったとしみじみ思いました。昨年6月に入会したのですが、その時は本当に親子関係は最悪状態で、たびたび言い合いになり息子もよく暴れたので、息子部屋の扉は穴だらけです。貫通していて見えてしまうので、カレンダーを掛けています(笑い)今は波もありますが、以前に比べ本当に穏やかになり、暴れる事は一切ないです。私が他の子供の事でイライラしてしまった時には、素早く察知して、母さん顔怖いよと教えてくれたりします(^^)」



「過去のもあもあよくなるをコピーしてファイルに整理してみました。大きな字で読めるのと、いろんな時期の内容を無造作にパラパラとめくって読める気軽さで、スマホで読むのとはまた違う感覚で、これもまたいいですね。木村さん、コピーをしていて改めて思ったのですが…木村さんはこんなにも沢山のものを私たちに与えてくださって、それに毎日欠かさず送り続けてくださってるのですね!!!今更ながら、本当にありがとうございます。改めて、改めて、木村さんの愛を感じた時間でもありました



冬休みからの課題もちょっとずつ進め、先生からもなんとか卒業は認めていただけそうな段階だと告げられました。先日の課題提出日には、突然、学校で受験勉強をしている友だちと会うことになったからと言い、学校の玄関まで、一緒に行きました。ファミレスで、晩御飯を食べ、ちょっと疲れたといいながら、でも表情は明るく帰宅しました。(中略)毎日のもあもあが届くたび、自分のいたらなさにハッとさせられますが、少しずつは進歩しているはずの自分を、認めてあげながら生活したいと思います。木村様、メール報告してくださる皆様、いつも、本当にありがとうございます。」



「娘はここ数カ月どんどん落ち着いてきている気がします。受験の前になると気持ちが不安定になって、繊細な娘に耐えられるだろうか?と想像していたのですが、反対に色々な事を自分で決めて自分で動いて先日は「受験楽しみ~!(^-^)」という言葉まで出ました。その言葉を聞いて、私はとてもうれしくなりました。落ちたらどうしよう、という不安よりも、落ちてもこうしよう、あれもしよう、ということを考えています。本当に強くなりました。もちろん、落ちたら傷つくだろうし後悔もあると思いますが、きっと大丈夫だと感じます。私は今の娘を誇りに思います。」



「いろいろな方のものを参考にしてきましたが、よく分からなくなりました。そして一番私に分かりやすく、浸透していたものが、木村さんの言葉だったんだと、半年たって気づきました。



今日、学校に行きました。人の視線が気になる…足音が気になる…何か言われている気がする…このような状態でずっと電車通学が出来ず、私か主人が学校に行ける日は車で送る日々を続けていました(現在も)帰りは頼まれたら迎えに行っています。今日、新たな変化がありました。電車(特にJR)が無理で、ずっと乗っていませんでした。帰りも自分で帰れる時はバスか電車でも京急を利用していたようです。とにかく、いつも人で溢れているJRが無理だと言っていました。それが今日、学校終わりに電話があり「今、終わったよ!今日は、JRで帰ってみようと思ってるから」と長男。すごい変化です。ビックリしました。」



最近、さらに音声も、もあもあも、私の心にズシンと響く内容です。音声のおとうさまの報告を聞きながら、私もいろいろなことを、明確にしようと思いました。機会を与えて下さったこと、感謝でいっぱいです。」



「小6娘。学校に行く時に私が居なくて不安で行けなかった昨日。今日も、長男を車で送るために娘を一人で家を出さなければいけませんでした。「ギュッてしてくれればいいから」と朝から言うので『お母さん、お兄ちゃん送って行って来るね!ファイトだよ!』と娘をギュッとしながら言いました。『お母さんの元気をわけてあげるね』とギュッとすると「伝わったよ!うん、大丈夫!」と娘。長男を送って家に戻ると娘は学校に行っていました。「お母さんが毎朝送ってくれる事が私の勇気だよ!」娘が言った言葉。どんな時も笑顔で「いってらっしゃい」と送り出していた事がいつの間にか娘の勇気になっていたんですね。ずっとしてあげていなかった事。忙しくて顔も見ずに「いってらっしゃい」と声をかけていた日々。大事な事を娘に気づかせてもらいました。木村先生、主人にも同じようにしています。何も言わない主人ですが、きっとうれしいと思っていてくれるはず(笑)」



「次男は筋トレ続けています。ほんの少し(形だけ?)の日もありますが、続けています。そして今日「お母さん、見て見て!お腹が少し割れて来た!」とシャツをまくって見せて来ました。『うんうん、しまってきたじゃん!』と私が言うと、笑顔の次男。子供達、それぞれが頑張ってます。うれしいです。」



「いつも暖かくて的確なサポートを本当にありがとうございますm(_ _)m。木村様から頂くメールや音声配信のお話、親御さんからのメール報告に今まで受けた事の無いサポートに、とまどいながらも、いつも感激しています。



「息子の昼夜逆転もおさまりつつあります。話しかけても返事がないことが多かったのが、タイミングをみて、話しかけると返事が返ってくることが増えました。家庭内がなごやかになってきたように感じます。」



「私たち夫婦は、ますます仲良くなって来ました。遠からず近すぎず、日向ぼっこの暖かさの距離感でお互いを大切にしていることを伝える時間が増えたように思います。そして夫婦で笑いあっていると、長男も食卓に来て一緒に笑い、他の子達もほんわかと楽しそうで、何もかも暖かい綿毛に包まれているように心地よい空気が流れる時が時々あります。(中略)ひふみ~よを始めて4カ月木村先生や会員の、皆様の言葉が私に染み込んで行く様子が変化している気がします。これはなんでしょう…んーーわかりません。でも、メール報告とメルマガと音声に毎日触れることを続けていけば私の無意識の中でなにかが動いて行ってくれるんだという確信に似た感覚を持っています。毎日七転八起…転がりながらしか進めない私ですが、ひふみ~よで行き先を照らして下るので、安心して転がっていれます」



「本当にこうした素晴らしいサポートを受けてもある意味頑固な私です。でも、サポートを受けてこうなりたいという私の目標はうまれました。それは今日明日できることでもありません。でも焦る自分を認めいったん手放そうと決意することができました。だからまた最初から少しづつ始めればいいと思います。言いたくなるのは私が作り出す不安。見えないものにまた私は飲み込まれていました。ひふみ~よは偉大です。そこに気づかせてくれましたから。



「最新の音声配信、驚きました!一緒にふたつ。聴く前からワクワクでしたよ~。さらなる木村さんのパワーを感じ、またまた勇気づけられました。いつもいつも、本当にありがとうございます。海に向かって、「木村さーん、ひふみ~よのみなさーん、ありがとうございまーーす。」と叫んでみたいです!(中略)昨日と今日。息子は立ち上がり進んでいます。すばらしいパワーです。いよいよ新しい研究室配属が決まり、再出発をはじめていきます。昨日も今日も、朝ごはんを落ちついて食べてから、朝日を浴びながら大学にいきました。



部活だけ参加したり、5時間目、6時間目の授業を参加したりが続いています。



「メルマガを読むたびに、木村先生からの直球を真剣に受け取りたい、と思います。そのくらい、心に響く内容ばかりです。本当にいつもありがとうございます。」



息子の気持ちにも変化が見られ、閉ざされた心も徐々に開いてきました。先日、友だちに会ってから一週間がたちますが、友だち効果が持続し、とても穏やかで笑いが増えてきています。(中略)部屋にこもる時間が減り、一緒に過ごす時間が増えました。私の顔を見る時に、いつもななめから見ていたのに、正面を向いて話してくれるようになりました。そして、久しぶりに今日は外出ができました!!」



「先週、月曜日も夕方、一人で登校しました。(中略)先生は次なるステップを期待してる感じでしたが私はマインドの安定に集中です」



「今日のもあもあよくなるで、『もしも、木村さんが小学生からやり直すとしたら、やっぱり不登校を選びますか?』の質問に、木村さんはきっぱり「絶対に選びます!」と答えられていてビックリしました!!これを読んだ瞬間、心が解放された感じがして、涙が溢れてきました。それと同時にまだまだ頭も心もカチコチだったんだなと実感しました。木村さんて、本当に凄いですね!!私の想像を遥かに超えていました笑



「昨年10月から適応教室(町の教育委員会で設置している不登校児向けの教室)に楽しそうに通学しています。



「夏休み明け後に2週間ほど不登校になりましたが、その後、遅刻しながらも登校できるようになり保健室を居場所として授業に出るようになりました。この3学期は無欠席です



「今日のもあもあよくなるの「未来へつながる自信!」を読んで、よくわからないけれど涙があふれてきました。何度も読みました。あきらめたらダメだよね!あきらめずに頑張ろう!そんな勇気を頂きました。



「115回の音声配信を届けていただきありがとうございます。今回も素敵な音声で、共感したり、考えたり、気づかせていただいたり、木村様も会員の皆さまも本当にありがとうございます。冒頭のお話、私に向けてお話してくださってる!?と思う内容で、改めて自分と向き合って落ち着いて考えることが出来ました。



自立心がすごいスピードで動き始めました。引っ越しの準備をしていますが、一人で何でもやるから、構わないでと、何度も言われました。「これからは、自分でやらなければならないんだ。東京は、遊ぶ場所だったけど、勉強する場所になったんだ。自分でしっかりやらなければならないんだ。(真剣な表情で、自分自身に言い聞かせるように言いました。)遊ぶけどね^ ^」と、笑顔で言いました。(中略)そして、昨日、電化製品の設置などの立会いに、一人でさっさと、上京しました。3、4日でまた戻りますが、いつも遊びに出かける時は、見送る私を振り返りもせずにエスカレーターを上って行きましたのに、今回は、振り返り、手を振りました(涙)あー、巣立ちの時が来たんだ…。成長したんだ。嬉しいご報告ですが、寂しさで、涙をこらえながら、一日を過ごしました。ここまで成長させて頂いた事に感謝の気持ちをお伝えしたいのですが、言葉になりません。本当にありがとうございます。これからが、益々気を引き締めて、学ばせて頂かなければいけないと思います。直接表情を見て、話せる機会が、あまりなくなります。でも伝わるのですよね^ ^親子の不思議な関係、私が成長できれば、子供達も連動して成長する方向へと向かう… まだまだできる事がたくさんあります。これからも変わらないご指導をお願い致しますm(__)m」



「木村さん、115回の音声を届けてくださり、ありがとうございます(*^^*)(中略)木村さんやひふみーよの皆さんのお話でカチコチだった思考がほぐされて、気持ちが軽くなりました(*^^*)ありがとうございます(中略)実際に子供達が、10年後、20年後、30年後に「幸せだなぁ」って思える【今】になっているように、この瞬間の《今》を大切にしていきたいなぁと思いました。そう感じさせていただいた今回の音声に感謝いたします」



「いつももあもあ通信をありがとうございます(^^)先生の貴重な体験心理を読ませて頂きました。子供の奥底の気持ちが解った様な気がします。とても苦しんで居ることは観ていて解るのですが、何をどう心の中で苦しんでいるのかがよくわかりませんでした。先生もここまで言葉に出来るようになるにはきっとかなりの苦しみや心の葛藤があった事と御察し致します。こんなに解りやすく文章にまとめて下さった事に心から感謝致しますm(__)mこの事をふまえて、私達両親がどんな事が出来るかじっくり考えてみようと思います」



「木村先生、これまでどうしたらいいのかまるでわからなかった自分の中の不安、苛立ちに、以前よりも上手く付き合えるような気がします(^^)まだ、1日の中でこう思えるのは、ほんのわずかですが、こう思えるようになったのは、生まれてはじめてだと思います。木村先生との出会いに、改めて感謝です(^^)本当にありがとうございます。」



「木村様からの「もあもあよくなる」、「ひふみ~よ」は、毎回本当に斬新で、新鮮な驚きと感動があります



「自立の準備が、少しずつ進んでいます。「学校が、めんどくさい、単位試験の勉強をやりたくない」と、言いながらも、「卒業して、新しい生活を始めるんだ。ゼロからやり直すんだ。」と、自分を奮い立たせ、卒業式を待つばかりとなりました。教習所も、地元の同級生が来ていて、嫌な気分になると言いながら、身分証明書として、免許証が欲しいと、頑張っています。「昔あった事を気にし過ぎるのが、少しずつ直って来たよ。まだ、嫌な気分にはなるけど、どーでもいい事じゃんって、すぐに思えるようになって来たよ。『昔の俺、お疲れ!』って、感じになって来たよ。」と、言いました。」



「卒業作品の為に絵の具セットを持って午後から学校へ行きました。帰りは友達と下校しました。友達と腕相撲をした話を教えてくれました。」



「ここ最近は週4で学校に行ってます。もう授業はないので行かなくても良いのですが、友達に会いたいし、話したいし、その為に行ってます。」



第116回の音声配信は、特に私のための音声のように感じました。ありがとうございます。まだ理解が浅いので、再度聴こうと思っています。」



私は、木村様に出会えて人生が変わりました。物の見方が変わってきました。同時に気持ちも全然変わってきました。なんだか毎日が心地いい感じです。本当に本当に本当にありがとうございます



「今月の音声配信は2つ同時配信だったり、短時間で沢山の質問がされていたり工夫がされていて、私達会員のための配慮や思いやりをすごく感じました!有難うございます



「次男は今月に入り、自分から通信教育の勉強を始めました。毎日30~40分欠かさず勉強しているようです。昨年の夏休みから全くしなくなっていたので本当に嬉しく思いますが、欲が出て動かそうとしないようにしようと思います。」



「第116回の音声、聴かせていただきました。もあもあよくなると相乗効果もあり、すーっと、心に入ってきました。すごく大切にしたい音声でした。木村先生ご自身の体験をふまえて語ってくださり、本当に本当にありがとうございました。



本日の試験をもって娘の受験は終わりました。昨日から前泊して試験会場の最寄り駅まで一緒に行きました。昨晩は2人共寝られず今は疲れて家に戻ったところです。色々とありましたが、大学受験は娘も私も大きく成長出来たと思っています。娘なりに良く頑張ったと思います。娘は自分で自分を褒めていましたし、私に『有難う』と言ってくれました。とても嬉しかったです。結果はどうあれ良い経験をさせてもらえて娘に感謝したいです。娘は明日休んで明後日からディズニーランドに旅行に行きます。私は明日の朝から仕事なのでもう寝かせてもらいます。まだまだ書き足りないのですが、後日に報告させて頂きます。明日からまた娘と一緒に成長できる様に、木村様の元でしっかりと学んでいいきます。」



「高校3年生の息子は、無事に卒業になります。今週の土曜日が卒業式です。数日間の卒業式練習を残し、今はのんびり過ごしています。既に合格した短期大学のオープンキャンパスにも通っています。一方、中学校3年生の娘は、志望校に向けてまだ受験勉強を続けています。そんな妹を気遣い、息子は静かに過ごしたり、外出しています。息子は、「転校して本当に良かった。不登校になって、夢が見つけられて良かった。」と言っています。木村先生の2月半ばのメールの内容の通りです。「不登校は無駄ではなかった」と実感しているようです。いよいよ明後日が娘の高校受験です。合格できるように家族で見守っています。(中略)またメールさせていただきます。そして、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。」



「高1長男ですが、何ヵ月も行けていなかった月曜日の学校に行きました!(中略)早退してくることなく、体育の授業も参加してきたんです!」



「高3娘ですが、昨年10月から転学した通信制高校を今月無事に卒業できる見込みとなりました。以前娘が体調を崩し、リストカットしながら、心療内科に通院しながら、死に物狂いで高校に通っていた時、私はその娘の苦しんでいる姿を見ていることが出来なくなり、私は娘に「お母さんは、学校辞めてもいいと思っている。あなたと一緒にいられるだけで幸せなの。だから無理しないでほしい。」と、私の気持ちを伝えたのですが、それはあくまで私の考えでしかなかったのです。娘には、途中で高校を辞めるという選択肢はなく、どんなに辛くても苦しくても、このまま高校を卒業したかったのですね。(誰だってそうですよね…)娘は頑なに「今、留年したら、もう1年勉強しなければならない。そんなこと、今の私には無理だ。中卒なんか絶対いやだ。そうなったら私は死ぬ。」と言い切り、学校を辞めるとは絶対に言いませんでした。そしてとうとう卒業するということをやりとげてしまいました。娘は本当にすごいです。(中略)これから、娘なりに、娘のペースで、娘の天性にあったやりたいことを必ず見つけ、娘のこの素晴らしいど根性を発揮して、そのやりたいことを成功させると私は確信しています。その日がいつになるのかは分かりませんが、私はその日が必ずやってくると信じ、これからも娘のためになる良いサポートができたらいいなと思っています。そのために私がやるべきことは、木村さまのサポートを継続させていただくことだと思っておりますので、木村さま。こんなわたしですが、引き続きこれからもどうぞ宜しくお願いいたします。」



「今日は長男の卒業式でした。午後から校長室での特別な卒業式。私にはとても温かみを感じて大変うれしかったです。長男は「行くの面倒だ。制服着る必要あるのかな」なんて言っているものの、きちんと準備していました。久しぶりの学校に、「あんまり学校行っていなかったからあっという間の卒業だわ」なんて笑顔で言いながら校舎に入りました。小学校、中学校と長男は色々な経験をしました。親として支えてあげることができずとても辛い思いをさせました。長男は、入学する高校がとても気に入っているようです。とても納得しているようです。心からそう思えた学校に出会えたことにまずは感謝しています。これからの高校生活は、いいことも悪いこともあると思います。私はその度に今までとは違った私で受け止めることができるよう今日一日を感謝して、多くを望まず今の自分が幸せであることを感じる心を忘れず感謝できる私であるように。生活を送りたいと思います。今日も家族が笑顔で過ごせました。卒業とお雛様を兼ねて自宅で美味しくお寿司を食べました。頼んだだけでは足りなかったようで、私の分は息子たちの口へ運ばれました。美味しいと感じて食べるなんて素敵な事です。そう思えたら私は反対に胸がいっぱいで食べれませんでした。」



「いよいよ3月、次男の卒業式が14日です。号泣しながら退場してきた中学校の卒業式が忘れられません。どんな顔で卒業していくのか、とても楽しみです。そして、その前の11日がアパートの引き渡し...すでに長男のアパートに居候しながら、大学の練習に参加していたので、2月もほとんど家にいなかったのですが、やはり一人暮らしとなると、不安と楽しみが私の中では半々です。これから始まる次男の生活を、少し離れたところから見守るつもりです。」



「息子が不登校について自ら語りはじめました。「高校時代の不登校がなければ、何も決められない人間になっていたし、自分を振り返ることもできなかった。それから、自分に自信も持てなかった。」ということでした。息子は、自宅から通える短期大学を選びました。それは、本人が本当に望んだことで、以前在籍していた高校では、それは叶わないことだったと思います。進学するということを自分で決め、しかも、自分が学びたいことを学べる短期大学に入れたことを本当に喜んでいます。それから、中学校の時に様々な辛い経験をしていたことも話してくれました。しかし、その辛い経験は、不登校から抜け出す原動力となったということでした。息子の色々な話を聞いて、とても勉強になります。経験をするということは、とても大切なことだと思いました。」



月曜日から次男は金曜日迄、毎日、登校して(朝は車で送ります。)友達と下校しました。毎日、担任の先生から1日の報告の電話があり、今日は友達とこんな感じでしたとか、給食、少し食べれましたとか、左利きで書写の苦手な次男なので、その時間は職員室で更に(苦笑)苦手な算数をやっていたり…そして、木曜日は授業参観日でもあり、私も久し振りに参観する事が出来ました。(涙)今年度のPTAの学年委員長なので総会と懇談会の司会も最後に務める事が出来て本当に良かったです。自己満足ですが…。懇談会では先生の配慮と気転から、出席した父兄全員が6年間の思い思いを話す時間もあり、大なり小なり皆さん、それぞれあって、何事もなく6年間を過ごした親も子供もなかったのだと感じました。いつもはすました表情のお母さん方が泣きながら、お子さんの話をする姿に、出席出来て、その時間を共有した事に感謝しました。」



「本日は、うれしい報告をさせて頂きます。娘が昼間定時制の高校に合格しました。本当は受験にいけただけでもありがたいと思っていたのに。」



「いつも温かいお気持ちで、受け止め、ご指導を続けて下さっている木村様が、いて下さった事で、気を取り直し、対応を修正し、気持ちを安定させる事が出来ました。本日無事に卒業となりました。これからが、本番だと思っておりますが、一つの節目を迎える事が出来ましたので、感謝の言葉をお伝えしたいと思います。木村様 本当にありがとうございます 。お会い出来て本当に良かったです。(実際にはお会いした事はありませんが)今までに頂いたもの、愛の大きさに感謝しております。頂いているばかりで、何もお返し出来ていませんが、感謝の気持ちをお贈り致します」



「娘は昨日、半日ですが学校に行きました。(中略)先週末から、ピアノを弾いたり、漫画を描くことも再開しました。超大作らしく、ストーリー、キャラクター作りに精を出している様子です。先生から直接いただいたアドバイス、本当に嬉しかったです。」



「雪の中、引っ張られた状態で登校したのち、何度か学校に遅刻をしながら自分で電車で行きました。(中略)木村さまのおっしゃる10年後20年後の息子、息子の子供を思い浮かべて見ると少し力が入っていた自分が楽になりました。細かで身近な事は多々あります。どうしてもそこに目を向けてしまいます。その考えを少しづつ変えさせていただける木村さま。楽な気持ちで素直にメルマガを読み、音声配信を聴き、コーチングに答えて行くことだけにまずは考えて進みます。」



「三男は今日はこども園でクッキングがあるからっと張り切って登園出来ました。次男も学習カードを今日も書いて持って行きました。長女も昨日は喉痛で寝起きに具合悪そうだったのが、早く寝たおかげでスッキリ起きて、やり残した宿題を時間までに済ませて元気に行ってきます!っと行って行きました。



「木村様いつもありがとうございます。毎日のメルマガやひふみーよの音声配信ありがとうございます。会員の皆様へも感謝お伝えしたいです。ありがとうございます。木村様が読み上げる会員の方のメールを聴きながら「そうそう、わかる。」「みなさん頑張ってらっしゃるんだな」と勇気や喜びを感じています。息子は単位制の高校への進学を自ら決めました。面接へ行きました。



新生活の準備を1人で進めています。家財道具の搬入やPCの設定に来られる業者さんに合わせて上京し、自分で対応して、帰って来て、また上京を繰り返しています。予備校も以前からお世話になっている先生と相談して、再開日を決めたそうです。先生の勧めで、生活リズムを保つ為や世の中の厳しさを学ぶ為に、バイトを始める事にしたそうです。どんどん自分で決めて、行動しています。わからない事があると、電話をかけてくる程度で、私の出番がほぼなくなりました(泣き笑い)木村様の「子供は、ある日突然、動き出す。」のお言葉 ご指導を頂き始めた頃は、信じられないような、遠い未来のように思いながら、すがるように信じようと、折れそうな気持ちの支えとして、何度も何度も頭の中で、繰り返していた事を思い出します。それが今、現実の物になりそうな、なり始めているような感じです。気持ちを落ち着けようと思っていますが、涙が出そうになります。ありがとうございます。(中略)子供達が不登校になって、木村様とお会いできた事で、私が頂いた多くの気づきが、家族の幸せは、もちろん仕事や日時生活、友人関係までも変えてくれています^_^ 木村様 まだまだこれからお世話になります。未熟者ですが、よろしくお願い致しますm(_ _)m」



「朝、息子の部屋を覗くと息子も起きていて、暗がりの中参考書を見ていました。自分の部屋なので電気を点けても誰にも迷惑をかけないのに、何故か懐中電灯の光で勉強していたので、ちょっと笑ってしまいました(^-^;結果はまだですが、無事受験に行けて良かったです。本人もスッキリした顔で受験会場から出て来ました(*^^*)」



「116回とてもとても素敵な音声でした(^^)有難うございました。娘はディズニーでむちゃくちゃ楽しんでいる様です(^^)怖くて乗れなかったジェットコースターにも乗ってます。」



「色々な事が重なり、息子が学校へ行けなくなってしまってから私は、ありとあらゆる本を読み漁り、もう行く所がないくらい相談にも行きました。それが、こんなに長引いてしまった原因だったかもしれません。その時は、木村さんのところには、何故かたどり着く事が出来ませんでした。(中略)今年に入り、親として何をしてあげられるのか?と考えて検索していた所、木村さんにお会い出来ました。仕事をしている為、なかなか一度に音声を聞くことが出来ないのですが、音声の力ってすごいなって思いました。まだまだ、聞き足りないので質問に答えたりまでは出来ませんが他のお母様方のメール報告もとても参考になります。」



「木村様・会員の皆様いつもいつもありがとうございます。(中略)次女は、次の学校を受ける事で思案中です。



「息子は気分的にかなりよくなり、登校したり、ゲームを封印したり、絵を描き始めたり、お菓子を作ったり…。(中略)木村さん、親って難しいですよね。クタクタになっちゃいますね。でもひふみ~よの会員の皆様の音声を聞いていると、「私だけじゃないんだ」と勇気がでます。



「先日ひふみーよの仲間入りをさせていただいて、まだ全部の音声は聞けていないのですが、いろんな親御さんのメールを聞いていると、本当に勉強になります。「なるほどなー・・・」「私はここはまだできてないなー」など、今の自分が出来ていないところと照らし合わせながら、聞いています。(中略)ひふみーよ会員になったのは最近ですが、ブログでは数ヶ月前から勉強してました。(その成果が少しは出てると思いたいのですが)息子が不登校になってからは、朝は嘔吐や腹痛があるので、朝ごはんはほとんど食べれず、グッタリだったのに、ある日の晩、急に「明日は5時半に起こして!」私はびっくりして「5時半!?なんで?」「早く起きた方が時間もあるし、気持ちがゆったりするから。ほんで、朝ごはんはウインナーと卵焼き作ってな」宣言通り、息子は5時半に起き、卵焼きとウインナーを完食しました。いつもは食パンを少しかじる程度だったのに。だけど、やっぱり腹痛は起きてしまって辛そうだったのですが、この日はいやがらず学校に行きました。



「読者からのメールの紹介で、読者の皆さんが木村先生から、“勇気”を得ていることがよくわかり感動しました。それを読んでいる私にも“勇気”が伝染し、あたたかな気持ちになりました。」



「木村様はよく「夫婦関係改善が不可欠」とお話しされておりますが、私のように夫を亡くした人にとっては、無関係なことなのかな?いつか質問してみよう、と思っていました。先日送っていただいた「もあもあ」3月分に載ってました~ 「死別」「離婚」の場合も含むんですね。(中略)夫の良いところや楽しかった出来事などを思い出しながら、心の中の夫と対話していきます。新たな気づきをありがとうございます。



「いつもいつも私に力を与えてくださり本当にありがとうございます。(中略)第116回の音声配信もありがとうございました。すごく心に響きました。以前聞いたことをすぐに忘れそうになる私に、もう一度考える機会をくださり本当に感謝です。(中略)今回の音声で、木村様が思い切って裸の部分を見せてくださり、「今の次男も同じような気持ちでいるのかな、どんな思いでいるのかな」と思いを巡らせることができ、また、今後どのような対応をすれば良いかも見えてきて、心のザワザワが納まってきた感じです。でも、またすぐに忘れるので、この音声は繰り返し聞いていこうと思います。いつも本当にありがとうございます。」



「毎日のもあもあよくなるのメールでたくさんの気づきを頂いています。繰り返し読んでみると以前は気づかなかったことがわかったりすることがあります。毎日、毎日、本当にありがとうございます!今日は高校のプレ登校。朝、自分で6時過ぎに起きてきました。(中略)先ほど、電車に乗って行きました。楽しく過ごしてこれるといいな。」



「毎日配信ありがとうございます。十回までを今、読み返し この二週間を振り返っています。行かなくなって初日から比べると 部屋からでてきてリビングですごす時間が増えてきた 昼夜逆転を子どもが意識して治そうとしている 工夫している 色々なこと話すようになる 学校には二週間のうち3日行った そのうち一日(姉の高校の卒業式の日)は自然に



「いつも素敵なサポートありがとうございます(^^)(中略)116回の音声、木村様自身のお話をしてくださって本当にありがとうございます。まさに私の事と思える内容で、何度も聞かせていただきました。(中略)心が忙がしくしている中でも、前を向こうと思っていられるのは木村様のおかげです。木村様ありがとうございます。」



「年度末になって忙しい毎日なのですが、先生からのもあもあよくなるや音声の聞き直しなどをして過ごしていました。今回のメルマガや音声は、本当に元気が出る内容でした。(中略)メルマガも音声ももっともっと読んで、聞いて自分のマインドを柔軟にしていきたいです。木村先生、これからもサポートよろしくお願いします。」



「いつも、中身の濃いサポート、ありがとうございます。木村さんのサポートに出会えて、本当にラッキーだと思っています。



「いつも、メール配信、音声配信ありがとうございます。日々の配信を心待ちにしています。そして、いつもハッとさせられることばかりです。(中略)3月1日に、娘は高校を卒業しました。(中略)学校からのかえりに、ファミレスにいき二人で夕食を食べました。久々にゆっくりと、話しながらご飯を食べ、楽しい時間でした。(中略)最近、何人かの友達とは連絡を取り始めたようで、おとといも出かけていきました。仲間という感覚でグループで集まる関係が、苦痛だったという話を娘から、ファミレスで聞きましたが、友達と2人で、ご飯を食べたり、買い物をするのは楽しいようです。」



「118回で木村先生がおっしゃっているどれもが、今の私が見透かされているかのようなで衝撃うけました。



「いつも音声ともあもあの配信をありがとうございます。会員の皆様の報告を聞き、「あるある!そうそう!」「スゴイなぁ」「同じような境遇だなぁ」等々、多くの気付きと勇気をもらっています。会員の皆様、そして木村様、ありがとうございます。「子供の邪魔をしていませんか?」は、思いあたることがあり過ぎます。不登校になる前からです。子供達のためと思って様々な習いごとに通わせたり、特別イベントに参加させたり…子供達の意見を聞いているつもりでも、子供達はきっと私に気付かって「嫌」と言えなかったのだと思います。色んな面で、私が先回りして、指示したり、提案したりと、子供達をコントロールすることばかり。10数年間こうして子供達を育ててきた癖が出来上がってしまってます。過去の音声にあった「他人からみて良い妻・良い母でありたかった」とおっしゃっていたお母さまの報告、まさしく私もそうだ!と気付かせて下さいました。と同時に、他にも同じ過ちしている、私だけじゃないんだ、これから気をつけていけばいいんだ、と勇気を頂きました。



「いつも、メルマガ、音声配信をありがとうございます。また、会員の皆さま、メール報告を聞かせていただきありがとうございます(^^)いつも勇気をいただいています!116回音声配信、私も繰り返し聞かせていただいています。117回音声配信で、その116回音声配信について、ある会員さんがご自分のことのようだと報告していましたね。全く私も同感です!!(中略)木村先生にとっては、あの音声配信は御負担だっただろうと推察いたします。その分、いつにも増して、私、そしてほかのひふみーよ会員さんもおそらく、受けとったものはとても大きなものだと思います。与えることはうけとることにつながるのですよね。先生にも素晴らしい何かが、やってきますように(^^)」



木村先生のカウンセリングを受けて私の思考が変わった事で、改めて息子の素晴らしさに気ずき将来の可能性が無限大であることを知りました。。(中略)息子と一緒に(いや少し遅れて)私達も成長しています」



「息子ですが、アルバイトをとうとう始めました。近所のスーパーの品出し業務です。今日で4日目ですが、頑張っています。新しい事を始められて良かったなと思っています。」



「最近の息子ですが、表情が明るくなりました。自分からも、雑談をしてくる事もあり、色々な話をできるようになりました。



「やはり木村先生の音声配信は、ハッと気づかせてくれる力があり、本当に感謝してます。(中略)笑顔で「行ってきます」と言って、半年ぶりに自分の足で学校に行きました。私も半年ぶりに玄関から「いってらっしゃい」を言えて、何とも言えない感情が溢れ、涙が出ました。普通のことが普通にできる事って、こんなにもありがたいことなんだと改めて思いました。式は、ちゃんと練習には出ていなかったものの、名前を呼ばれた時は大きな声で返事をし、将来の夢を大きな声で言い(色んな国に行って、世界遺産を見て回りたいそうです)、卒業証書をしっかり受け取った姿は、本当に立派でした。涙が止まりませんでした。今日から春休み。息子は友達と遊ぶ約束をたくさんし、とても楽しみにしている姿は、私もとても嬉しくなります。半年も学校に行けてなかったのに、仲良くしてくれているお友だちにも感謝です。春休みにたくさん元気のパワーを充電できるように、楽しく過ごしてほしいです。これから中学生になるので、私もまだまだ気を緩めることなく、だけど時々は休憩しながら、マインドの変化を頑張りたいと思います。」



「今、私がいつも心待ちにしている事は、ひふみ~よの音声が届く事です。一番新しい音声をすぐ聴きたくなってしまいます。今回も118回音声ありがとうございました。木村さんの冒頭のお話いつも為になり心に染みます。会員の皆様のメール報告どれも皆素敵です。」



「いつももあもあ通信をありがとうございます。今回の通信も心にズシンと来ました。知らず知らず子供の邪魔をしてしまう親。。。きっと私もその一人だと思います。不登校5年目に突入したのにはきっと私と夫が子供の主体的な動きの邪魔をしている原因がある結果だと思います。(中略)ありがとうございますm(__)mまた一つ自分のマインド変化のヒントを頂きました(^^)」



「いつも変わらず温かくて、そして、進化し続けている木村さんを尊敬するばかりです。(中略)木村さんがオススメする不登校対応の根幹…ひふみ~よに入会してから、一番難しいと感じていた時期でした。でも、今回の音声の冒頭のお話を聴いて、停滞していた状態から、またまた木村さんにやる気とパワーをいただきました



「今朝、娘は4月初日からの学校復帰を目指し、いろいろ思いを巡らせていること。高校に行ったら、運動部のマネージャーをしたい。勉強、全然してない、どうしよう。など、前向きな話をしてくれました。



卒業式の翌日に、さっさと上京しまして、改札までの見送りもしなくてよいと、駅に入って行きました。甘えん坊で、家では、まとわりついて、喋り続けていましたのに、自力しようという決意で、振り払われました(泣)(笑)私も子離れさせられました。子供達に負けないように、出来ることから、少しずつ変わる努力を続けようと思います。温かく、おおらかに、信じて、受け止めて、私のペースで、学ばせて頂きたいと思います。これからが、新しいスタートだと思います。新たな気持ちで学ばせて頂きたいと思います。よろしくお願い致しますm(_ _)m」



家で少しずつ勉強し高校に合格し、先日卒業証書を授与していただき、なんとか、中学校生活が、終わりました。家族との会話は普通になり家族との外食も行けるようになりました。以前の私立中学校の友達や地元の友達とも普通に電話で会話をしています。」



「学校のカウンセリングは、なぜ、なかなかうまく機能していないのでしょうか?うちの場合もそうでしたが、不登校の家族会でも、学校のカウンセリングでうまくいったという話を聞いたことがありません。中にはあるかもしれませんが。(思い込み禁物なので(^^))カウンセリングの先生方にも、木村さんのカリキュラム、学んでいただけたらよいのに。(^^)



「いつも素敵なサポートありがとうございます。もあもあよくなるも、117回、118回の音声配信もありがとうございます。パワーダウン中の私ですが、木村様のお声を聴くとなんだかスーッと気持ちが落ち着くというか、素直な気持ちになれます(^^)(中略)118回の音声の冒頭のお話し。まさに今の私の事で、当てはまりすぎて、木村様はエスパーなんじゃないかと本気で思えてきました(笑)」



木村先生に、学ばせていただく事ばかりです。それはきっと、子供が不登校でも。不登校でなくても。幸せになるヒントがいっぱいつまっていて、人間として大切にしたい、普遍的なものを教えてくださってると、感じる今日この頃です。いつもいつも、本当にありがとうございます」



「先日は第119回の音声で私のメールを紹介していただき、コメントをありがとうございました(*^^*)木村先生からのあたたかいエールとして、受けとりました。他の親御さんからのメール報告も素晴らしかったです。それに、冒頭のお話!これが木村先生が一番伝えたいことなのではないかと思いました。そして、そのお話を裏付けるというか…、違う側面からお話してくださった今回の第120回の音声配信。聴きながら感じたのは、こんな話を教えてくださるのは、このひふみーよだけ、まさに木村先生にしか出来ないことなんだと。最近、この活動を『使命』と話されること、とても納得しています。私はプレゼントしてくださる過去音声がとても好きなんです。電話相談されてた時期からの会員の方々のメール報告は、木村先生との距離が近い感覚があり、聴いていて、気付けば、こちらも親しみを持って聴いているんですね。もちろん学ばせてもらうところはたくさんあります!それはそれとして、やはりここ最近の音声配信は何かが違う、というのも感じていて…。それを強く感じたのが今回の第119回、120回でした。これからも繰り返し、楽しみながら聴かせていただきます(°∀°)いつも、本当にありがとうございます\(^o^)/」



「長男も本来の長男らしく日々充実した時間を過ごし、夢に向かって進んでいます。次男も夢に向かって覚悟を決めて一歩踏み出すところです。それぞれ大人に近づいていて、嬉しくもありさみしくもありますが、やはり子供の成長は親にとっては大きな楽しみですね。三男は好きなことがたくさんあるのでどんな風に成長するのかこれからが楽しみです。そのようなことに気づかせてくださる木村様にはいつも感謝です。木村様のますますのご活躍をお祈りします。いつもありがとうございます。」



「第120回の音声配信いただきました。ありがとうございます。(中略)今回は移動時間にさっと聞けてちょうど良い音声でした。久々に木村さんの優しい声が心地よい移動時間になりました。ありがとうございます(@^▽^@)」



今回の音声、短くても自分の振返りや気づきを得られるメッセージが含まれていました。木村先生は直接的な指導ではなく、あくまでも間接的に、しかも様々な角度や方法で伝えてくださっています。親自身が考えて咀嚼して身につけられるように。この方法は、とても忍耐が要ることとお察しします。その優しさと受容と忍耐力に頭が下がります。いつもありがとうございます。」



「先週24日は次男の中学校の終業式でした。入学式と2日だけ行ってもう行かないと決めた日からもうすぐ1年。朝ギリギリまで迷って自分で決めて40分位でしたが教室に行きました。本当にこんなことが起きるんですね。私は内心行かないだろうなと思っていましたので嬉しさよりもいきなり教室まで入った勇気に驚きました。」



「いつも素敵なサポートありがとうございます。会員の皆さまもありがとうございます。素敵なメール報告を音声で聞き、もあもあよくなるで読み、癒されたり、元気が出たり、励まされたり、反省したり、様々な気づきをありがとうございます。遅くなりましたが119回の音声ありがとうございました。じっくり2回聞かせて頂きました。冒頭のお話し、とても大切なお話しをありがとうございます。」



「ひふみ~よ119回目配信ありがとうございます。出先からの帰宅中の車の中で聞いていました。読んで頂きありがとうございました。聴いているうちに、なぜでしょうか。涙が止まりませんでした。緊張した心がほどけていくような感覚にもなりました。



「119回の音声配信拝聴させて頂きました。冒頭の木村様のお話も会員の皆様のお話も今私が聴くべき内容だと感謝でいっぱいになりました。ありがとうございます」



私は、面と向かって話したり、電話相談をすることが苦手なので、家に居ながら、しかも自分の都合が良い時に、たくさんの人と会話しているような気持ちになることができ、毎日、カウンセリングを受けている様な気持ちにもなるサポートは、とてもありがたいです。いつか離婚しようと思っていた私が、今では楽しみながら一緒に生きていきたいと思うようになりました。ありがとうございます。」



「いつも、温かく的確で最強のサポートを本当にありがとうございます。そして、会員の方々のメールからは、励まされたり考えさせられたりと、いろんな気づきをいただいています。ありがとうございます。(中略)娘は、大学の卒業式の日には、大学へ4ヶ月ぶりに行く事ができ、卒業式後のゼミのホームルームに参加してきました。(中略)大学へ行けなくなった半年前、過呼吸を起こし、身体を震わせ、布団にもぐりこんでいた娘でしたが…こんなに元気を取り戻してくれたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。帰りには、「今日は行って良かった。行ってなかったら、みんなのツイッターやSNSを見て落ち込んでいたと思う」「この大学で良かった」とたくさん話をしてくれました。」



「119回音声の冒頭の話し、またまた私の脳天直撃!(中略)木村先生に出会えて、そして119回音声でガツンとアドバイス頂き、私の奥深くに根ざしていた間違った思考が解きほぐされた感じです。(中略)いつもいつも、私の心境を見透かしているかのようにタイムリーなアドバイスをくださり、ありがとうございます!」



時々友達パワーを借りながらこの1年はトータルで30日も休んでないかな?部活も頑張ってます!楽しく学校に通うことが出来ました。(中略)木村先生との出会いに感謝して、今の穏やかな日々を有り難く過ごしています。」



何よりこの日嬉しかったのは、学校から帰って来てからの表情がとても穏やかで、落ち着いた様子でいたことです。どんな思いでいたのかは分かりませんが、いい時間を過ごせたんだなぁ♪ってことは、彼の表情や様子から伝わってきました。」



「毎日サポートをありがとうございます。慌ただしい毎日の中でも、[もあもあよくなる]や音声のお陰で気持ちを落ち着ける事が出来ました。特に毎日届くメールは最強ですね。不登校対応がおろそかになりそうな私をハッとさせて気づかせてくれます。本当に感謝しています。



「今日は、うれしいご報告です。高1長男が無事に進級出来る事になりました!(中略)担任より「なんとか仮進級となりました!」との連絡が。「やったぁー!!」と大きな声で叫んだ息子に、家族みんなで喜び合いました。その後学校側との面談があったのですが、「たぶんずっとニコニコしてると思う」と言っていた息子でしたが、「感謝しています。ありがとうございます。」と泣いていました。息子の涙を見たのは、中学校の卒業式以来でした。」



「卒業式の練習に参加できたことは、息子自身も「ほんま、よう行けたわ!!!」って、驚いています。式にはお友達が迎えに来ても、そして、来なくても行く!と…当日は自分で早く起き、朝食もしっかり食べ、迎えに来てくれた友人達と一緒に登校しました。



「いつも、ありがとうございますm(_ _)mたったいま、118回の音声を聞かせていただきました。私のメールが紹介されていて、ビックリビックリでした(≧∇≦)。暖かいコメントに、ただただ感激して感謝の気持ちでいっぱいです☆。聞けて良かったです。最近、体調が悪かったのですが、一気に良くなった気がします(^O^)。(中略)本当に、優しさあふれる配信を、いつもありがとうございます(o^^o)。」



「いつもありがとうございます。そして、「もあもあよくなる」に、中高一貫校と地元中学に揺れている息子と私の焦りや迷いを共感してくださり、感じたメッセージをくださり、涙が出てきました。心から感謝しています。ありがとうございます。(中略)私の知らないどこかで、私の事を自分の事のように考えてくださる方がいる。本当にありがとうございます。」



「毎日、いつも、24時間支えていただいています。本当にありがとうございます。(中略)木村様のブログに出会えなければ、わたしは今よりもまだずっと孤独だっただろうと思います。幸せになりたいです。木村様、ありがとうございます。」



「いつもサポートをありがとうございます。“もあもあよくなる”と音声に日々励まされながら生活しています。音声は、まだ119回の途中なのですが、木村先生の声を聞くといつも自分の心の状態にピッタリあっていて、「そうなんです。私、落ち込んでいました。先生、私の気持ちを察してくださったんですね。そうなんです。なにか思い違いをしていましたよね。気づかせていただき、ありがとうございます。」音声に思わず返事をしていました。(中略)先生が、いつも不登校対応の根幹は、いろいろなところで活用できますよ。とおっしゃっていましたが、まさにその通りでした。新たな出逢いが、自分自身を変えるきっかけになるかもしれません。今日も、息子から話しかけてくる回数が増えてきました。「新人さん、どんなだったの?」「今日、早く寝る?」優しい言葉がけでした。うれしかったです。息子の優しさにいつも感謝しています。」



「木村さん、いつもお世話になっております。新しい音声をありがとうございます(^^)大先輩のひふみ~よの皆さんのおかげで、今のこのひふみ~よがあるんですよね。本当にありがたいです。ありがとうございます。…ってことは?今の私達も将来のひふみ~よの皆さんにお役に立てるってことですね♪そう考えるとワクワクしてきました♪それと同時に少しでも力になれるように!とヤル気もいただきました!(中略)こんなにも不登校を強みに人生を楽しんでおられる木村さんの側にいられることが、私達の強みですね笑 本当に心強いです!!いつもありがとうございます^_^」



「不登校だった息子は、進学先の短期大学のガイダンスに2日間参加しました。他の通信制高校を卒業した学生さんもいるようで、「友達ができた!」と喜んでおりました。(中略)新しいスーツを着て、少し大人びた息子を見ることができたのも、木村先生の毎日のご支援のお陰です。」



今日から娘と私の新しいスタートです。春休みの1日1日を大切にして行きます。入学するまでに悩みや不安もあるだろうし、どんな小さな事でも流さず、しっかりと受け止めていきたいと思っています。」



「木村先生、こんにちは!いつもお世話になっております。息子は高校を卒業し、数日が経ちますが、自分が卒業できたことに今でも感動しています。「転校して、あの学校にかえて、本当に良かった!」と言っています。また、「高校が待ってくれて、時間がもらえたから、自分で考えられたし、夢も見つけられたよ。」と言っています。不登校は息子にとって、必要な時間だったと、改めて感じることができたようです。そして、中学校3年生の娘は、公立高校に無事に合格しました。 不登校の息子が先に進路を決めることができたので、娘の受験に集中することができました。昨日は、息子と娘の3人で買い物をし、合格祝いとして、いつもより豪華なディナーを自宅で食べました。3月はお祝い事が続き、外食だと大変なので、ホームパーティーにしました(^^)とても幸せなディナーでした。子供たちによって、私は沢山学ばされ、人間として少し成長できたのではないかと思います。主人も同じことを言っていました。木村先生、そして、不登校に悩んでいる皆様にも、深く感謝します。ありがとうございました。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。」



小6娘が、お陰さまで明日無事に卒業式を迎える事となりました。そして、小学校の広報委員の方が作って下さる、最後のPTA新聞が発行されました。裏面は、《卒業おめでとう!》と題して、卒業生91人全員の《家族への感謝のメッセージ》がのせられていました。いつも相談に乗ってくれてありがとう…いつもおいしいご飯を作ってくれてありがとう…毎日働いてくれてありがとう…育ててくれてありがとう…などなど色々なメッセージがあるなか、娘の言葉はこうでした。【いつも困った時に話を聞いてくれてありがとう】でした。涙があふれました。次男に続き娘が不登校になった時、不安や焦りが私を混乱させました。そんな時も木村先生のサポートが私にはありました。「話を聞いてくれてありがとう」娘が少しでもそう思ってくれていた事が本当に本当にうれしかったです。そして、似たようなメッセージがあるなか、このメッセージを書いてくれたのは、娘だけでした!「親は、ただ子供が学校に行ってくれればいい!としか考えていないの!」ある日の娘の言葉。私の気持ちはどうでもいいの?と言われたようで、胸に突き刺さりました。私の対応が、娘に言わせた言葉でした。今でも時々思い出します。その度に、前の自分に戻ったらダメだよ!と自分に言い聞かせ音声を聞いたり、メルマガを読み直したりしています。木村先生、何度も苦しくて泣きましたし、もうどうにでもなれ!と不登校対応をやめたくなった時もありましたが、諦めないでよかったです。失敗の多い私ですが、それでも少しずつ不登校対応の根幹が身についてきた証の言葉を娘からプレゼントしてもらえたような出来事でした。また、ここからですよね。これに満足せず、元の自分に戻らないよう精進するのみ!ですね(^‐^)これからも、サポートをよろしくお願い致します。」



「今日は卒業式。長男、朝から卒業式へ行ってみんなと一緒に卒業してきました。(中略)なんども見学した卒業式。ちゃんと動きもわかっていて大変立派でした。卒業証書をもらい、こちらまでゆっくり歩き頭を下げる長男。涙でよく見えません…。隣にいたママ友もそして主人も泣いていました。いろいろあったなぁ。みんなにたくさん助けてもらったなぁ。本当に長男の言うように無駄じゃなかった、充実した三年間でした。関わってくれた方々に感謝をするこの気持ちも長男のすごく頑張った気持ちを感じれることも木村さんが私にたくさんのヒントと気づきを与えてくれたからです。本当に、本当にありがとうございます。明日から長男にとって、私にとっても新たな一歩となります。これからもよろしくお願いします。」



「本日息子が高校を卒業しました。本人は人生で最も感動した式典だそうです。今も興奮しています。辛いことから抜け出したことが本当に嬉しいそうです。親よりも本人が感動する卒業式になるとは思いませんでした。今迄ありがとうございました。これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。」



「いきなりですが、世の中には万が一が有るようで…息子は第一志望の公立高校に合格しました(*^^*)担任教諭からは、私との二者面談の時に99.99%無理だと思います。と言われていたので万が一と言う表現なのですが、最初、驚いて、喜んで喜んで、戸惑って…結果は水曜日に出ていましたが、ご報告までに3日もかかってしまいました(^-^;」