不登校対応チェックリスト

 

下記チェックリストに○か×で答え、○の数を数えてください
 
 
 
 
□「うちの子は何でも話してくれるから、
 重要な秘密はないだろう」と思う
 
 
 
□「不登校対応は難しい」と思う
 
 
 
□「笑顔で声をかけること」は不登校対応上、まずいと思う
 
 
 
□法律や医学で判断すべきことでも、
 できるだけ親が解決したほうがいい
 
 
 
□子供が学校に行ったら喜んだほうがいい
 
 
 
□子供の感情を直接変えてあげることも
 親の大切な役目だ
 
 
 
□学校に行かない理由は、
 はっきりと分かるまで聴いたほうがいい
 
 
 
□「学校に行かないと○○するよ」と厳しく言うことも必要だ
 
 
 
□子供が犯罪に手を染めても、厳しく叱ってはダメ
 
 
 
□表情・身振り手振り・声のトーンなどよりも、
 どんな言葉をかけるかが重要だ
 
 
 
□「聴く」ということは簡単。
 だから、どんな親でもすぐにできる
 
 
 
□親の感情はコントロールできないものだから、
 変えようとする必要は無い
 
 
 
□「救おう」という気持ちが、不登校対応で最も大事だ
 
 
 
□子供との会話で沈黙が訪れたら、
 できるだけ明るい話をしてあげたほうがいい
 
 
 
□不登校対応では、
 善意なら、たいていのことは上手くいく
 
 
 
□不登校対応上、良いと思うことは
 迷わずどんどんやったほうがいい
 
 
 
□子供が興味を持たない話はしても無駄なので、
 興味のある話だけをしてあげる
 
 
 
□「良くなりたくない」と思っている子供はいない
 
 
 
□親子間の口論は親一人じゃなくせないものなので、
 子供が成長するまで待つ
 
 
 
□不登校の子供を持つ親御さんは、みんな苦しんでいる
 
 
 
□親が子供の気持ちに共感していると、
 少しずつ甘えが出てくる
 
 
 
□子供と同じ気持ちになるように心がければ、
 子供が言葉に出さないことを感じ取れるようになる
 
 
 
□どんな場合でも、してはいけないことに関しては
 「~してはいけない」とはっきり禁止すべきだ
 
 
 
□間隔を置くと不登校対応の効果は落ちるので、
 集中的に行なったほうがいい
 
 
 
 
 
上記チェックリストの正解はすべて×。
○が多かった方は要注意です。
 
 
正解が×の理由は、次のページに書きました。
1つでも○があった方は次ページを読んで
正しい不登校対応のしかたを身につけてください。

 
 
 
⇒ 正解が×の理由は、こちら

© 2008 by SIA PROJECT 

Call us:

050-3578-1050

Address: 

東京都千代田区岩本町三丁目11番8号