「なんと、入学式から今日まで、一日だけ遅刻したものの、あとは毎日朝から登校しています。(中略)新しい友達もたくさん出来ました。最初のころは疲れて夕飯後にお風呂も入らずリビングで寝てしまうこともありましたが、なんとか朝起きてバタバタと出掛けていきます。昨日は前から嫌だ嫌だと話していた体育の持久走のテストがありましたが、頑張って走りました!ボール投げはなんとクラスで1番だったとか。宿題も毎日ありますが、先生の配慮で半分にしてもらい、やれる時だけ提出しています。今は学校に通うことを優先してもらい、部活の入部も見合わせてもらいました。学校側の配慮にも感謝です。最近は洋服を買ったり友達とご飯を食べに行ったり映画を見たり、そとに出ることがとても楽しいようです。友達との約束を楽しみに過ごせるなんて、なんて幸せなことでしょうね。そんな長女を見ているだけで私も嬉しいです。」

 

 

「無事進級し、いろいろな葛藤を抱えながらも前に進んでいます。2年生になり4月はなんだかやる気が起きないと言いながらも、1日休んだだけでした。学校や先生への不満はあるものの、家や友達との会話の中でそれを口に出せていることで、あまり溜め込まずにいられるようです。先日バイトの面接へ行きました。過去に2回不採用になったため、今回も多少不安な様子でしたが、面接後すぐに採用になり来週から研修など始まるようです。慣れるまでは大変かもしれませんが、使えるお金が増えて新しい世界に踏み出せればいいな、と思います。6月には日商簿記の検定があり、それに向けて勉強もコツコツ進んでやっています。」

 

「長男、高校が楽しいようで電車も間に合う時間より2本前のに乗って行きます^ - ^昨日はちょっと帰りが遅く。どこで遊んできた?とか思っていたところ、そうではなく委員会活動だったとのこと。」

 

 

「息子ですが、ギプスの足で6時間授業頑張っています。疲れて休む日もありますが、次の日には元気に学校に行きます。

 

 

「5月が始まりました。娘は毎日目覚ましをかけて自分で起きてきます。しんどい、辞めたいは口グセの様に言っていますが、大学は楽しいとも言っています。教科によっては予習、復習もあり、まるで高校生の様です。(中略)クラブも医学部と一緒なので興味深い話しが沢山聞かれます。(中略)自分の知らない世界でびっくりする事があり、毎日新しい体験の連続です。精一杯娘は頑張って成長しています。それを毎日ひしひしと感じています。手出し口出しは殆ど無くなりました。『彼氏が出来ないかな~。早く欲しいな~』と言ってるのでいつ叶うのか楽しみです。」

 

 

「4月は毎日通学した息子。月末の日曜日に参観日が有ったので、その代休も含めて6連休になりました。(中略)息子も連休明け、どうなるのかなぁ…と気にはしていましたが、月曜日からまた学校に行く1週間を始めました。朝は一応声を掛けに部屋を覗いてますが、ほとんど毎日自力で起きています。1日の生活リズムも自分で決めて動いているようで、ゲームをしたりアニメを観たりすることは止めてはいませんが、そこに勉強時間も組み込まれていて、夜もそれほど遅くない時間に寝ているようです。」

 

 

「一緒に遊びに行くほどの友達ができたり、2泊の宿泊研修に行ったり、何より1ヶ月も朝自分で起きて学校に通えていることは娘にとって素晴らしい体験だと思います。この先の娘を、私は落ち着いて、見守っていきたいと思います。」

 

 

「長男は、「学校は楽しい」と食事後の会話でありました。この発言は、私の記憶を頼りに振り替えると初めての発言です。学校が楽しい。そう口にしたことはありませんでした。部活楽しいとか、何かの行事が楽しかった。などの発言はありましたが、学校が楽しい。この言葉が聞けたこと大変うれしく感じました。長男は、学校が資格試験を進めることもあり、入学して2つの資格取得の申し込みをしました。理由は色々ありますが、大学進学に有利だから、働く際に有利だからと将来をきちんと見据えての行動です。「色々お金かかるよね。ありがとう」との言葉もありました。自分以外の人に向けての思いやりの言葉もずいぶん出るようになりました。」

「なんと!!今週月曜日に途中からですが学校に行きました!車からもすんなり降りて、スタスタ行ってしまいました(笑)教室に入れるか不安でしはらく待っていましたが戻ってきませんでした。そして今日も途中から行けました!いつかきっと、こんな日が…と楽しみに待っていましたが突然きました!(笑)急に五年生のドリルをやりだしたり、ビックリさせられてます。(中略)近々運動会もあり、夕方に応援練習があるのですが…それにも自転車で行って参加しています!

「2月から学校を休んでいた息子は6年生になり始業式、頑張って学校に行ってくれました。次の日も行きましたが続かず…。でも5月からまた行くようになり今日、修学旅行にウキウキしながら行きました。

「娘はいつも通り学校に通っています。最近は興味のない人から好意を寄せられて困っているそうです。『もてるって辛いわ』何て言ってますが、クラブの先輩なので全く無視するわけにもいかないと困った悩みだそうです。まあこれも新しい体験の1つかなと思っています(^^)」

 

 

「6月から地元中学に転校した息子は、今日まで休まず登校しています。一昨日の夜は、「明日は楽しい授業があるんだ」と時間割表を見せてくれました(^^)。」

 

「朝、ギリギリまで寝てましたが相変わらず早い電車で登校してます^ - ^最近ではなんと部活に入りました!軽音部!同級生も先輩達もとてもいい人達なんだそうで楽しく行っています。」

 

 

「先ほど、今日から地元中学に転校する息子が、「小学生じゃないんだから一人で行ける」と登校して行きました。昨日、夕方新しい担任の先生から電話をいただいて、先生と昇降口で待ち合わせをしたとのことです。昼夜逆転ぎみの生活は直前迄直っていませんでした。昨夜は「寝ちゃうと朝起きれないから、今日は寝ない。ここから調整する。そのために昼遅く起きたんだ。」と、登校に向けて自分なりの調整の仕方を考えた結果の行動のようでした。自分のマインド、夫婦関係等々、まだまだな私です。そんな中、息子が登校したことが奇跡です。木村先生、会員の皆様ありがとうございます。これからが始まりです。子供達の未来が輝かしいものになるように、コツコツ続けて行きます。今後ともよろしくお願いします。」

 

 

 

「昨年7月に再登校し、発熱や風邪で3日ほど欠席しましたが、それ以外は毎日学校へ行っています。(中略)先日は3年ぶりに運動会にも参加できました。(中略)今は楽しそうに 元気な声で行ってきます!と言って登校します。息子にとっても 見守る親にとっても試練の日々でしたが、今ごく普通の当たり前の日常が送れること、穏やかな時間が過ごせること、が、ただただ有難いです。」

 

 

 

「先週は、1日休んで学校に行きました。土曜日は、学校があり久しぶりに5日間続けての登校でした。(中略)木村さんの仰るとおり、インターネットのメリットに目を向けてみようと思います。(中略)木村さんにメールを送ることで、気持ちが整理されて心と頭がすっきりします。毎日のもあもあよくなるの発信ありがとうございます。何回もはじめから読み返しています。」

 

 

 

「今日も元気に学校へ向かいました。ありがたいです^ - ^」

 

 

 

「次男が今朝は学校へ行きました。(中略)主人は家族を理解しよう、支えようと。自分は何をしてあげられるのか。そして信じようとしています。「知らないうちに夫婦喧嘩ってしなくなったよね。理由は疲れたとかそんなんじゃなくてさ。本当にしなくなったよね」と主人が言いました。(中略)ここまで成長できたのは木村先生、ひふみ~よの皆様のおかげです。もちろん支えてくれた主人も(^^) 次男が登校をしたことは本人の強い意志から出来た事だと思います。(中略)私の成長を早めるためにも木村先生の音声とメールをより一層肌で感じます。」

 

 

 

「昨日、息子は定期テストの最終日でした。帰りが遅いなぁ~と思っていたら、帰りに母校の中学校へ一人で遊びに行って来たみたいです。(中略)楽しく過ごせたんだなぁってことが、息子の雰囲気から伝わって来ました」

 

 

 

「娘は毎日頑張っています。授業中の居眠りもお手の物だそうです。(中略)今日娘は卓球の個人レッスンに行きます。クラブの人には内緒で行ってます(^^)(中略)こうして色々と毎日あって、成長して行ってます。」

 

 

 

「息子は1時間早く登校して行きました。(中略)主人も「○○(息子)が学校に行ってるって当たり前じゃないんだよな。○○との夜の過ごし方考えてみるよ」と今までなかった、息子を受け入れる言葉を言ってくれました。毎日コツコツ、基本をコツコツ。楽しんで頑張りたいと思います。」

「中3の娘、適応教室には祖母の車で送迎してもらっていましたが、時々自転車で行くようになりました。めんごい笑顔が多く見られるようになりました。」

最近の息子は、全くといっていいほどしなかった勉強を自ら進んでするようになってきました。テレビを見たり、パソコンをしたり、スマホでゲームをしたりと、今まで通り自分の時間も楽しみながら、勉強の時間とを上手く切り替えていってるようです。(中略)息子は『来週は、漢字テスト、英単語テスト、社会のテスト、生物のテストがあるねん。遊んでられへんやん>_<』と言いながらも、何曜日はこのテストがあって…と詳しく教えてくれます。その様子がなんとなく嬉しそうで(^^)「もしかして、テスト楽しみなのかな?」と思いながらも、うんうん!と聞いていると…『なんか勉強ちょっと楽しいし…』と、ビックリ発言が!!木村さん、あれほど勉強が嫌いで、全くやる気のなかった息子からこんな言葉が聞けるなんて、本当に感動しました。それに『全部満点取ってくるわ!』と、意気込みまで聞かせてくれました。久々にやる気のある息子を見れて、こんなにも変わるのか!と驚きです!!無理をしているようでもなく、頑張り過ぎてるようでもなく…上手く言えませんが、自分のペースでいい感じで、前向きに自ら取り組んでいっている感じです。『何年ぶりやねん!!テスト勉強するの!』って自分でツッコミながら、自分の部屋へ勉強しに向かう息子が、とても眩しいです笑 ありがとうございます(^^)きっと木村さんに出逢うことがなければ、そして、ひふみ~よの皆さんに出逢うことがなければ、こんな変化は見れなかったと思います。自分の不安から逆の方へ逆の方へ動いて、そして心の状態も現実の状態も逆へ向かっていってたと思います。続けていくことの大切さを何度も何度も木村さんがお伝えしてくれています。毎回大切なことを繰り返し伝え続けてくれる存在がいてくださることは、本当にありがたくて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。今までクセ付いていたものへ少しずつ戻っていくことのないように、そして、まだ気づいていない大切なことを学ばせていただけることを楽しみに、継続して木村さんの音声、もあもあよくなるを生活の一部に引き続き取り入れて過ごしていきたいと思います。《楽しんで♪ リラックスして♪ 落ち着いて♪ 自分のペースで♪ 》が、私が無理なく心地よくいれる大切な進み方です。木村さん、これからもどうぞよろしくお願いいたします。」

 

 

「ゴールデンウィーク中、娘はバイトを頑張っています。食に関するイベントの派遣バイトです。いいご縁に恵まれて、楽しくお仕事させてもらっているようです。いろんな企業の方にお会いするようで~就活したくなってきたと話しています。いい大人もいるんだわ~と、仕事で良いご縁をいただいているようです。」

たぶん初めて、「勉強が楽しい」と言う言葉を三男の口から聴きました。(中略)子供達の成長、進歩に驚き、「いいぞお~、なんかいい感じだね。」というように、静かに喜んでいます。私の幸せ感が、毎日毎日アップしている感じです。」

「ここ最近、朝に起きて着替えてからリビングにきます^ - ^今日は6時半前に起きて朝勉。7時過ぎにはきっちり朝ごはんも食べました^ - ^嬉しいです^ - ^」

 

 

 

「昨日は、短期大学の課題に取りかかりました。今日は、自分でお弁当を作ってオープンキャンパスのお手伝いに行きました。どれも自発的な行動です。

 

 

 

学校から帰って来た息子に、暑さ対策を教わったので… 私が「暑いっ!って言うと余計暑くなる気がする」と言うと、息子は「自分はその逆。あっつ~い~↑って言うかなぁ。夏を楽しんでる感じ(^^)」と。思わず、「いいね~ お母さんもそうしよう」と真似をしました。木村先生、会員の皆様、ありがとうございます。」

 

 

 

「6月初めに体育祭があり、元気に参加しました。(中略)当日は「リレーの応援で声がかれちゃったよ!!」と真っ赤に焼けた顔で楽しそうに話してくれました。

 

 

 

今朝学校へ行きました。リビングに降りてきたら「パパ駅まで送って行って」と長男 のど越しの良いものだけを食べて出かけて行きました。」

 

 

 

学校に行きはじめて色々な事がおきはじめました。友達関係、学校での出来事。嬉しいのですが、一つ一つの私の対応次第で息子は私を試しているようにも思えます。安心して私を見てくれて話してくれるまでは私は変化し続けるつもりです。音声配信、メルマガを読みながら、どんどん成長していかないといけません。その手助けを木村さま、お母様方のメール報告でしていただいて本当に感謝しております。ありがとうございます(^^)これからもどうぞよろしくお願いします。」

「もあもあよくなるの『親も子も助かる方法①』を読んで今の娘と重なり、涙しました。娘はどこまでも親思いの優しい子なのだと気づかされました。」

「昨年の6月から勉強を全くしなくなり、机周りもほとんどを自分の部屋から放り出した息子でしたが、今日、「勉強するわ。全くわからんから友達に教えてもらう」と言って机と筆箱を用意し、友達が来てくれるのを待ってました。」

「毎日、家事をしながら聴かせて頂いておりますが、木村様の声、お言葉と共に、音声から伝わってくるエネルギーのようなものに癒される感覚が好きです。会員の皆様のメールに感動したり、共感したり、反省して、自分のダメさに気づき酷く落ち込む事もありますが、いつも自分の心が癒されている事に気づきました。」

「今朝、ヘッドホンをして、本当に久しぶりに、息子がピアノを弾いています。1年以上弾いてなかった大好きなピアノです。不登校初期、ある舞台にでることになっていたのですが、原因不明の足の痛みで舞台に立てず、それからずっと弾いてなかったピアノ。息子の中で、また何かが進んでいるのかもしれませんね。今日は、主人と就職試験について話していました。ふたりともいい表情。(中略)去年の今頃は、不登校初期で、本当に辛かったです。なので、今のこの家族で過ごす時間を大切にしたいと思います。家族それぞれ外にでますが、帰って休まる場所は、このやすらぎの家です。」

今日も6時前に起きて机にむかっています。私より早い起床でした^ - ^これから音声配信聞きながら朝食作ります!」

「8月1日の試験が終われば夏休みです。授業中に試験をする科目もあるので、今はとても大変そうです。試験勉強とレポート、なんやかんやと毎日遅くまで起きています。こつこつとするタイプではないですが、自分のペースでやっています。」

 

 

20日に受け取ってきた宿題。本日は27日。5教科以外に弁論、読書感想文を各5枚ずつの提出。これも含め宿題は全部終わったー!と、次男。毎日のしおりと、毎日やる自主勉強ノートだけまだあるそうです^ - ^勉強パワーはどこからでてくるのか。すごいパワー。楽勝~とばかりに今は好きな勉強をしています^ - ^」

 

1学期は5日お休みしただけでした。(中略)息子は息子なりに考えて次の行動に移しているように感じています。」

 

「長男は学校が夏休みに入ったものの、学校へ行っています。「俺夏休みなのに、めちゃくちゃハードなんだけど(*^^*)」と顔はとっても笑顔です。学校の方で社会勉強の一つとして、希望者がいたら宿泊しながら、ホテルなどでバイトができるというものがあり、それに長男は申し込みをしました。できるかどうかはまだ分かりませんが。バイト。それも2週間そこで宿泊しながら。よく応募したものだとびっくりです。」

 

 

今朝長男は学校へ行きました。(中略)木村先生からのメッセージがより一層強くどれも突き刺さりました。私はもっと自分を大切にして今日という日を楽しく過ごせるように、まずはありがとうという言葉を家族に伝えることを意識しています。」

 

 

「最近の息子ですが、毎日自分で時間に起きて学校に行くようになりました。疲れて学校から帰って寝てしまっても次の日の朝は起きれるようになりました。(中略)最近は友達を家によく呼びます。小学生の頃からの友達もいますが、新しい友達も来ます。色々な子と遊びたいのだそうです。」

 

「長男(高2)ですが、無事日商簿記2級に合格し、これからの道がまた一段と開けたようです。(中略)ここ1カ月は学校でも家でも元気に過ごしています。(中略)最近彼女が出来、日々の生活に色が付いてきたみたいです。相変わらず休みの日は家にいる事が多いですが、それでも髪型や服装に気を使ったり、なんだか楽しそうな顔が見られます。」

 

入学してから1日も休まず毎日登校しました^ - ^本当、よく頑張ってました。頑張りました!疲れ気味でも学校が楽しい!と言い早い電車で通学。長男の友達に、先生に 部活の先輩に 長男を支えてくださったまわりのすべての方に、本当に本当に本当に感情の気持ちでいっぱいです>_<ここまで私を、長男をサポートしてくださった木村さんのおかげです。本当に本当に本当にありがとうございます!」

「多分ひふみ~よに入っていなかったら、自分をいじめ、必要以上のネガテイブに偏っていたか、とんでもない程のポジティブに偏り、現実逃避していたのではないかと思います。でも、自分の癖にズルズル引きずられそうになっても、もあもあよくなるで思考を巡らせてもらい、音声で癒され励まされいつの間にか穏やかなニュートラルな気分に落ち着いてまた偏ろうとする(笑)っという毎日を送っています。(中略)木村先生 私達姉妹のつながりまでも救ってくださりありがとうございます(中略)長男と○○ちゃんとの繋がりが再度できたのは、たくさんのメールを送ってくださったひふみ~よの会員の皆さんの豊富な体験談、素晴らしいマインド変化や傾聴、非言語の実例の数々のおかげです。それとそれに対しての木村先生のコメントや『雑談』っと言う名の強力なヒントのおかげです」

「昨日、ひきこもりの上の子が自分で計画した通り電車に乗り通信大学の講座に出席することが出来ました。朝起きて行動出来たということは、数年ぶりの事です。

「今朝、実家の母からメールがきました。「〇〇(息子の名前)が、元気で言葉がはっきりしていて感激した。」と。周りにも、息子の変化が伝わっていることに、私もうれしさを感じました。母からの愛を、私自身も受け取れた気がします。」

 

「先日、掃除機を使おうと探していたのに見つからず、息子に聞いたところ、息子の部屋から持ってきました。私がいない間に使ったみたいです。今まで全然掃除をしなかったのに、ビックリです。そして、夜はいつも部屋の電気をつけず真っ暗にしていたのに、最近は電気をつけている事が増えました(^^)そんな事が続いていて、最近リビングにいることが多いな~なんて思っていた昨日、息子から「髪切って欲しいんだけど」と言ってきました。(息子・娘の髪は私が切っています)(中略)息子が自分から言ってくれたこと、嬉しかったんです。木村様、本当にありがとうございます。」

「二男が、1ヶ月ぶりくらいに、外に出て、兄と父と一緒に犬の散歩に行きました!そのあと、車からは出なかったものの、買い物にもついてきてくれました!!これまで、全く外に出なかったのに、すごい1歩だと思います!!(中略)いつか、不登校になってくれて、ありがとうと言える日を、楽しみに一日、一日を大切に過ごしていきたいと思います(^^)木村様。本当にありがとうございます!」

「木村様のご配慮、ご苦労をされている事をお話して下さいまして、ありがとうございます。これほど私達の為に、エネルギーを注いで下さる方は、他にはいらっしゃらないでしょう。とても感動致しました。それが、私達に諦めないエネルギーを下さるのだと思いました。木村様のお話、コメントの全てが、ふとした時に湧き上がる不安のようなものをすくい上げるように、和らげて下さいます。会員の皆様のメールに、共感したり、一緒に嬉しくなったり、悲しい気持ちになったり、気づきを頂いたりしています。

 

 

一人暮らしに奮闘しているようです。生活面や勉強面、人間関係など、悩んだり、困ったり、嬉しい事に出合ったりしています。寂しい時もあるのでしょうか、「排水口からの臭いが気になる、昨日作ったご飯を食べられるかな~」など、小さい事で、電話がかかって来ます^ ^(中略)毎日の「もあもあよくなる」、「ひふみ~よ」が、大切です。今までもそうでしたが、かけがえのない存在です。人生の次元上昇の為に、努力を続けたいです。」

「メールを読むときの自分の気持ちは、日々様々なのですが、いつも心を見透かされているような思いになります。過去の音声や、レポートにしても、どれもハッとさせられっぱなしです。

高卒認定試験の願書は提出しました。勉強も進んでいないようでしたので、諦めてしまうのかな~なんて思っていたのですが、これから頑張るようです。」

「不登校とは関係なくても、日々の生活の中で嫌なことも有りますが、この嫌な出来事から私は何を学べるのかな、なんて考えが少しずつ出来る日も有るなぁなんて思っている時に、ちょうど、“不運の重なりを幸運の重なりに一瞬で変える!”のメールがタイムリーに届いたりして驚きました\(◎o◎)/!人生いろいろ有るから面白いのですが、負の気持ちから安定させてくれるのが、毎日の もあもあよくなる かなとも思ってます。本当に毎日有難うございます<m(__)m>

子供が現状でのストレスについてとその対処法を自分から語り始めて私にも聞いて来ました。「母さん俺さぁ今引きこもりで何処にも行かず家にばっかいるじゃん。でも凄くストレスがあってどうにもなんない感情が止まってるって言うか、半分鬱状態だなぁ。。どうしょうもなく自分を責めたり傷つけてみたくなる感情がする時があるんだ。そんなとき母さんは無い?俺は友達の進学だったりバイトの話しだったりを聞いた時とか置いてかれた気持ちがしてさぁ。職場でも良いけどさぁ。そんな気持ちの時母さんはどうしてる?」と聞かれ「そう言えば母さんも貴方ぐらいの時にあったなぁ。。自分は何者でどうしてここに存在するのかとか。でも考えてもどうにもならない時はいっぱい寝て起きたらいっぱい食べると幸せな気持ちになるなぁ。。あとは友達と甘いもの食べたりドライブするよ」と話すと、「そっか~。俺も一番の方法は母さんと同じ解決法だなっ!良く寝るととにかく起きたときスッキリするんだよ!その後ご飯食べるとうまいんだよなぁ。あとはカラオケで発散しているのかも知れないなぁ。歌っているときは考えないんだけどさぁ」等々。。と夕食の時話してくれました。子供の心理状態が以前木村先生という硝子を通して伝わった時とリンクしたように感じました。以前から何度も子供から「俺自分の事なのに不登校の原因が自分でも解らないんだよ」との話しはありましたが、今回の様に現状での心の奥の方の話しは初めてでした。ですが、先に先生の配信を伺っていたので、冷静に子供の話を聞いている自分を見つけました。「この子は今一番苦しい時なんだ。。そしてその苦しさを自分なりに乗り越えようとしてもがいている」そう感じました。そして暫く話を聞いていました。子供は何時ものように「母さん~」と言いバグしてから「じゃあね!バイバイ」と嬉しそうに自分の部屋へ行きました。」

 

 

「娘は、高校受験に向けて自分にあった塾を探したい、とのこと。「勉強したい」「情報が欲しい」ということがわかりました。今後、塾の資料集めと見学を予定しています。」

「息子は春から専門学校に通いだしました。入学当時は1年遅れて入学したことや通信制高校を卒業していることを、いろいろ気にしていましたが、その気持ちをすべて受けとめ、話をゆっくりと聞き、余計なことは何も言わないでいたら、息子は自分の納得できる形で自然に仲間に話ができたようです。「今はね、先輩っていじられてるよ」って笑顔で話してくれました。先日はクラスの仲良しの女の子を家に連れて来ていました。もしかしたら彼女かな~?笑顔の素敵な女の子でした。

 

 

今、とても心が穏やかです。木村さんの「もあもあ」や音声配信がなかったら、私はもっと気持ちの浮き沈みがはげしい状態になっていたと思います。心より感謝でいっぱいです。ひふみ~よの会員のおかあさま方のメール報告も、とても参考になり、ありがたいです。」

 

 

「今日、やっと娘の転校後の初めての授業が始まりました。(中略)自分なりに用意をして、今日私同伴で授業にいくことができました。終わって 「先生どんな方だった?」と私。娘 「うん、優しい先生だったよ。お母さんと同年代かな。」と一安心でした。(中略)思えば、電車に乗って大きな駅にある人の多い今の学校に転校を決めた事は、当初からすると考えられない程の変化でした。これも、木村様やひふみーよ会員の皆様のお陰です。

「今はありがたいことに長男が毎日登校してくれることでお弁当作りがあります。以前は億劫だったお弁当作りも作れることに幸せを感じるようになり楽しめることができるようになりました^ - ^」

「いつもサポートをありがとうございます。先生からのメルマガの内容は、本当に私の気持ちを察しているかのようです。先日のメルマガには、ショックを受けました。何やってたんだろう、私…。と思う内容でした。(中略)バランスって大事だということを改めて感じました。」

「息子ですが、わからない数学、英語を彼なりにお友達に教えてもらいながら頑張っているようです。笑ってる息子。それだけで感謝です。」

「娘は連休後の今日は『学校嫌だな~行きたくない。ずっと休みなら良いのに』と言いながら行きました。(中略)そんな娘が何気に言った話しが気になっていました。『不登校って8月31日が毎日続く状態なんだよ~』何でもツイッターで見たらしいです。娘も本当にそうだと言ってました。ああー凄いそうなんだ。これって凄い的確な表現です。不登校を経験していない私でもこの表現には目からうろこ。毎日のつらい気持ちがよくわかりました。娘から学ぶ事がまだまだ沢山あります。今日の音声配信を聞いていて、ひふみ~よがなければ私どうなっていたのかな?そんな事を強く思った今日でした。(まだ途中までしか聞いていませんが)いつもいつも見放さず遠くで見守っていてくれて感謝でいっぱいです。有難うございます。」

「数日前に我が家に家庭教師の勧誘の電話がありました。私の勝手な想像ですぐに断っていましたが、次男に聞いてみたところ体験をするといい、家庭教師の体験をしました。そして、次男は家庭教師で勉強を今後することになりました。まさかの展開でしたが、本人はずっとこの1年勉強をしていないことに不安を強く感じていたようです。」

「音声で、木村先生の声で私の文を聞くと、いろんな感情がこみあげてきて、無意識のうちに抑制していたものが、発散されたのかなんだか爽やかな気分になっています!!(中略)音声で紹介していただいた事を謙虚に受け止め、ありがたく胸にしまい、また毎日のサポートを穏やかに、和やかに、少しずつやっていきたいと思います。木村先生やひふみーよのみなさんのサポートのおかげで、今夜の職員会議での理不尽な事も楽しんで受け止めてこれました。不登校だけじゃないサポートがここにある!お得なサポートシステムに「一粒で2度以上美味しい」とつくづく思うのでした

毎日届くメルマガや音声配信からたくさんの気づきや元気や励ましをいただきながら日々を幸せに過ごしています。改めまして、木村さん、会員の皆さんとの出会いに感謝いたします。」

 

 

「音声の内容一つ一つが、まさに今の私に響く内容でした。その後から「もあもあ」の内容も響いてきました。木村先生、会員の皆様ありがとうございます。音声配信、本当に強力ですね。すぐに戻ってしまう私のマインドですが、小さな事からコツコツとやっていきます。」


朝まで5時間近く息子の話しを聴く事が出来て…一日眠さはありましたが、その時間が母の日の最高のプレゼントになりました(^^ )息子が話してくれた事を無駄にしないように、木村先生の根幹を意識して、今後に活かしていきたいと思います。」

「木村様 いつもサポートありがとうございます。毎日のメルマガ、月に4回の音声配信はたくさんの気づきを私にもたらしてくれます。そして会員の皆様の存在が私に勇気を下さいます。ありがとうございます。」

「(以下は随分前の近況報告です。4月末か5月初めの頃のもので、ずっと下書きに入れたままになっていました(汗)新しいメールを書こうと思いましたが、それより先にこちらを送信したいと思います。)息子の中学校の入学から2週間、娘の通信高校の入学から1週間が経ちました。2人は毎日朝から登校しています。(中略)この奇跡の様な状況に日々感謝してもいます。「学校に行ってくれたからありがとう。または、学校に行ってくれてありがたい。」ではなくて、「子供達それぞれの考え(意志)で登校する」という事の素晴らしさ、不登校の時からそう思っていましたが、当たり前の様に毎日同じ様な日々を過ごせることのありがたさを実感して、噛み締めて、時に味わっています。そうした「感謝の気持ち」が湧いてくるのも、「学校に行くことが当たり前」と思わずにいることも、子供達が不登校だったからと、子供達の不登校を通じていろいろな方に出会い、木村さん、会員の親御さんに出会えたからだと思っています。子供達が頑張っているので、もう私もサボれません(苦笑)。子供達が新たなスタート切っている今、私もここからまた不登校対応を改めてスタートしたいと思っています。」

 

「今日ももあもあよくなるを配信してくださりありがとうございます。先生のメール配信はびっくりするくらい「今」の私に「はっ!」とする内容が届くのでとてもとてもありがたいです。私は私自身が見えてないっと彷徨っている感覚があるので、木村先生からのヒントやアドバイスで今の私を振り返る指針を頂いてるように感じています。本当にありがとうございます」

「「中学三年間を取り戻すために、高校に入ったけど、一年間棒に振っちゃったなぁ~。始業式、行きたくないけど、クラスの雰囲気も知りたいし行ってくるか。」と渋々登校しました。帰って来ると、「いやぁー。いい感じだったよ。同級生と話するのはやっぱり楽しいな。」との感想でした。」

「相変わらすバイトと週2回程度のランニング、毎日の筋トレに励んでいます。(私達に自慢の腹筋を見せつけます(笑))」

毎日、おこることが全くなくなりました!ねば!べき!がない毎日がこんなにも楽なんだ…と驚いています。それもこれも、不登校…というひとつの現象から派生してきたことだと思うと、本当にありがたく、大切なことを教えてもらった気がしています。これも、子供たちと木村様のお陰です(^^)本当にありがとうございます!」

 

 

「ラインでクラブを辞めたいと言って来た娘に「今日で辞める?」と返信したきり何の音沙汰もなかったのですが、夜の9時過ぎに『今から帰る。クラブは辞めない。逃げちゃダメだ。負けだ』と返信がきました。おやおや逞しくなったものです。

「今朝も次男は、昨夜出来なかった宿題の残りをしていました。(中略)次男は年明けから英語の塾を1.5時間から2時間にすると言っていましたがなかなか実行には移せませんでした。帰宅時間が遅いな?と思ったら「今日から2時間に変更した」と。「以前休んだ振替を今度の日曜日に入れたから」と。長男も、勉強の理解度別に分けられたクラスについて「俺、標準クラスだった。仲いいやつは皆発展クラスなんだよね。次は発展クラスに入りたいんだ。」と話してくれました。それぞれの子供のペースで歩んでいくものなんだなと感じています。」

「息子、自分で起きて、しっかりご飯を食べ、研究室にいっています。今度、実験の発表があるそうなので、その日の前後に、気分転換で外食する予定にしています。」

「今まで学校から帰宅後、友達と遊ぶことが少なかったのですが、友達と遊ぶことが大変多くなりました。友達を誘うことに長女は以前は「断られたらいやだもん」と声をかけるよりも誘われるのを待つタイプでしたが、「今週は遊ぶ予定がたくさんで忙しい」と話してくるほどになりました。」

「今日は次男は学校へ行きました。(中略)昨夜、庭の木を切ったゴミをゴミステーションに捨てに手伝ってほしいと主人が子供皆にお願いしました。手伝ってくれたのは次男のみでした。本当に優しい子だなぁと思います。」

「娘の人生、どのような道に進んでも娘は娘。毎日その日まで登校しているだけでも凄いこと。私は娘を動かすサポートをするのではなく、動いている娘のサポートをする。頑張っていることを評価してあげる。学校で溜まったストレスを娘が話したい時に聴いてあげる。そんなサポートを今は少しずつしています。(中略)娘は学校でサークルを立ち上げ、家の中やお風呂の中で大きな声で歌の練習をしています。大音量で(^ ^)。

「昨日から中間テストが始まっているので、今日はそろそろ帰って来ます。朝は相変わらずテンション低めですが、毎日ちゃんと起きて登校しています(*^^*)

「音声を送っていただいて本当にありがとうございます。今欲しい、必要な情報満載でした!まだ、一度聞いたのみですので、もう少し咀嚼して、味わい楽しみたいです」

「中2の息子ですが、機嫌もよく、家のお手伝いもしてくれています。

「毎日のメルマガ、音声配信ありがとうございます。どれだけ会員の皆さまや木村さんに気付きを頂いているか、助けて頂いているか本当にありがとうございます。感謝しております。

「今日は仕事の充実感を引きずりつつ、夫不在の夜の子供達の対応をワイワイ楽しくやって、そうこうしていると夫帰宅して、二人でしゃべっていました。久々ゆっくり2人で話していて楽しんでいる間、長男はパソコンに夢中。そろそろ私も寝ようかなっとしたら、長男かトイレに出て来てそのまま何も言わずベットへ…え?え?寝たの?寝るの?まだ23:00よ(笑)確かに今朝8:00に起きて来たけど、23:00~が「俺の時間」って感じで眠くても起きていたのに!!先生…信じられない光景です!!こうやって前に進むんですね

「毎日のメール、音声ありがとうございます。過去音声も聞かせて頂いています。過去の音声も大切なお話ばかりで本当に参考になります。毎日送って頂く事で、常にサポートして頂く、気づかせて下さる…本当に有難いです。」

最近では、朝マラソンに参加できるよう、また引越し後の登校班の時間に合わせられるようちょっとずつ、早く行けるように頑張っている娘です。(現在越境通学中です)」

「最新の音声配信さっそく聴かせていただきました。ひふみ~よ会員のみなさまへの木村さんのご配慮、(そこまで考えていらっしゃるんだな)と感動いたしました。今日は、家族で、新しくできた店に食べにいきました。主人が「一緒にここで食べることができて、幸せだなあ」と、うれしそうに、もりもり食べていました。息子も、おいしそうに食べていて、私も楽しく、おいしくいただけました。ぎこちなかった会話も、笑いが絶えないものになり、就職についても無理なく話題にできるようになりました。まだまだ、これからのことなので、息子なりに進む方向を、他と比べず応援していこうと思います。」

子どもの状態は日々改善しており、何よりも私の感情が落ち着いていると感じています。」

「今日は、息子、実験の練習にいきました。自分で起きて、用意して、主人に「いってきます」といって、出かけたそうです。」

「長女は本当に変わってきました。「疲れた、メンドクサイ、宿題がある・・・。」などよくこうした言葉を口にしていましたが今は本当に聞かなくなりました。また、学校が終わった後は、友達と約束なども本当にしなかったのですが、平日、休日と約束をして遊ぶようになりました。とても活動的になりました。

「音声配信を有難うございます。今回の音声配信はとても学びの多い内容でした。最後の方の「不登校の親になれた事が恵まれた事」これが、じ~んと来てウルっと来てしまいました。これってとても幸せな事の始まりなんだな~。子供を持っているだけでも幸せなのに、もっともっと幸せになるんだな~。素晴らしいですよね。そして娘も希望する大学に入る事が出来ました。娘も劣等感は完全に無くなっているのかと言えばどうかは分かりません。入学してからも自分は棚ぼた入学できたと思っています。しかし何か娘に良い所があるから受かったのであって、娘が他の子より劣っている事ばかりではないはずです。娘の小さな自信が本当の自信に変わっていくのは私のサポートにかかっていると思っています。嫌な事があっても愚痴ばかりでも、なんとかここまで頑張れているのは娘の夢や希望があるからだと思っています。学校がある日も無い日も精一杯頑張っている娘は本当にすごいです。そして、運よく主人と巡り合って結婚出来て娘を授かって、これが幸せと言わずしてなにが幸せなんでしょうか?木村様に出会えた事が私に幸せとは何かを気付かせてくれました。本当に感謝しております。」

「近況報告としては、子供たち二人はそれぞれ登校しています。(中略)息子は不登校の時、よくユーチューブでアニメを見ていたそうです。それから、マンガが買いに行けるようになり、そのうちに話しができるようになると、私にマンガを貸してくれるようになりました。私はマンガやアニメ世代ではないので、その行動が理解できなかったのですが、借りたマンガは、心に響く学園ものでした。(まだ全巻制覇していませんが。)今息子が私に勧めてくれるアニメは「不登校の時見たかった。これ見ると、人生が変わるよ。」と言っています。ちなみに、アニメに詳しいある知り合いの男性(40代)にこのお勧めアニメについて尋ねたところ、かなり興奮していました。「あのアニメをお母さんと語り合いたいとは、よっぽど親子関係がいいですね。私は考えられない。」と言って、「涙がとまりませんよ、あのアニメ。」と言っていました。ですから、息子を尊重し、まずはアニメの視聴を頑張ります。きっと息子とたくさん語り合えるはずです。(息子は涙を流してアニメを見ています。)」

 

 

通信制高校の面接に合格しました。そして、今日は仕事で行けない私の変わりに夫が息子とふたりでオリエンテーションに行って来ました。順調に単位取得出来れば来年の9月には卒業できるとの説明を受けて安心したのか、帰って来てからの息子の様子は明るかったです。(中略)最近はひどかった息子の昼夜逆転も大分良くなり、午前中には起きてくるようになりました。そのため夜中から朝方にかけてひとりで食べていた食事もしなくて済むようになり、家族と同じ時間に食べています。」

 

「昨日は登校できまして、今日からの移動教室にも、行くと言って学校にいきました。ここから安心せずに、木村さんの言葉やレポートを、何回と聞いていきたいとおもっています。」

 

「息子はバイトをやってみたい、学校も少しずつでも参加してみようという気持ちになってきたようで、去年の夏からいけなくなっていた学校へ先日行くことが出来ました。

 

 

「最近のメルマガや音声の中での、不登校を再発させる親…のお話は、今の私に当てはまることだなと、頭を打たれたような感じがして、目が覚める思いです。私、思い上がってたんじゃない?と…。(中略)いつも大切なことを思い出させて下さり、戻ってしまう私のマインドのバランスを調整してくださり、ありがとうございます。素直になる心と、謙虚さを保つことはこんなに難しいものかといつも思い知らされます。マインドがいつもブレブレの私ですが、どうかこれからもよろしくお願いいたします。」

「長男がこの春から通信制高校へ入学。毎日1日も休まず登校しています。(中略)大丈夫。自分でも驚くくらい動ける。びっくりだ!と、言いながら。」

「娘は娘なりに日々頑張っています。分厚い教科書の入ったカバンは何キロあるんだろう?それを背負って通学するだけで以前よりは体力が付いてきました。若い事もあって少しくらい寝なくても大丈夫らしいです。」

「大学には入って2ヶ月、何とかやって来れました。いつも報告させて頂いておりますが、娘は精一杯頑張ってます。(中略)世の中の人が木村様の不登校対応の根幹を知っていれば、揉めごと何てないんじゃ無いかと思います。本当に素晴らしい教えですよね。明日は大学の創立記念日でお休みてますが、クラブでユニバーサルスタジオに行く予定です。土曜日の祭りの準備もあり、まだ帰宅していません。(中略)帰って来たらいっぱい話しを聞いてあげたいです。きっと話しても話し足りない位喋るでしょうね(*^-^*)」

「最近の息子ですが、本日より宿泊行事に出発しました(中略)まだまだ沢山私の改善するところがあります。ひとつひとつ対応するたびに気づいていくのだと思います。気づかせていただいている木村さま、メール報告してくださってるお母様方のおかげなのです。感謝しております。」

「不登校を乗り越えようとしている息子は、短期大学に通っています。出席が厳しく、5回欠席で単位を落とすそうです。ですから、休みをカウントして、計画的(?)に休みながら、通っています。先週末は、高校時代の友人と出かけました。高校生の時はできなかったことができるようになり、喜んで遊びに行きました。」

「娘は学校行事をとても楽しみにし、差し入れが欲しいというので届け、ついでに娘の楽しそうな姿を少し見てきました。また違うイベントをやりたいらしく、早速計画を立て先生に提案するようです。(中略)今日はお疲れ休みをしたいなぁと言っていて、どうするかなぁと思ったら、頑張って出発しました。新しいイベント内容をパソコンで打ち、持って行きました。(中略)出来るだけ、毎日を大切に、何か気づきがないか過ごせたらいいなぁと思いながら毎日届く木村様のメールを楽しみにしております。」

「最近の娘は、朝から三時間目ぐらいまでの登校を続けていて、教室で授業を受けたり、支援室で勉強したりしているそうです。娘の気持ちを尊重しサポートしてくださる、学校の先生方には、ありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。娘も笑顔で学校の話をしてくれるようになりました。」

「本日次男はテストを受けるために2週間ぶりに学校へ登校しました。自分からやりたいといった家庭教師も昨日で3回目となりました。先生が来る前に「部屋を片付けないといけない」と自分で片づけています。毎日家庭教師の先生が自宅でする宿題を提示されていますが、先生が来られる前までに帳尻を合わせているようです。今日は午後から英語の塾のテスト対策を受けることになっています。自分で決めたことは、向き合う力があるのですね。自分で決めた意思は強いものを感じました。」

 

「もあもあよくなるの「不登校の子供の心理、直接対面のリスク」を読んでいて、娘に会わせた事があったな~と思いだしました。何の成果も得られず、だたお金が消えただけでした。そのお金で美味しいものでも食べた方が、娘にも家族にも良かったのにと思う程でした。結局、どうにかしようと焦ってしまったので、会わせたんだと思います。でも「急がば回れ」で焦っても仕方なく、遠回りの様でも木村様の学びを実践した方が確実でした。今は本当にひふみ~よを継続していて良かったな~と思っています。木村様、有難うございます(^^)

学校の出来事をすごく話してくれるし(職場にいる同い年の子を持つ人からびっくりされます)嬉しく思います^ - ^今日は日曜日ですが、午後から友達と会うようで仙台までお出かけなんだそうです^ - ^」

We appreciate your voice

VOICE

© 2008 by SIA PROJECT 

Call us:

050-3578-1050

Address: 

東京都千代田区岩本町三丁目11番8号