We appreciate your voice

「娘は最近、お友達と出かけたり、自分の部屋に来てもらい、ハロウィンメイクをしたりして遊んでいます。友達と遊ぶなんて、すごい変化です。有難いです。」

 

「自分で登校を決めた時の朝、息子は黙々と部屋の雑巾がけを始めます。(中略)昨日から、家族で一番早く起きて短期大学に行っています。もうすぐ学園祭なので、準備をするそうです。3年ぶりに参加なので、友人や私達家族にも来るように誘ってくれます。」

 

「今、木村様の新しい世界を知る機会に恵まれ、マインド変化を試みることで、小さな世界から少しずつ脱出していると感じています。このようなチャンスを得られたこと、とても幸せでラッキーだと感じています。これから、どうぞよろしくお願いします。(中略)週明けの今日。朝なかなか起きて来ず、今日はお休みするんだろうな~と、ある意味のんびり構えていたのですが。(今までの私でしたら、そわそわ、イライラとしていたので、進歩したなぁと思います)朝ごはんを一緒に、と思い8時前に声をかけると「今何時?え?もうこんな時間!」と飛び起き、朝ごはんもそこそこに持ち物を準備し、着替え始めたのです。とうてい歩きでは間に合う時間ではなかったので車で送っていくことを提案し、なんとか始業時間に間に合うように登校していきました。これまでのパターンだと、今日のような日はまず間違いなく休んでいたので…本当に驚きました。」

 

「長男がこの春から生き生きと高校に通うようになるまでの期間。ずーっと私と長男を支えてくださった木村さん。たくさんの気づきを与えてくださった会員の皆さん。その存在がなければ今の私も、今の長男もなかったことでしょう。」

 

「100回分の音声一つ一つとてもいいお話でどうして私よりずいぶんお若いのに こんなにいいお話を解りやすく説明ができるのだろうととてもとても感心してしまいます。あっまだ63回目迄ですが・・・。(中略)今まで私は仲が良いけど経済的にも家庭的にもそして子供の出来にも私より恵まれている友人の事が少し気に入りませんでした。自慢される事もありました。この音声を聞くようになってから 少し変わりました。その友人は鼻につく事も確かに有りましたが 細かな神経を持ち合わせて主人を亡くした私の事や不登校の息子の事も心配してくれました。その気持ちに今は素直に感謝し妬みの心を取り去ろうと思います。そしてその友人が喜ぶ事をしてあげようと思うようになりました。この音声に出会わなければ今の気持ちは芽生えなかったと思います。本当にありがとうございました。」

 

「いつもあたたかいサポートをありがとうございます。どんな毎日でも欠かさずメールと音声を贈って下さること、本当に感謝しています。(中略)147回音声を聴きました。それから今日まで繰り返し聴かせていただいています。毎回思うのですが、今回も深く深く私に突き刺さる、最高の音声でした。(中略)自分の理解不足にショックを受けたことは今までにも何度もありました…その度に打ちのめされたり、ガツンと目を覚まさせられたりしてきた私ですが、今回は雷に打たれたうえに、ハンマーで頭を殴られたような、そんな衝撃です(=o=;)私、なんにもわかってなかった!なんにも始まってなかった…!!とはっきりと明確に、認識しました。」

 

「毎日のサポートありがとうございます。自分が体調を崩し、本当に毎日続けることがどれだけ難しいか身に染みていると同時に木村先生の素晴らしさも身に染みております。」

 

「遅刻は嫌、保健室登校は嫌、行くなら朝からきちんと行きたい、と頑なに言っていた娘。一昨日から、保健室に行ってみようかな~と言いだし、驚きました。8時過ぎに起きてきていたのに今日は6時半に起きました。」

 

「今は、週1回、家庭教師の先生と会って、何やら楽しそうに話が出来ていること、以前より朝まで起きていることが少なく、なるべくマトモな時間に寝ようかなという意識が本人にあることなど、半年前よりはずっとよい感じです。」

 

「毎日メールを送ってくださり 内容たっぷりの音声を送ってくださり 私の心の安定に欠かせないものとなっています。ありがとうございます^ - ^会員のみなさまからも1人ではないという安心感を頂き 力を頂き、気づきを頂き 本当にありがとうございます^ - ^」

 

「過去音声・レポートのプレゼントをありがとうございました(*^^*)早速、第40回音声配信を聴かせていただきました。過去のものなのに、今現在の私にピッタリの内容で驚きました。こちらも何度も聴かせていただきます。このように、ひとりひとりに合った内容の音声・レポートを選んでプレゼントして下さるなんて…本当にありがとうございます。」

 

「凄い事になっています。三男が、急に動き始めました。(中略)最近まであれこれと、言っていましたし、前日も電話で、やりたい事が出来る場所がないと、言っていましたが、急に動き出し、面接も受けて、仮採用を取り付けて来ました。驚きです!!(中略)木村様の言われていた事が、次々に起こっています。小さな一歩が少しずつ積み重なって、大きな一歩を踏み出しました。(中略)毎日の「もあもあよくなる」、「ひふみ~よ」が、いつも新しい気づきや閃きを与えて下さいます。良い事も悪い事も共感したり、救われたり、とても大切な存在です。木村様、会員の皆様、いつも本当にありがとうございますm(_ _)m」

 

「毎日のメルマガや音声配信を聞くとひふみ~よ会員の皆さんがメール報告をしていて、どんどん不登校改善へ進んでいるのだなぁと思っています。」

 

「息子はとても穏やかに、楽しそうに生活しています。今日は、たくさんお手伝いをしてくれましたし、部屋のいらないマンガを捨てたいと言って、整理していました。こんなに心優しい息子なのです。ありがとう!」

 

「木村さん、たくさんの会員のみなさまのサポート、全力でされて、すごいパワーですね!お身体大切に、導いていただけますようお願いいたします。^_^」

 

「次男のおかげで、木村様に出逢えたことは、私にとって本当に良かったことで、これからの自分の人生が全く違ったものになると、今は思えます。」

 

「いつもありがとうございます。音声メッセージ、もあもあよくなる ありがとうございます。次男が月曜日から午後登校を始めました。(中略)学校から帰宅すると公園に遊びに行きます。今日は転校して初めて友達が家に遊びに来てくれました。家でカルタをして遊んでいました。」

 

「今週、たまたまひふみーよのホームぺージを拝見しました。夢中で拝見しましたが、丁寧に説明頂いていて、疑問に思う点がなくて、「できてない方も今はそれで大丈夫」という旨の一言で、こんなにも安心感があるのだなと思いました。自分の中にわくわくする気持ち、もっとしりたい、読みたい、やってみたいという気持ちが久しぶりに戻ってきたので、翌日に申し込みさせて頂きました。1年以上泳いで、岸にたどり着いた気持ちがしました。これからは流されずに地上を歩いていけるという感じです。」

 

「小五の次男ですが、先週は一週間午後から登校できました。週末は友達も家に遊びに来てくれて、楽しそうに過ごしていました。今週は月曜日も午後から登校し、放課後遅くまで図工を頑張っていたようです。」

 

「昨日から衣替え。長男、ブレザーにネクタイをしめて今朝も学校へ向かいました^ - ^」

 

「早速、ひふみーよ音声を聞きました。まだ全てではありませんが、今までもやもやしてはっきり理解できなかったことが、わかってきたように思います。(中略)息子は遅刻しながらも毎日登校してます。」

 

「息子ですが、今年の4月より学校に行き始めました。(中略)工夫したお弁当作りを毎日変化のある美味しそうなお弁当を作りました。すると量も沢山食べるようになり、今ではペロリと食べたお弁当箱を渡してくれるようになりました。とても嬉しいです。今では大きな2段弁当を持っていきます。半年前の事を思い出して、こんなに食べてくれる事に感謝しています。」

 

「丁度3年前の10月に音声配信が始まったんですね。3年休む事なく配信を続ける木村様の凄さに改めて感心しております。(中略)147回音声配信の中で人生初の追っかけを経験したと仰っていたお母様。不登校だからこそできる事と仰っていました。これを聞いていて今、娘は学校に行っているので、娘と何かを楽しむ時間が殆どありません。学校に行っていない時間は今思えばとても貴重な時間だったなと思いました。なんだかそれが少し寂しく思えたりする時があります。不思議ですね。学校に行っていない時はお弁当も作らなくて良いし、時間に縛られる事が今よりも少なくていくらでも色んな事が出来る時間だったと思います。このお母様も目いっぱい時間を有効に使って楽しんでほしいと思います。今は今で良い事沢山ありますよ。(中略)本日は雨ではありますが、大学の学祭で朝から出かけています。昨日も準備で23時の帰宅でした。(中略)今、娘がこうして頑張れているのは勿論本人が強くなった事もありますが、学校で巡り合った友達に随分助けてもらってるからです。友達は面倒な事もありますが、やはり良いものですね。後、彼氏が欲しいと熱望していますが、それはいつの事やら。楽しみに待ちたいと思います。きっと主人と似た感じの彼氏じゃないかな?と思っています(^^)」

 

「期末テスト後半、次男はすべて学校にいき別室でテストを、うけました。」

 

「娘は土曜日に、無事スクーリングの試験を受けることができました。2科目ですが、やっと高校の単位を取ることができました。」

 

「最近の息子はアルバイトを始めました。また新たにやりたいことが見つかり、そのための資金を貯めたいからだそうです。夏休みが終わった頃から、学校帰りにアルバイトができそうなお店を探して、只今、研修中です。(中略)今、息子がやりたいなって思っていること、そして、もうやり始めていることは、以前だったら想像すらしていなかったことばかり!!です。」

 

「10月に入り、娘も昨日から学校が始まりました。久しぶりの授業で頭がパンクして居眠りしたそうです(^^)」

 

「新学期早々、胃腸風邪で体調を崩しながらも、修学旅行の説明、グループ相談だけ、登校していた娘が修学旅行、楽しかったと言って帰って来ました。(中略)火曜日から宣言通り登校で、今日、月曜日で一週間早退せずに頑張りました。(中略)今日、144回の音声を聞いて、又、改めて、偶然の産物である登校になっていないか、表面の対応改善による登校になっていないか考え、今後、私に出来るサポートを改めて考えました。(中略)これからも、よろしくお願いします。」

 

「次女は、今月上旬、第一目標である学校の試験を受けました。結果は、見事合格でした。苦手な面接の時予想もしない質問が出てドキドキして上手く話せなかったと本人は心配していましたが…今第一目標を通過し、もっと体力をつけないと…と言い運動がとても苦手な子でしたがストレッチを進んでやるようになりました。私も気を抜かないようにサポートしていこうと思います。」

 

「木村さん、昨日、息子の体育祭でした。頑張って楽しんでいる様子を観れて、幸せです。当たり前ではないこの幸福に感謝です。ありがとうございます」

 

「今日は登校しました。まだ登校する心の準備ができるまで時間がかかるのですが、今日は行くと自ら決めて行きました。」

 

「長男は、今日は学校へ登校しました。(中略)友達は大好き。人と接するのが本来は好きなんです。」

 

「16日今日は、朝から学校に行っています。これからまだまだいろいろあると思います。むすこの元気と笑顔を第一にやっていこうと思います。」

 

「次女は、今月も入学前セミナーに登校、年明け早々先月モデルのイベントで知り合った友達と会う予定、学校体験 イベントのお手伝いスタッフも引き受け来月も充実しています。長女も単位の為の出席日数は、全て登校出来あとは、来月のプレゼンを残すのみ、忘年会にも参加出来ビックリです。」

 

「今週は月曜日から登校してます。(中略)登校はしていますが無理していないか、私が自己満足で行動していないか、救おうとしていないか、気をつけていきます。」

 

「2日連続で制服を着て登校できたことをうれしいなと、頑張ったねと、喜びあいました。そして木曜の朝、もう一度中学校へ行けました。前に興味があるようです、と話していたパソコンの操作を、技術の先生のご好意で1時間半ほど教えていただいたのです。」

 

「娘は学校も26日で終わり。それを励みに毎日を頑張っています。そして『今、私のモテ期かも?』と言ってます。何だか色々とあるようで羨ましい限りです(^^)」

 

「期末テストも別室ではありますが、全教科受けました。テスト期間中は給食も食べて帰りました。」

 

「短大に入り、今では「あの時不登校になって良かった。今までの学校で、今の学校が一番楽しいし、勉強してためになる。」と言います。ですから、「黒」だと思っていた不登校は、今はかけがえのない経験となっています。これからは、もっと視点を広げて、物事を長期的に、多面的によく見ていかなくてはいけないと思います。そのためには、木村先生の継続的なご支援が必要です。これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。」

 

「先ほど、娘がとある全国大会に出場するため東京へ出発しました。おそらく今年一番の我が家の大事件です(笑)」

 

「今日は遅刻して登校した息子、ブランクへの不安がある中、よく頑張ってきたと思います。息子が大好きなドーナツを作って帰りを待ちました。」

 

「先程娘が教室から出てきて、後1時間で終わる予定と言ってきました。8教科もあるのに、3時間で終われるかもと聞き、驚いてます。」

 

「夏休みになり、少しずつ元気を取り戻し、夏休みの宿題を自分からやり始め、すべてを学校に提出しました。その中からの標語の宿題が、市の地区から優秀賞の表彰状を受けるという奇跡が起きました。本人も家族も担任の先生も皆びっくりし ました。とても嬉しかったです。そして、7月、10月に学校でのPTAの行事に参加が出来ました。次にスクールカウンセラーの所に10月、11月、12月と1回ずつ放課後登校しています。来週も行くようです。娘が動き始めたら木村先生に連絡しようと思っていたので、今年中に報告が出来てとても嬉しいです。」

 

「先週末はお友達の家で勉強会を兼ねたお泊り会、大好きな歌い手さんのライブ、と楽しい事続きの娘でした。お泊り会とライブの日は遅刻をしながらも保健室登校をしました。とても楽しかったようです。」

 

「娘が二階から大声で、「行こー」と叫びました。手ぶらで行こうとしたので、鞄は私が持ちました。何を持っていくのと聞くと、何も要らんと言いました。理科がはいったままだったので、そのままにしました。12時15分に迎えに来てと言って車に乗り込み、たった今送って来たところです。」

 

「息子の近況ですが、一昨日より福祉施設でボランティア活動を行っています。将来の職業の選択肢を増やすためにいい機会になるだろうと、学校の先生から勧められて、学校の休みを使って通っています。私も主人もボランティアに大賛成です。昨日と一昨日は、自分が経験したことを生き生きと話してくれました。とても素敵なことだと思いました。今朝も元気に行きました。」

 

「期末テストの2日目が終わりました。長女は朝10時に学校に着くように送って欲しいと前夜に話していたのですが、学校に着いたのは10時35分。前日より随分早く行く事ができました。」

 

「第8回と9回の途中までしか聞けていませんが、過去のものとは思えない「今」の内容だと思いました。更に先生のお話と親御さんからのメールが、今の私にピッタリのものでした。(中略)実は、先日息子はお陰で郊外学習に参加することができました。半年ぶりに行くのは、とても勇気がいることだったでしょうし、本人は非常に頑張ったのだと思います。すごいことです。」

 

「先程送り届けて校門で見送った次女の顔は、とても力強くたくましく感じました。」

 

「嬉しい報告です。最近の長男。相変わらず軽音部活動を楽しくしています。一生懸命働いたバイト代でエレキギターを買ってからまたまた楽しさ倍増な様子^ - ^(中略)あまりに家にいる時間が少なくて、しなければいけない課題を夜にやってるようです。勉強も一生懸命しています。」

 

「息子は筋トレの道具をネットで購入し筋トレに励んでいます。昼夜逆転も今はなく早寝早起きです。話しも良くします。」

 

「家で冬休みの宿題をしていました。漢字一気に16ページも。」

 

「三男の動きが、ぐんと活発になっています。急に勉強を始めました。(中略)会員の皆様と一緒に頑張れている事を実感し、パワーが湧いて来ます。皆様ありがとうございます^ ^この空間「もあもあよくなる」、「ひふみ~よ」空間を作って下さる木村様に今日も感謝しております」

 

「球体のお話。すっごく分かりやすくてイメージしやすく私向きでした。まさしく目から鱗です。」

 

「たくさん長男と喋りました。長男が会話の中で勉強の話になり不登校になって初めて教科書を手に取りました。(中略)私はこの一年、木村先生とひふみ~よと共に毎日を過ごさせてもらえて、どんなに幸せな毎日になれたか。今日も夫が「お母さん充実しとるね」と言ってくれるほどで、長男が暴力をせず夕飯を一緒に笑いながら食べる。長男が一昨日から靴を揃えておくようになっている変化に長男の力を感じて居ます。」

 

「息子は、一晩考えて「通学の不安、ちゃんと通い続けられるか電車に負けないか、その不安がずっと消えないけれど、それでも行ってみたいと思えた高校だから行きたい」と主人と私に話してくれました。」

 

「次男は来年の大会に向けて毎日ランニングを継続しています。」

 

「最近、娘の机の上が片づいている期間が長くなってきました。工作をして、物でいっぱいになるのですが、終わると片付けているようです。机が片づいているので、そこで作業をしている姿を見るようになりました。工作をしていると「無心」になれていいのだそうです。小3の子から、「無心」になれるって言葉が出てくるとは…(゚Д゚)何も変わっていないようで、ちゃんと心も体も成長しているのですね。とても嬉しいです(○´∀`○)」

 

「息子、表情がやわらかく、笑いかけたり、話したりするようになりました。」

 

「もあもあよくなる「子供の未来に明るい光が射してくる」では、不登校の子の気持ちを解りやすい例で教えていただきありがとうございます。」

 

「今日のもあもあよくなるを読み、親御さんからのメール報告を読んでいるうちに、何故か感動してしまってます。(中略)こんなにすごい人たちとひふみ~よで繋がらせてもらえて本当にありがとうございます。」

 

「最近の娘ですが、以前から話をしていたフリースクールの体験に行ってきました。そこは、ある通信制の高校が運営しているフリースクールで中学生は週に2回 2時間通えるクラスのあるフリースクールです。(中略)全体的に人数の少ないスクールでもあり、幸い体験の日は皆さんお休みで娘1人だけだったので先生を独り占めして、二時間みっちり手の描き方を教えてもらったようです。行く前も、授業中もかなり緊張していましたが終了後、「どうだった?」と聞くと「楽しかった~」との事。継続して通ってみるそうです。火曜日はデジタルアートのクラスがあり、そちらは出席者が多いので(多いと言っても5~6名だそうですが・・・)「どうする?火曜日も体験してみる?」と聞いた所、「行ってみる」との事なので、早速体験して来ました。楽しくて2時間なんてあっと言う間のようでした。こちらも通うそうです。一昨日は1人でフリースクールに行く事ができました。」

 

「「共感力向上(2)」木村様の味わった絶望感についての内容…息がつまってしまうような感覚で読ませて頂きました。「消えてしまいたい」そう感じた事があっても、今まで存在して下さって、本当に本当にありがとうございます。」

 

「昨夜は第153回の音声配信を届けてくださり、ありがとうございました(^ ^)(中略)いつもながら、最高の音声配信、ありがとうございます。」

 

「「私は学校の先生にすごく恵まれている。担任の先生も支援の先生も良くしてくださる、そうしてくれるのは校長先生のおかげもある。行けなくなり始めたころ、「校長室に遊びに来なさい」と言ってくれた。私たちを見捨てずにいてくれる校長先生は、3月で退職されるそう・・・来年、校長先生が変われば、支援室のやり方も変わるかもしれない。こんな私をみてくれる先生に出会えて、感謝している。」と。娘がこんなふうに思ってくれているなんて、本当にうれしかったです。」

 

「今回とてもとても印象的だったのは、〝もあもあよくなるの記事のどの文章が根幹の何番に該当するか〟、に関しての詳細の解説です。木村先生が、この仕掛けを私たちに教えてくださる日が来るとは思っていなかったので、びっくりしました。こんなに多彩なマインド変化がちりばめられているなんて…もう、目からウロコでした。」

 

「少し前のもあもあよくなる「子供の未来に明るい光が射してくる」ですが、心に響きました。なぜかと言うと、子供が不登校になった時そのものではないか、と思えたからです。ここでご説明されている気持ちは、不登校経験者の木村先生だからおわかりになるのでは?という気がしました。それほど生々しいものに思えました。(中略)最近、私が仕事から帰ると英語のワークを少しした後があったり、本を読んでいたり。・・今までそんなことは全くしていなかったのでちょっと驚きです。」

 

「先日、急に夜ご飯を一緒に作りだし、手が汚れてもまた洗えばいいんだよね。スマホも汚れてもまたきれいにすればよいんだよねと話してくれました。あんなに頻繁に手を洗っていた息子が……嬉しかったです。YouTubeでサッカーの情報を見ていたようで、自分からは4月以来はじめて、サッカーやりたい。ユニフォームどこにしまったかな。と話してきました。自分の部屋から、サッカーに関するものは全て出してしまい、一切ふれることのなかったのに、ちょっとピチピチになった、ユニフォームを着て鏡を見ている息子が素敵です。「夜の自主練習にいってきまーす」の主人と息子の声がこれほど幸せなことなのかと改めて感じました。自分から、好きなことをやる息子は、イキイキとしています。ご飯に、関しても「インスタントにはあきた。母さんの唐揚げが一番美味しい」と話してくれました。涙が出そうになりましたが、「ありがとう。また作るね」と、話せました。」

 

「次女ですが、通信制高校の面接以来、頑張って昼夜逆転を直しているようです。担任の先生が、面接の直前に何度も家に足を運んでくださり、面接で聞かれそうな質問を考えて次女の書いた答えを添削していただきました。先生には本当に感謝しかありません。」

 

「次男は以前よりも友達と遊ぶ機会が増えてきました。この週末も自転車で、車だと自宅から30分ほどのショッピングモールに友達数人と出かけていきました。(*^^*)帰りは道が分からなくなり2時間ほどかけて帰宅してきたようです。テンション高く楽しかったという気持ちが体全体で伝わってきました。」

 

「息子は、毎日イキイキしています。仕事が入る時はまだ少ないですが、音楽と共に過ごしています。(中略)毎日、たくさんの幸せを子供達や周囲の方々から頂いております。」

 

「朝も少しずつ起きるようになりました。お手伝いもしてくれます。よく笑うようになりました。他愛のない話ですが、思ったことを話してくれます。お部屋を片付けました。小さな変化ですが、いま思い付くだけでこんなにあります。」

 

「木村様からの問いかけ、助言、皆様の反応に触れながら、本当に学び進むことが、楽しいと思えました。だから、続けていこうと思えるのですね。」

 

「木村様のお話は、自然に笑顔になれます。自分のだめな部分に気づいても、落ち込み過ぎて、動けなくなるのではなく、気を取り直して、また続ければよいのだし、そんな自分だから、まだ成長のしがいがある…なんて、調子がよいのですが、前向きな気持ちになれます^ ^」

 

「相談がありますって私に主人の方から夫婦でカウンセリング行くか?って言ってくれたので私も話しやすくなり、音声を聞いて欲しいとお願いしました。黙って聞いてた主人が涙ぐんでました。聞き終わり、俺ら酷いこと言うてたなって反省してました。そして、お前そんな顔してたらあかんやん。聞いたんやったら普通にせいやって言われました。最近会話してなかった主人は食事中にペットのハムスターの話から入り食後にゲームを一緒に始めました。楽しい笑い声が聞こえます。」

 

「冬休みに遅れてる数学の勉強を一緒にする約束をしました。(娘から一緒にしてのお願いでした)」

 

「153回音声を繰り返し聴かせていただいています。いつもながら、深く心に染みる最高の音声をありがとうございます(*^^*)音声の中でも木村先生がおっしゃっていましたが、「音声で」学ばせていただけることが今とてもとても有難いです。近頃ドライアイと老眼のせいか、すぐに目がショボショボして、大好きな編み物や読書までも、目を細め眉間にシワを寄せてやっている私ですので…(苦笑)(中略)木村先生、こうして会員のみなさまと繋いて下さり、ひふみ~よという優しい空間を提供して下さること、心から感謝いたします。」

 

「今週の「子供の好転を早める親は、何が違うのか?」や152回音声も「私の事?」と思うくらいピッタリの内容でした。ありがとうございますm(__)m(中略)公園や児童館に行けるようになりました。幼稚園前の公園でブランコに乗りながら、次男が「生まれてきて良かった~」と。公園では年長組さんが発表会に向けて練習している声と先生の声が聞こえました。まだ6歳だけど、ちゃんと自分のペースで進んでいるんだなぁと嬉しく思いました。」

 

「共感力に関して、時々、気づきを得させていただいたなぁ、と思う場面があります。が、今日の記事を読ませていただき、日々のトレーニングが本当に足りていないと感じました。無理はせず、でも、真摯に。会員の皆さまを見習いつつ、日々を過ごしていきたいと思います(^ ^)木村先生から、毎日刺激をいただける事に感謝申し上げます。」

 

「次男は今日は自分の机の周りを片付けていました。ビックリです。自分から片付けるなんて今までになかったので、嬉しかったです。」

 

「1週間のまとめのメールをありがとうございます。1週間のまとめ、1カ月のまとめ・・・。入金ごとにプレゼント配信どれも本当に見方を変えると面倒なものだと思います。でもこうした事をして頂くことで木村先生の思いをすごく感じます。不登校で苦しんでいる子供、そしてその親である私。出会えなかったら今はどうなっているのかと思うことがあります。」

 

「今、娘とお友達がコンサート会場から出てくるのを待っています。街はすっかりクリスマスで、イルミネーションがとても綺麗です。冷たい空気が気持ちをリフレッシュしてくれるようです。駅で待ち合わせにしています。まだ連絡がないので終わってないようです。きっと、大興奮で帰ってきます^_^娘の笑顔、最高ですから。」

 

「第154回の音声の中で「学校に行くことのイメージを変えるには?」の答えをお聴きして、なるほど、なるほど・・・と、とても勉強になりました。」

 

「これから長男の学校行事に行ってきます^ - ^」

 

「155回音声では、メルマガの記事のどこが根幹の何番に該当するかの詳しい解説をしていただきました。ざっくりと何番についてのお話なのかは考えながら読んでいましたが、一文一文が何番に該当するか…とは全く考えていなかった私です…(汗)ポジティブ、ネガティブそれぞれの人へ向けての共感や質問を織り交ぜながら、こんなにも深く考えられていたことを知り、そんなメルマガを毎日読ませていただけるということが、どんなに恵まれていることか…と改めて木村先生を尊敬し、感謝の気持ちで一杯になりました。少しでもこの素晴らしいサポートを活かせるように、これからも毎日工夫して楽しみながら励んで行きたいと思います。本当に、いつもありがとうございますm(_ _)m」

 

「今日は娘の学校の保健委員会の発表会に行きました。娘は保健委員会のため、しっかり発表をしていました。」

 

「雪かきもこれからの日課なのですが、そのときは音声を聴くことにしました。たくさん降ると、1時間近くかかってしまうこともあって、いままではその時間を楽しめていなかったのですが、今日は雪かきが終わってしまうのがもったいないくらいでした。真っ白な中で、音声にも集中できるし、雪解けまで楽しみがひとつ増えたような気分です。」

 

「「今週末釣りに行きたい」なんて言いながら週末の天気・波・風を調べ、いきたい場所を調べ、当日は目覚ましをかけて早朝に起きる。ポケモンGOから釣り、釣りから魚、魚から今は料理に興味が広がっています。(中略)「ひふみ~よ」のこの仕組みがとてもありがたいです。(中略)出来る事は少しずつ増えてきています。木村先生や会員の皆様に色々な刺激を頂きながら、私は私で自分のできることを続けていきたいと思っています。」

 

「日々生活していると元気が無い時、疲れている時、何だか気分が乗らない時等がありますが、もあもあよくなるを読むとほっこりしたり、元気がでたりします。大概、仕事から帰って来て家事を終えてから読むのですが、1日の疲れが吹っ飛んでしまいます。いつもいつも本当に有難うございます。」

 

「木村さん、先日は、第153回の音声を届けてくださり、ありがとうございました!(中略)木村さんからのアドバイスは、本当に有り難かったです!!(中略)今の私に必要なことをお話ししてくださり、ありがとうございます^ - ^改めて、意識して改善していきたいなと思いました!!」

 

「ふと一人になった時、朝目覚めた時やお風呂に入っている時、トイレの時などが多いですが、感謝の気持ちが湧いて来ます。主人、子供達、周囲の方々、いろいろありますが、今の環境を守っている事が出来ているのは、舅姑の存在も大切なのだと、思ったり、今日出会えた方々、友人や仕事関連の方々、直接接点がなくても助けられている方々など、こうして過ごせている事に感謝の気持ちが湧いて来るようになれた事に木村様に心の中で、ご報告し、お礼を申し上げております。」

 

「長男は6:50に自らセットした目覚まし時計で起きて、登校準備をして家を出ました。」

 

「不登校集中サポートから新たにひふみ~よに入会させていただきました。プレゼントのレポートや音声沢山頂戴してどうもありがとうございました。とても嬉しかったです。(中略)先日は92回の3つの話をもう一度聞きなおしました。やはり間隔を空けて聞きなおすとまた違った発見や納得がありました。音声はやはり時間を空けて何度も聞きなおす事によって理解が深まるのを実感できました。(中略)木村さんのおかげで 今 息子は少しずつ元気で親子関係も穏やかです。ランニングも「続ける事に意味があるから」といって毎日ではありませんが最初に走り出してから3ヶ月位頑張ってます。」

 

「もあもあよくなるのメールを読んで顔を上げることができたり 会員の方のメールを見たり音声で聞いたりしたことで、同じような気持ちを感じてる方がいると励まされたり ほんとうにひふみ~よの会員になれてよかった。木村さんに出会えてよかったと思います(泣)ありがとうございます。…ありがとうの最上級があったらと思うくらい「ありがとうございます」では足りないです。」

 

「木村さまの言葉は、いつも私の心に染み渡り、私を温かい気持ちにさせてくれます。そして、明日に繋がる勇気を与えてくださります。(中略)木村さま 本当にいつもサポートをありがとうございます。会員の皆さまからも、いつも色んな想いや学びをいただき本当にありがとうございます。」

 

「音声を聞きだして音声って凄いなって思います。メール配信だけでは、勘違いと言いますか、勝手な解釈してたことに気がつきました。(中略)最近の娘ですが、毎晩のウォーキング続けています。最近はお気に入りのコースも出来ました。お洗濯を畳むだけの家事をお願いしてましたが、洗濯を干すのもやって貰ってます。自分なりにいろいろ工夫して楽しんでやっているようです。」

 

「帰宅してからの長女は、とてもいい顔をしていました。制服を着て、校舎に入って、別室でしたが受験できて、きっと頑張れた自分を感じていたのかな。(中略)先生から、明日までにできたらやってみてねと言われた宿題にも、夜の遅い時間まで取り組んでいました。いつもなら、終わらない宿題にイライラして、不機嫌を私にぶつけてくることが多かったのですが昨日の夜は違いました。そして、勉強も楽しいね。なんか嬉しい。とポツリ私に言いました。」

 

「娘ですが本日は部活動の追い出しコンパ?だったかな。朝から出かけて行きました。OBの先生も沢山来ます。OBの先生を交えてトーナメント試合をしてその後は食事会。(中略)まあいろいろとあるようです。私は休みなのでゆっくりさせてもらいます(^^)」

 

「木村さまのサポートが、近頃とくに、パワーアップしていると感じています。(中略)ひふみーよは、ステキな会です!皆さまのお子さんなら、きっと立派な大人になるのではないかと思います!もちろん私の息子も。ほんと木村さまに出会えたことは幸運です。今年一番のよいことです^ ^」

 

「毎日のメルマガ、音声配信、本当に助けて頂いてます。先月、転校と来年4月からの専門学校を決めた娘ですが、今月に入り残りの単位分の課題とレポート教材が送られて来て学校に行って来ました。5ヶ月あまり、全く勉強をしなかったのですが、20日までに提出ということで黙々と勉強し始めました。全部やって提出もしてきました。すごいですね!親が何も言わなくても自分でできる力があるんだ!と木村先生が言っていることはこういうことなんだなぁと実感しました。」

 

「木村先生のくださる情報は身に染みるような身近なものから、壮大なスケールのものまで幅広く、毎日刺激を受けております。(中略)今いただいている音声が156回。過去の第1回から第3回までも聞かせていただいておりますが、随分前の録音でしょうに、いま聞いても全くぶれることのない、木村先生の強くて温かい姿勢が本当に凄いことだなと尊敬してやみません。」

 

「毎日、メールを配信するなんて、木村さまはすごいと思います(^^)私には、到底できそうもありません(中略)息子の優しさには、感動しています。ご飯のお手伝いもよくしてくれます。今日は餃子を包んでくれました。また、掃除下手な姉の部屋を「俺、片付けようか?」と言って掃除してくれました。」

 

「今年の一番の出来事は、やはり木村さんにお会い出来た事でしょうか。(中略)木村さんのメールサポートを読み、音声を始めて聞いた時の言葉に出来ない感動をこのメールを打ちながら思い出しました。今年の2月の初めの事です。改めて今年一年、本当に木村さんや会員の皆様に支えて頂いて過ごして来れたのだなあと実感し、感謝の気持ちでいっぱいです。」

 

「ボソっと…。「オレは皆勤目指すけどね。」と…。すごいですね…。長男からこんな言葉が出てくるなんて想像もしたことがなかったです。(中略)もともとすごく優しくて気がつく息子でしたが、高校に入学してからパワーアップ、愛に溢れているようにも感じるのです。そんな事を考えているとまた、嬉しくなりこの環境に感謝でいっぱいになります。長男自ら選んだ高校へ行ったことは間違いなかったと思います。(中略)春に入学してから毎日、1日も休まず登校。月曜日が終業式です。」

 

「長男ですが、二学期は2日だけ休んだだけでした。まだ本当にやりたい事が見つからないようですが、素敵な笑顔を見せてくれます。そんな笑顔を見れると、それだけで十分とこちらも心穏やかに笑顔になります(*^^*)」

 

「息子は四月の入学以来、一度も休まずに二学期の終業式を終えました。まだ冬季補習が有るので学校には行きますが、凄いなぁ、偉いなぁ、素晴らしいなぁ…と日々実感しております。」

VOICE 5

© 2008 by SIA PROJECT 

Call us:

050-3578-1050

Address: 

東京都千代田区岩本町三丁目11番8号